CR雀鬼~桜井章一伝説~|潜伏・スペック・ボーダー・演出

パチンコ 雀鬼

パチンコCR雀鬼~桜井章一伝説~の潜伏・スペック・ボーダー・演出についてです。

麻雀界の伝説「桜井章一」をモチーフにした台で、スペックは約1/200の大当たり確率で、

電サポ中の当たりは、50%が16Rの銭形タイプ。

潜伏確変も搭載しておりますが、この記事でご紹介しています。

-----スポンサーリンク-----

スペック

■大当たり確率
1/199.8⇒ 1/94.7

■賞球数
ヘソ:3個
電チュー:2個
アタッカー:14個

■大当たり出玉
16R:約1840個
8R:約920個
4R:約450個

■確変突入率
ST突入率100%【100回転まで】

■ST継続率
65.4%

■大当たり振り分け
【ヘソ】
8R確変(100回): 0.5%
8R確変(60回): 96.5%
潜伏確変(なし・初回のみ): 3%

【電チュー】
16R確変(100回): 50%
4R確変(100回): 50%

ボーダー

交換率表記出玉出玉5%減
4.0円18.219.2
3.5円1920
3.3円2021
3.0円2021
2.5円2223
ボーダー算出条件
  • 上記出玉
  • 6時間遊戯
  • 電サポ中の増減無し

参考⇒セグ判別&設定推測パチマガスロマガ攻略!

潜伏確変について

本機は、潜伏確変を搭載しております。

潜伏以降パターンは下記の2つ

①激闘ゾーン終了後

初当たり後のメインモードとなる激闘ゾーンは電サポが96回転で終了します。

96.5%が電サポ60回となっていますので、初回の当たりはほぼ60回で終了することになりますね。

STは100回転までとなっていますので、残りの40回転が潜伏確変になります。

基本的に、100回転まで回すと覚えておけばOKです。

②通常時のモード移行時

四月一日演出などの、通常時にモード移行演出が発生した時は、小当たりor潜伏確変の当選が濃厚です。

その際は、盤面左下についているラウンドランプのパターンを見て判別しましょう。

モードが本流までいけば、潜伏確変濃厚となります。

潜伏確変の振り分けは3%なので、確率にすると約1/6000で滅多に引くことはありませんけどね^^;

潜伏確変の狙い目

初当たり後は殆どが60回転で電サポが終了しますが、本機は100回転まで確変なので、
初当たり後に100回転以内で落ちていたら打ってもOKです。

ただし、店によっては小当たりでデータカウンターが上がるところもありますので、
気を付けて下さい。

履歴を見れる店ならば、1回前の大当たりが出玉ありならOKです。
逆に出玉が無ければ、小当たりが濃厚となりますので打たない方が良いです。

演出

雷雲モード

雀鬼 雷雲モード

ダイイチ伝統の先読みゾーンとなっていて、突入すれば保留内がアツい!!

鬼の鉄槌

雀鬼 鬼の鉄槌

役モノの鬼が鉄槌を振り下ろせば、期待度が大幅アップ。

リーチ発展時などに発生する可能性があります。

てんとう虫柄

雀鬼 てんとう虫柄

ダイイチの激アツ柄予告。

様々なポイントで出現することがあり、出現で激アツ!!

最終決戦リーチ

雀鬼 最終決戦リーチ

本機の最強リーチ演出。

発展時は、チャンスアップや他の激アツ予告との複合に期待しましょう。

主要リーチの信頼度
リーチパターン信頼度
最終決戦リーチ68%
強敵リーチ後半阿部32%
神山32%
村濱32%
味方系リーチ後半松本vs熊西54%
滝川vs比嘉58%
誠vs博之63%
博麗vs藤田69%

管理人の感想・評価

裏麻雀界で有名な雀鬼「桜井章一」とのタイアップ機!!

麻雀はかじったことがあるってレベルですが、この方のことは聞いたことがありますね。

麻雀好きな方なら一度は打ってみたいのではないでしょうか。

スペックの方は、正直辛すぎて打ちたくないですね^^;

そもそも導入台数が少ないし、ダイイチってことで技術介入性は殆ど無いと思われます…。

ただし、若干ではありますが潜伏確変を狙える台なので、
スペックは覚えておいた方が良いですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ