時間も考慮した立ち回り

 

天井狙いやゾーン狙いの立ち回りは時間も考慮しなければなりません。

例えば、北斗の拳の天井狙いの期待値はこのようになっています。

打ち始め
ゲーム数  収支  勝率
 900G…+ 1681円 41.76%
1000G…+ 3094円 44.49%
1100G…+ 4954円 48.41%
1200G…+ 7556円 53.89%
1300G…+11027円 62.05%
1400G…+15980円 74.06%
1500G+22870円 89.63%

 

900ゲームから期待値が1681円とかなり優秀な台です。

 

しかし、この期待値には残り時間が考慮されていません。

 

ARTを最後まで取りきれた時の期待値です。

実際にホールで打つ場合は閉店時間というタイムリミットがあるので、

残り時間が少なくなればなるほど期待値は下がっていきます。

北斗の天井は継続率89%が確定するので
天井到達からARTが伸びに伸びて取り切れない…ということになると
もったいないですよね?
実際俺も閉店2時間30分前から北斗を打ち始め、天井到達。
天井1セット目で拳王乱舞を引き、大量上乗せ!!

 

…で結果、1セット目でトキストックを残したまま閉店(T_T)

 

天井の恩恵受けてないやん!!
という事がありました。

 

今は花の慶次やバイオハザード等、
一撃の上乗せが大きい機種がたくさんあります。

 

天井を狙う際には大量上乗せが来ても
ある程度は取り切れる時間の余裕がほしいです。
残り時間4時間以上は必要かなと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ