閉店で取り切れないときに起こる損失について

にほんブログ村 パチンコブログへ
どーも(^ω^)

今日はパチンコを打つ上で閉店時間になっても取り切れなかった場合、

どれくらい損するのよ!?

ということについて書きたいと思います。

例としてみんな大好きガロ様で話を進めていきます(笑)

-----スポンサーリンク-----

 

ガロFinalの場合、一度確変に入ると継続率は約77%となります。

これは、確変中の1/109.04で160回転中に当たる確率です。

 

 

この場合の平均連チャン回数は、継続率=1/(1-継続率/100)の式に当てはめて、

1/(1-77/100)=4.347となります。

一度STに入ると平均約4.35回連チャンです。

 

ちなみにこれは10連目だろうが、100連目だろうが、

その時点から期待できる平均連チャンが4.35回ということですね。

 

ガロの出玉は電チューで当たれば全部16Rです(すばらすぃー)

出玉は仮に16Rで1950個と見積もると一度確変に入った時に期待できる出玉は

1950×4.35=8482.5玉

 

これが等価交換だった場合は8482.5×4=33930円になります。

 

つまり、大当たり中に閉店時間になってしまい確変を取りこぼすと

33930円を捨てることになります(゚Д゚;)

 

パチプロでも毎日そうそう3万円越えの期待値を積めるわけではありません。

 

回る台を止め打ちして回転率をあげて…なんて努力を一瞬で捨ててしまうことになります。(;^ω^)

 

だから上手い人はこれを絶対に避けようとします。

まあ、それでも極稀にやってしまうのですが…。

 

そうなるのを防ぐために、必ず閉店時間を考慮して立ち回りましょう。

目安としてガロをはじめとするMAX機種なら1時間30分前、それ以外でも1時間前くらいには最低でも止めたいですね。

もう少し早く止めて、店回りに時間を使っても良いと思います。

 

 

ちなみに、スロットでも同じことが言えます。

 

例えば、番長のゾーン狙いは1台あたり約1000円の期待値があるとされていますが、

これは超番長ボーナスや絶頂を引いたり、デカい上乗せを引いたりして

一撃でたくさん出ときのを含めての期待値なんです。

 

だから、閉店まで時間が無いときに毎回打っていたら、

負けるときの金額は変わらないのに、勝つときの分はすべて閉店で削られる^^;

それでは、トータルで勝てるハズありませんよね?

1台あたりの期待値を自ら下げているのですから当然です。( ゚Д゚)

 

閉店時間はきちんと計算しながら稼働しましょう!って話でした(^ω^)

 
質問があればtokiryo.6@gmail.comまでメールください!

パチンコに関係ないくだらない質問でもお答えします。

 

ブログランキング参加中です!!

宜しければ応援クリックの方をお願いしますm(__)m

にほんブログ村 スロットブログへ

2 Responses to “閉店で取り切れないときに起こる損失について”

  1. のりまる より:

    取りこぼしだけはやりたくないですよねー(;´Д`)

    自分はとっととやめちゃいますε=┏( ・_・)┛

    • トキ より:

      のりまるさんどうも^^

      そうですねー、僕も店回りに時間使っちゃいます。
      ガロの取りこぼしだけは(゚Д゚;)

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ