CR鉄拳2-闘神ver-|スペック・止め打ち・ボーダー

パチンコ 鉄拳2

CR鉄拳2-闘神ver-の情報まとめです。

  • 導入日
  • スペック
  • ボーダー

など詳しく解説していきます。

-----スポンサーリンク-----

目次(タッチで移動します)
  • 導入日
  • スペック
  • ボーダー
  • ゲーム性解説
  • 演出
  • 止め打ち
  • PV・動画
  • 管理人の評価
  • 導入日・機種概要

    メーカービスティ
    タイプミドル
    導入日2016年8月下旬

    スペック

    大当たり確率1/319.7
    確変中1/32
    賞球数ヘソ:5個
    電チュー:1個
    アタッカー:12個
    大当たり出玉【賞球12個×10カウント】
    16R:約1720個
    12R:約1290個
    8R:約860個
    6R:約650個
    確変突入率65%
    電サポ回数10or100回転or次回まで

    大当たり振り分け

    ヘソ入賞時電サポ回数振り分け
    16R確変次回まで12%
    6R確変53%
    6R通常10回35%
    電チュー入賞時電サポ回数振り分け
    16R確変次回まで60%
    12R確変2%
    8R確変3%
    6R通常100回35%

    ボーダー

    交換率 表記出玉 出玉5%減
    4.0円 18.2 19.2
    3.6円 19.1 20.1
    3.3円 19.6 20.7
    3.0円 20.4 21.5
    2.5円 22.2 23.4
    ボーダー算出条件
  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉
  • 電サポ中の増減なし
  • ゲーム性解説

    本機はSTではなく、通常の確変機です。

    確変に突入した場合は次回大当たりまで必ず電サポが継続します。

    右打ち中の16R(約1720個獲得)比率が60%と新基準機の中では爆発力がある機種です。

    半面、通常時の通常当たり(振り分け35%)には時短が10回しか付きません^^;

    右打ち中の通常当たり後の時短は100回あるので一度確変に入ってしまえばという感じはしますがね。

    出玉の波は荒めの機種と言えるでしょう。

    通常時の大当たり

    鉄拳2 通常時の大当たり

    通常時の大当たりは「アゼザル封印ボーナス」と「三島家バトルボーナス」の2種類です。

    7図柄揃い時は、アゼザル封印ボーナスとなり確変突入が確定します。

    7図柄以外での大当たり時はラウンド中のバトルに勝利することができれば確変突入となります。

    敗北時は時短10回転へ。

    時短「コンティニューチャンス」

    鉄拳2 時短

    初当たりの三島家バトルボーナスでラウンド中のバトルに敗北すると突入する時短モードです。

    内部的に確変だった場合も突入することがあり、その場合は告知が発生して確変へ昇格します。

    ちなみに、時短10回転での引き戻し期待度は、約3%と絶望的です。

    引き戻すことが出来たらラッキーくらいに思っておきましょう。

    確変「TAG BATTLE RUSH」

    鉄拳2 確変モード

    次回大当たりまで継続する確変モード。

    敵とのバトルに勝利すれば確変大当たりとなり、モード継続となります。

    敗北時は時短へ突入します。

    スタンバイモード

    鉄拳2 スタンバイモード

    確変中のバトルに敗北すると突入する100回転の電サポ付き時短モード。

    ここでの大当たり引き戻し期待度は約27%と1/4以上はあるので諦めたくないところ。

    電サポ中の大当たり

    電サポ中の大当たりは3種類あり、

  • 鉄拳覇王ボーナス(16R)
  • 鉄拳ボーナス(8Ror12R)
  • 敗北(6R)
  • と、なっています。

    勝利すれば、鉄拳覇王ボーナスor鉄拳ボーナスとなり、確変継続です。

    また、バトル勝利後はコンボアップチャレンジと呼ばれるラウンド決定演出が発生します。

    ここで10連コンボを決められれば16Rの鉄拳覇王ボーナス獲得です。

    演出

    ▼演出信頼度情報は以下のページにまとめています。

    止め打ち

    電サポ中の止め打ち

    電チュー性能
  • 賞球数:1個
  • 開放パターン:3パターン
  • 開放パターン

    鉄拳2 止め打ち

    開放パターン 小デジ
    ●=点灯 ○=消灯
    長⇒短⇒長 ●●○○
    ○●○●
    ○●●●
    中⇒長⇒中 ●○○○
    ○○●○
    ●●●●
    長⇒長 ○●●○
    ●○●●
    ●●●○
    ハズレ ●○○●
    止め打ち手順

    【手順1】
    全開放共通で最後の開放が閉じる直前に3個打つ

    【手順2】
    1回目が開放し、ミドル開放が閉じるタイミングくらいに打ち出し開始

    【手順3】
    1開放目がミドル開放だった場合は3個打った後、2開放目が閉じる直前に2個打つ
    1開放目がロング開放だった場合は4個打つ

    解説

    最近のサンキョー、ビスティの旗手はランプパターンが物凄く多いのですが、例に漏れずこの機種も10種類ほど存在します。

    実際の開放パターンは3種類(おそらく)なのですが、ランプを見てから合わせるのは難易度が高いうえに、1個賞球なので労力に合わないのです。

    そこで、どの開放パターンでもある程度合わせられる手順が上記手順です。

    これよりも良い手順はあるはずなので、止め打ちに自信ニキが居ましたらコメント欄に一言頂けると嬉しいです(^^

    PV・動画

    PV

    試打動画

    管理人の評価

    大人気の格闘ゲーム鉄拳のパチンコ2作目です。

    鉄拳って20年以上も歴史があるんですね!

    スロットと違ってパチンコは前作がイマイチ人気出ませんでした。

    今作は新内規の影響で確変率65%となっていますが、これは昔の王道ミドルスペックという感じで悪くないですね。

    ただし、通常時の35%は時短10回転…(´Д` )

    うーん、潜伏確変を搭載していないところは良いんだけれどもねぇ。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    ブログ内検索

    このページの先頭へ