CR仄暗い水の底から|スペック・ボーダー・止め打ち

仄暗い水の底から パチンコ

CR仄暗い水の底からの情報まとめです。

  • 導入日
  • スペック
  • ボーダー
  • などについて解説しています。

    -----スポンサーリンク-----
    目次(タップで移動します)
  • 導入日・機種概要
  • スペック
  • ボーダー
  • ゲーム性解説
  • 演出
  • 止め打ち
  • PV・動画
  • 管理人の評価
  • 導入日・機種概要

    メーカー 藤商事
    タイプ ミドル・ST
    導入日 2016年8月22日

    スペック

    大当たり確率 1/319.6
    確変中 1/60.9
    賞球数 ヘソ:5個
    電チュー:1個
    アタッカー:12個
    大当たり出玉 【賞球12個×8カウント】
    15R:約1250個
    7R:約590個
    ST突入率 80%
    ST回数 100回転まで
    電サポ回数 100回
    継続率 ST100回:約81%
    時短100回:約27%
    合算:約70%

    大当たり振り分け

    ヘソ入賞時【特図1】 電サポ回数 振り分け
    7R確変 100回 80%
    7R通常 20%
    電チュー入賞時【特図2】 電サポ回数 振り分け
    15R確変 100回 80%
    15R通常 20%

    ボーダー

    交換率 表記出玉 出玉5%減
    4.0円 21.1 23.3
    3.6円 23.2 24.4
    3.3円 23.9 25.1
    3.0円 24.8 26.1
    2.5円 27 28.4
    ボーダー算出条件
  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉
  • 電サポ中の増減なし
  • ゲーム性解説

    本機は大当たり確率約1/320、確変中確率が約1/60のST機です。

    注意点は、ST突入率が80%という点。

    これは右打ち中も同じく80%なので、残り20%を引くと通常確率の時短へ転落してしまいます。

    これだけ聞くとあまり良いところが無いような気がしますが、右打ち中の大当たりは全て15Rと出玉力はあるほうです。

    また、潜伏確変は搭載していないのでいつやめてもOKです。

    大当たり

    通常時

    仄暗い水の底から 通常時大当たり

    通常時は7図柄が揃えば最恐大当たりとなり、確変濃厚です。

    それ以外の大当たりは確変or通常となります。

    ラウンドはどちらも7Rとなっています。

    電サポ中の大当たり

    仄暗い水の底から 電サポ大当たり

    電サポ中の大当たりは7図柄が揃いで超呪縛解放大当たりとなり確変濃厚。

    それ以外だと確変or通常となります。

    電サポ

    大当たり後は必ず100回転の電サポが付きます。

    最恐大当たりと超呪縛解放大当たり後は確変状態濃厚です。

    ただし、STを引いても100回転の電サポを抜ければ通常時に戻ってしまうので注意。

    その場合でも潜伏確変にはなりませんので、即やめしても問題ないです。

    演出

    ▼演出信頼度情報は以下のページにまとめています。

    止め打ち

    電サポ中の止め打ち

    電チュー性能
  • 賞球数:1個
  • 開放パターン:1種類
  • 開放パターン
  • ロング開放1回
  • 止め打ち手順

    電チューが開いたら一瞬間を開けて2個打つを繰り返す。

    解説

    仄暗い水の底から 止め打ち

    図の通りスルーの下に電チューがあるゲージです。

    スルーを通過した玉がほぼそのまま電チューへ向かいます。

    止め打ち手順は簡単ですし、やるのとやらないのでは全く違うので実践してみましょう!!

    大当たり中の止め打ち

    アタッカー性能
  • 賞球数:12個
  • カウント数:8個
  • アタッカーセンサーの特徴:早くはない
  • 仄暗い水の底から オーバー入賞

    こぼしは上と下の2か所ありますが、下のこぼしは画像のように、真下に賞球口があります。

    なので、こぼれるほどに得ということになりますね。

    全体的に見てアタッカーのゲージは優秀だと思います。

    止め打ち手順

    ①1ラウンド中に7個アタッカーに入賞したら打ち出しを停止
    ②8個目を弱めに打ち、9個目を強めに打つ

    仄暗い水の底から オーバー入賞

    天井にはオーバー入賞対策の段差ストッパーがあります。(青い矢印を付けた場所)

    なので、弱めに打って屋根に引っ掛けるのは難しいのですが、少し勢いを弱めるだけでも効果はあります。

    赤で囲ってあるあたりの場所に1発目を狙う感じですかね。

    PV・動画

    PV

    試打動画

    管理人の評価

    「仄暗い水の底から」はリングなどでお馴染みの鈴木光司さんのホラー小説です。

    2002年に映画にもなっています。

    スペック的には新基準に合わせた作りになっています。

    100%STに突入しない点は残念ですが、必ず100回転の電サポが付くので実質的な継続率は70%ほど。

    しかし、藤商事は相変わらずホラーに拘りますなw

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    ブログ内検索

    このページの先頭へ