CR逆転裁判|スペック・ボーダー・動画

パチンコ 逆転裁判

CR逆転裁判のスペック・ボーダー・ゲーム性についてまとめてあります。

本機は、SKR(スーパー小当たりRUSH)と呼ばれる新システムを搭載したST機となっています。

-----スポンサーリンク-----

目次(タップで)移動します

スペック

■大当たり確率
1/249.2 ⇒ 1/65.6

■賞球数
ヘソ:3個
電チュー:3個
右始動口:3個

■大当たり出玉
【右アタッカー・賞球14個×10カウント】
【Vアタッカー・賞球12個×3カウント】
12R:約1410個
4R:約410個
1R:約30個

■確変突入率
ST突入率51%・80回転まで継続

■継続率
ST継続率約70.7%

■大当たり振り分け
【ヘソ】
4R確変:51%
4R通常(時短20回):49%

【電チュー】
12R確変:50%
1R確変:50%

ボーダー

交換率表記出玉出玉5%減
4.0円20.721.8
3.6円2223
3.3円2324
3.0円2425
2.5円2728

ボーダー算出条件

  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉
  • 電サポ中の増減:1回転あたり+17.5個

ゲーム性解説

初当たり

逆転ボーナス

逆転裁判 逆転ボーナス

探偵ボーナス

逆転裁判 探偵ボーナス

通常時の初当たりは、「逆転ボーナス」と「探偵ボーナス」の2種類です。

図柄揃いなら「逆転ボーナス」、特殊図柄停止で「探偵ボーナス」です。

「逆転ボーナス」ならST「逆裁RUSH」に突入、「探偵ボーナス」なら20回転の時短へ突入します。

ST「逆裁RUSH」

逆転裁判 ST

80回転のSTモードで継続率は約70%となっています。

RUSH中は「エピソードST」、「チャージST」の2種類から好きな演出を選択することが出来ます。

SKR(スーパー小当たりRUSH)について

本機はST中に超高確率で小当たりに当選します。

小当たり当選でアタッカーが開放し、出玉を獲得することが出来ます。

逆転裁判 スーパー小当たりRUSH
参照元⇒セグ判別&設定推測パチマガスロマガ攻略!

①電チュー入賞で大当たりor小当たりが発生
②アタッカーが開放し、出玉獲得

上記の繰り返しで出玉を増加させていきます。

演出上、小当たりと1R確変は判別が出来ません。

なので、STが何回転まで続くか分からないドキドキ感を持ちながら楽しむことが出来ます^^

電サポ中の大当たり

逆転裁判 ST

電サポ中は1Rと12Rの振り分けが1:1となっていますが、1R当選時は演出上、小当たりとの違いが分かりません。

12R確変当選時は「スーパー逆転ボーナス」となり、12R分の出玉を獲得することが出来ます。

時短「アシストタイム」

逆転裁判 時短

探偵ボーナス後は時短へ突入します。

本機の時短は左打ちで消化し、時短用の電チューはヘソと同じ振り分けなので、引き戻してもST突入率は51%なのでご注意!!

潜伏確変・やめどきについて

本機は潜伏確変を搭載していないので、右打ち中と時短中以外であればいつやめてもOKです。

先読み演出の覚醒ZONEや超覚醒ZONE突入時は大チャンスとなりますが、外れたら内部的には通常状態なのでやめてOKです。

演出

演出の信頼度についてはこちらの記事でまとめてあるのでご覧ください。

CR逆転裁判 保留変化・予告・演出信頼度まとめ

評価

小当たりで出玉を増加させる新感覚パチンコの第2段です。

初登場したCRエウレカセブン-アネモネver-は素晴らしく酷いデキでした^^;

今作はメーカーも違いますし、アネモネよりかはスペックがマシに見えますがどうでしょうか?

まあ、客が勝ちやすい台ではないのは間違いないと思いますね。

今後このタイプの台は少なからず出て来そうな感じですが、イマイチ評価を得られずに消えて行く流れになると思いますね。

ちなみに誰でも考え付く話なのですが、
この台は通常時に右打ちすると電チューに入賞させることが出来ます。

しかし、当然のように対策されていて、爆音で警告音が鳴り響くようになっています。

右打ち攻略は出来ないのでご注意!!

動画・PV

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ