CRアナザー牙狼|止め打ち手順 ボーダーはここまで落とせる!!

アナザー牙狼 炎の刻印

CRアナザー牙狼~炎の刻印~止め打ちについてです。

止め打ち手順や増減率によってどれくらいボーダーが変化するのかなどを解説しています。

-----スポンサーリンク-----

電サポ中の止め打ち

電チュー性能

  • 賞球数:3個
  • 開放パターン:1種類

アナザー牙狼 スルー 電チュー

開放パターン

ショート開放×4回

止め打ち手順・簡易版

①4開放目が閉じたら打ち出し開始
②3開放目が開いたら打ち出し停止
③上記を繰り返す

止め打ち手順・単発打ち

①4開放目が閉じたら1個打つ(次の1開放目狙い)
②1開放目が開いたら1個打つ(2開放目狙い)
③2開放目が開いたら1個打つ(3開放目狙い)
④3開放目が開いたら1個打つ(4開放目狙い)

止め打ち手順・上級者向け(暫定版)

①4開放目が閉じる前からワンツーで捻って2個打つ(次の1開放目狙い)
②1開放目が開いたら1個打つ(2開放目狙い)
③2開放目が開いたら1個打つ(3開放目狙い)
④3開放目が開いたら1個打つ(4開放目狙い)

解説

電チューの賞球数が3個ということで止め打ち効果が非常に高いです。

調整次第では出玉を大きく増加させることができます。

スルーを抜けた玉は電チューに拾われやすく、抜けなかった玉は拾われづらいです。

無調整レベルでも拾いが基本的に辛いので、少しの削りでも致命傷となります。

回転2個増えレベルは無調整以上でなければ厳しいです。

スルーが頻繁に枯れてしまうような台の場合は簡易手順のインターバル止め+スルー保留が溜まっているときだけ単発打ちするなど工夫して打ちましょう。

大当たり中の止め打ち・オーバー入賞狙い

アタッカー性能

アナザー牙狼 アタッカー

  • 賞球数:14個
  • カウント数:9カウント

オーバー入賞狙い手順

8カウントまでアタッカーに入賞させ、9個目を弱め、10個目を強めに打ってオーバー入賞を狙う。

解説

アタッカーは凄く優秀そうなゲージに見えますが、意外とこぼれます。

しかし、効果は高いのでオススメです。

本機は屋根の形状が丸くなっているので、ここら辺を狙いましょう。

anothergaro_yane

釘解説

スルー

まずは、スルーへの進入方向を理解しましょう。

アナザー牙狼 スルー

左上から右に落ちてきた玉が2本の誘導釘によってスルーへと向かいます。

玉は左から右へと流れてくるのに、スルーは左に付いています。

なので元々スルーのゲージは辛いです。

スルーを抜けた玉は真下の電チューに向かってくれるので、スルー抜けしやすい台ほど止め打ちで玉が増えやすいということになります。

よって、スルー周辺の釘調整は最重要。

赤矢印の方向に向いているとマイナス調整となります。

アナザー牙狼 スルー釘

誘導釘の下を上げられているのも気付き辛いですがマイナス調整です。

ゲージと開放を考えると少しでもマイナス調整だと玉は増やせないと思います。

電チュー

電チューへの進入ルートは3つあります。

アナザー牙狼 電チュー

スルー抜けした玉はそのまま電チューへと向かうのでほぼ拾うはずです。

電チュー周りのゲージもスルー同様に辛いです。

更に羽根が短いので元々の拾いもあまり良くないです。

赤矢印の方向に叩かれているとマイナス調整となります。

アナザー牙狼 電チュー

アタッカー

アタッカーはパッと見ではゲージが優秀です。

右下の一ヶ所しかこぼしが無いですからね。

しかし、見た目に反して案外こぼれてしまいます。

センサーの反応は魔戒ノ花と違って早いので、オーバー入賞はそこまで期待できません。

赤丸の釘が矢印方向に叩かれているとマイナス調整となります。

他にも弄ってくると思われますが、重要なのはここの二ヵ所です。

アナザー牙狼 アタッカー

止め打ち効果別ボーダーライン

出玉別のボーダーラインを計算してみました。

電サポ中に大きく増やせる台であれば、等価交換なら16台まで落とすことも可能!?

逆にスルーが通らなくて減ってしまうような調整の台だと厳しいです…。

※計算条件

  • トータル確率:1R=8.441
  • 電サポ率:0.63
  • 持ち玉比率:70%
アタッカー:1Rあたり117個(出玉やや多め)
交換率\電サポ増減+2個+1個±0-1個
4.0円(25玉)16.517.21818.9
3.57円(28玉)17.117.918.719.6
3.3円(30玉)17.518.319.120
3.0円(33玉)18.118.919.720.7
2.5円(40玉)19.520.321.322.3
アタッカー:1Rあたり113個(出玉標準くらい)
交換率\電サポ増減+2個+1個±0-1個
4.0円(25玉)17.117.818.719.6
3.57円(28玉)17.718.519.320.3
3.3円(30玉)18.118.919.820.8
3.0円(33玉)18.719.520.421.5
2.5円(40玉)20.1212223.1
アタッカー:1Rあたり110個(出玉やや少なめ)
交換率\電サポ増減+2個+1個±0-1個
4.0円(25玉)17.518.319.220.1
3.57円(28玉)18.118.919.920.9
3.3円(30玉)18.519.420.321.3
3.0円(33玉)19.1202122.1
2.5円(40玉)20.621.622.623.8

止め打ち効果の例

止め打ち効果でどれくらい期待値が変動するのかをシミュレートしてみました。

  • 通常2000回転
  • 1Rあたりのアタッカー出玉:113個
  • 持ち玉比率70%

の条件で算出しています。

なお、単位は円です。

電サポ増減+2個/1回転
回転率4.0円3.57円3.3円3.0円2.5円
186,5282,258-115-3,135-8,420
1912,3767,6675,0511,721-4,107
2017,64012,5359,7006,091-225
2122,40116,94013,90610,0443,287
2226,73020,94417,73013,6396,479
2330,68324,60121,22116,9219,394
2434,30627,95224,42219,92912,066
電サポ増減±0個
回転率4.0円3.57円3.3円3.0円2.5円
18-3,632-6,814-8,582-10,832-14,770
192,216-1,405-3,416-5,976-10,457
207,4803,4641,233-1,606-6,575
2112,2417,8695,4392,347-3,063
2216,57011,8739,2635,942129
2320,52315,52912,7559,2243,044
2424,14618,88115,95512,2325,716

例えば3.57円(28玉交換)で見てみると、1000円(250玉)あたり20回転の場合、1回転あたり+2個増える台は+12,535円の期待値なのに対して、±0個の台は+3,464円の期待値となっています。

差額が9,071円もありますね。

止め打ちをするかしないかでこれだけの差が付くのです。

まあ、ゲージが辛いので2個も増やせる台はあまり無いと思いますが^^;

管理人の評価

止め打ち効果が非常に高いのですが、元々のゲージが悪い上に、店も警戒して調整してくるのでそこまで増やせる気はしないですね^^;

ただし、人気が出てくれればそれなりに回る調整にしてくれると思うので今後に期待ですね。

2 Responses to “CRアナザー牙狼|止め打ち手順 ボーダーはここまで落とせる!!”

  1. 匿名 より:

    はじめましてm(__)m

    スルーが辛いところなら1回転あたり0.5〜0.7個ぐらいでしょうか
    今のところ1番良くて1回転/1.4個ぐらい

    もっと取れると思ってましたがなかなかきついですね(^_^;)

    • トキ より:

      >匿名さん

      はじめまして!

      上手い人なら全て捻って合わせるらしいですね。

      それよりもアタッカーの性能がゴミ過ぎてやばいですw

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ