CRくだもの畑|スペック・ボーダー・止め打ち

くだもの畑 パチンコ

CRくだもの畑(2016年)のスペック情報についてです。

  • スペック
  • ボーダー
  • 止め打ち手順
  • などについてお伝えします。

    -----スポンサーリンク-----
    目次(タッチで該当箇所に移動します)
  • 導入日
  • スペック
  • ボーダー
  • ゲーム性解説
  • 演出
  • 止め打ち
  • 管理人から一言
  • 導入日

    導入日2016年12月19日
    メーカーサミー
    タイプ甘デジ

    スペック

    大当たり確率1/99.9
    確変中1/16.2
    賞球数ヘソ:4個
    電チュー:1個
    アタッカー:10個
    大当たり出玉【賞球数10個×7カウント】
    15R:約890個
    6R:約360個
    確変突入率ST突入率100%
    10回転まで継続
    電サポ回数40回
    継続率ST10:47.1%
    ST10+時短30:60.9%

    大当たり振り分け

    ヘソ&電チュー共通
    ラウンド電サポ回数振り分け
    15R確変40回20%
    6R確変80%

    ボーダー

    交換率表記出玉出玉5%減
    4.0円2122.1
    3.6円2223
    3.3円2224
    3.0円2324
    2.5円2425
    ボーダー算出条件
    • 6時間遊戯
    • 上記スペック表出玉
    • 電サポ中の増減なし

    ゲーム性解説

    本機はシンプルなゲーム性の甘デジとなっています。

    大当たり後は必ず40回転の電サポ付きモードへ突入します。

    潜伏確変は搭載していないので電サポ中以外はいつやめてもOKです。

    大当たり

    15Rと6Rの2種類存在します。

    7図柄orスイカ揃いは15R、それ以外の果物揃いは6Rとなります。

    確変&時短

    大当たり後は必ず40回転の電サポモードへ突入します。

    ST10回転と時短30回転が1セットになっていて、合算した継続率は約60.9%です。

    演出

    止め打ち

    電サポ中の止め打ち

    電チュー性能

    くだもの畑 電チュー

    • 賞球数:1個
    • 開放パターン:2種類
    • 1セットのカウント数:5個入賞で強制終了
    開放パターン

    くだもの畑 止め打ち ランプ

    • 左点灯:ロング→ロング→○→ショート→ショート(4回開放)
    • 右点灯:ロング→ショート→○→ロング(3回開放)
    • 消灯:ハズレ

    ※○=インターバル

    止め打ち手順

    ①小デジが動き出したら打ち出し開始
    ②小デジが停止したら打ち出し停止
    ③2開放目が明いたら1個打つ(3開放目狙い)
    ④2回目が閉じると同時に1個打つ(4開放目狙い)

    解説

    1個賞球ですが、おまけ入賞口があるため止め打ちで増える可能性はあります。

    逆に止め打ちをしないと確実に玉が減ってしまうので行いましょう。

    管理人から一言

    SANKYOのフィーバークイーンのようなシンプルなドラム機になっています。

    ドラム機って結構好みが分かれて、若い方にはあまりウケが良くないんですよね。

    どうでも良いですが、最近のサミーの下皿の使いづらさはどうにかならないですかねw

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    ブログ内検索

    このページの先頭へ