CRセンゴク 甘デジ|ボーダー・スペック・止め打ち・激アツ演出

センゴク パチンコ

CRセンゴク 甘デジver の情報まとめです。

  • スペック
  • ボーダー
  • 止め打ち
  • 激アツ演出

などについて詳しく解説しています。

-----スポンサーリンク-----
目次(タップで移動します)

スペック

■大当たり確率
1/89.89 ⇒ 1/31.56

■賞球数
ヘソ:2個
電チュー:2個
アタッカー:10個

■大当たり出玉
【賞球10個×10カウント】
16R:約1280個
14R:約1120個
12R:約960個
10R:約800個
8R:約640個
6R:約480個
4R:約320個
1R:約80個

■確変突入率
初回ST突入率:0.5%
時短引き戻し含む突入率:約43.1%

■継続率
ST継続率約80%

■大当たり振り分け
【ヘソ】
6R確変(ST50回):0.5%
4R通常(時短50回):84.5%
1R通常(時短50回):15%

【電チュー】
16R確変(ST50回):5%
14R確変(ST50回):0.5%
12R確変(ST50回):1.5%
10R確変(ST50回):3%
8R確変(ST50回):7.5%
6R確変(ST50回):7.5%
4R確変(ST50回):74%

ボーダー

交換率表記出玉出玉5%減
4.0円18.119
3.6円1920
3.3円1920
3.0円2021
2.5円2122

ボーダー算出条件

  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉(1R:80個)
  • 電サポ中の増減なし

ゲーム性解説

ライトミドルと同じく、時短突破型のスペックです。

時短突破型というのは、初当たり後の時短で引き戻すことでSTへ突入させるタイプの台の事ですね。

スペック規制の影響でこのタイプの台も増えてきました。

初当たりからの引き戻し込みでのST突入率は約43%と厳しい数値ですが、本機は大当たり確率が約1/90と他の甘デジよりも甘く、それだけチャンスもありますね。

STに突入すれば約80%の継続率となるので、甘デジながら爆発力もあります。

ST「センゴクRUSH」

センゴクRUSH

ヘソ大当たり時の0.5%or電サポ中の大当たりで突入する確変モード。

継続率約80%で最高出玉は約1280個(16R)となっています。

激アツ演出

信長大号令演出

戦国 信長大号令演出

リーチ後に信長が画面奥から前に迫りくる演出。

発生で信長系SPリーチへの発展が濃厚。

金ヶ崎の退き口リーチ

戦国 金ヶ崎の退き口リーチ

「無」役モノが落下すると発展する本機の最強リーチ。

朝倉軍を振り切って京まで逃げ切ることが出来れば大当たり!!

稲妻柄演出

センゴク 稲妻柄演出

エキサイトの激アツ柄である「稲妻柄」が出現で激アツ!!

予告、リーチ中など発生タイミングは複数存在します。

止め打ち手順

電サポ中の止め打ち手順

電チュー開放パターン
  • ショート開放×4回
止め打ち手順
  • 1回目が開いたら1発
  • 2回目が開いたら1発
  • 3回目が開いたら1発
  • 4回目が開いたら1発

大当たり中の打ち方

1ラウンド中、9カウント目まで入賞させて10個目を弱め11個目を強めに打ってオーバー入賞を狙う。

右のゲージは優秀ですが、スルーをマイナス調整にされやすいと思いますね。

スルー調整が悪くて電サポ中に玉が減ってしまうような調整だと、ボーダーも辛くなってしまうので必ず確認しましょう。

ハマリ確率

回転数ハマる確率ハマリ発生頻度
10032.70%約3回に1回
20010.70%約9.3回に1回
3003.50%約28.6回に1回
4001.10%約91回に1回
5000.40%約250回に1回
6000.10%約1,000回に1回
7000.04%約2,500回に1回
8000.01%約10,000回に1回
9000.004%約25,000回に1回
10000.001%約100,000回に1回

普通の甘デジ(約1/99)よりもさらに初当たり確率が甘いので、大ハマリする確率は低いです。

ただし、ST突入率が約43%の上、ヘソからは1R確変(約80玉)の振り分けもあるので注意!!

評価

一見すると遊びやすいスペックに見えますが、ヘソの賞球数が2個でボーダーも辛めなので注意!!

時短突破型の甘デジは、データカウンターに回数が付きやすいためか、客付きが良い傾向はあります。

なので人気台になればチャンスがある可能性はありますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ