CRミリオンゴッドライジング 潜伏確変・スペック・ボーダー・止め打ち・激アツ演出

ミリオンゴッドライジング

人気のミリオンゴッドシリーズがパチンコ化!!

CRミリオンゴッドライジングの潜伏確変・スペック情報・止め打ち・激アツ演出についてまとめてみました。

導入日:7月21日

 

ミリオンゴッドライジングはロングSTのスペックながら、

潜伏確変を搭載しているため、潜伏ハイエナ狙いが非常に有効な機種となりそうです!

※7月23日 狙い目・ボーダーラインを追記

 

▼目次(タップで移動します)

 

-----スポンサーリンク-----

 

 

ミリオンゴッドライジング スペック

■大当たり確率

1/381.02(通常時) ⇒1/124.6(確変中)

 

■賞球数

ヘソ 3個

電チュー 3個

アタッカー 15個

 

■確変ST突入率

100%(200回)

 

■ST継続率

80%

 

■大当たり出玉

ヘソ6R: 約520個

電チュー16R: 約2280個

 

■大当たり振り分け

▼ヘソ通常時

6R確変(電サポ200回): 7%

6R確変(電サポ100回): 10%

6R確変(電サポ50回): 12%

6R確変(電サポ無し): 63%

潜伏確変: 8%

 

▼ST中のヘソ入賞時

6R確変(電サポ200回): 17%

6R確変(電サポ100回): 50%

6R確変(電サポ50回): 12%

6R確変(電サポ無し): 13%

潜伏確変: 8%

 

▼電チュー

16R確変(200回): 92%

突然確変(200回): 8%

 

ボーダーライン

■等価交換ボーダーライン

16.8回(6R:540個 16R:2240個)

⇒データメール参照

 

潜伏確変狙いが有効!

ミリオンゴッドライジングは、大当たり後は100%ST確変が200回付く台です。

大当たりの振り分けを見ていただければわかる通り、ヘソからの殆どがSTの200回を完走せずに潜伏確変に突入してしまいます。

よって、大当たり後200回転以内に落ちている台は「潜伏確変濃厚」です。

ヘソ潜伏中は振り分けも通常時より優遇されているので、かなり狙い目となってきます。

 

※追記

自分の行くホールのカウンターが、小当たりをカウントするのかどうかを必ず確認してください!

 

狙い目

【小当たりをカウントしないホール】

・大当たり後200回転以内の台

 

【小当たりをカウントし、出玉の履歴が出るホール】

・1回前の大当たりの履歴が出玉有りなら、200回転までは潜伏確定なので打つ。

・出玉無しの場合は、打たない方が無難。

 

【小当たりをカウントし、出玉の履歴が出ないホール】

・当日潜伏狙いは効率が悪いので、狙わなくて良し。

やめどき

■大当たり後200回転終了

 

電サポ中の止め打ち

ロングST機のゴッドライジングは、一度右打ちに入れば電サポ滞在時間も長くなってくるので、

止め打ちは必要不可欠です。

電チューの賞球は3個なので、スルーや電サポ周辺の釘調整が悪くなければ単発打ちで玉を増やすことも可能だと思います^^

せめて、簡単な止め打ちをして出玉の節約をしたいところです。

 

【単発打ちver】

1~4開放目が開く直前に1発打ち。

5、6開放目は開いたら1発打ち。

 

【簡易版】

4開放目が開いた瞬間に打ち出し停止。

5開放目が開いた瞬間に打ち出し再開。

 

 

激アツ演出

■ゼウスリーチ

image1 (3)

期待度:約53%

半数以上が大当たりに繋がる激アツのリーチです。

喋るゼウスがとてもシュールw

 

■破壊の鼓動リーチ

image2 (1)

期待度:約69%

スーパーリーチハズレ後に図柄が拡大し、GOD役物落下、液晶ノイズが走るの流れから発展します。

本機最強のリーチ演出。

 

■降臨リーチ

image3

期待度:約45%

ノーマルリーチから発展。

神の雷役物と連動する迫力あるリーチ。

 

 

チャンス目・リーチ目先読み予告

image1 (4)

 

【期待度大】

■左奇数順目

345、567など

 

【期待度中】

■左偶数順目

456、678など

■左奇数・中右奇数ケツテンパイ

355、133など

 

【期待度弱】

■左偶数ケツテンパイ

233、411など

 

 

図柄の並びが重要なゴッドシリーズならではの出目先読み演出です。

図柄エフェクトの色も重要で、白<黄<赤<虹の順番に期待度が上がります。

虹なら大当たり確定!

 

また、下記でまとめたリーチ目出現で超激アツに…!

 

■リーチ目

123(1から順目)

175(イナゴ)

184(イワシ)

223(富士山)

315(最高)

324(ミズホ)

344(サシシ・アステカのリーチ目)

365(一年)

415(良い子)

423(シジミ)

428(四谷)

448(使者)

4V8(渋谷)

514(来いよ)

526(小次郎)

543(暦)

634(武蔵)

664(ろくむし)

753(七五三)

V31(Vサイン)

873(花見)

 

モード演出

■GODRUSH

image1 (5)

電サポ200回のST演出。

即当たりや、GZONEリーチがメインの演出。

リーチ目出現で当たり確定!

 

■チャレンジモード

▼アイスステージ

image1 (6)

 

▼サンダーステージ

image2 (2)

 

▼ファイヤーステージ

image3 (1)

 

初あたりの一部で突入する、電サポの残り期待度を示唆するモード演出。

アイス<サンダー<ファイヤーの順で電サポの継続期待度が上がります。

 

基本的には、初当たり後は200回転までは確変状態なので、途中で電サポが終了しても200回転までは回すようにしましょう!

 

■オリンポスモード

▼中腹

image1 (8)

 

▼頂上

image2 (4)

 

▼神殿

image3 (3)

 

電サポが付かない状態のチャンスゾーン。

潜伏確変or小当たりで突入するモードで、中腹<頂上<神殿の順で期待度が上がります。

 

初当たり後は200回転までは確変状態なので、演出はあまり関係ないと言えるでしょう。

まとめ

前作のゴッドパチンコも確か潜伏ループするタイプでしたが、今作も同様に潜伏ループが発生しやすい台ですね。

初当たりの7割が潜伏に入ります。

基本的には、前回の当たりから200回転以内の台は潜伏確変状態ってことだけ覚えておけばOKです。

 

導入台数も30000台とそれなりに入るみたいなので、大量導入される店舗では狙い目となってきますね。

ただし、知識のない老人に張り付いて潜伏台を取るのはマナーが悪いのでやめましょう^^;

超強力なハイエナ機なので、人気が出ればいいですけどね…。

 

注意点としては約1/399で小当たりが発生します。

ホールによっては、データカウンターで小当たりをカウントするホールもあるので店のカウンター性能を把握しておく必要はありますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ