CRエヴァンゲリオン11-いま、目覚めの時-|スペック・ボーダー・止め打ち

エヴァ11 パチンコ

CRエヴァンゲリオン11-いま、目覚めの時-スペック情報のまとめです。

  • スペック
  • ボーダー
  • 止め打ち手順

などについてお伝えします。

-----スポンサーリンク-----

目次(タッチで該当箇所に移動します)

導入日

導入日2016年12月5日
メーカービスティ
タイプミドル
確変ループ

スペック

大当たり確率1/319.7
確変中1/39.8
賞球数ヘソ:4個
電チュー:1個
アタッカー:15個
大当たり出玉【賞球15個×8カウント】
15R:1700個
5R:約570個
確変突入率65%
電サポ回数次回までor100回
時短引き戻し率26.9%

大当たり振り分け

ヘソ入賞時
ラウンド電サポ回数振り分け
15R確変次回まで34%
5R確変13%
突然確変18%
5R通常100回35%
電チュー入賞時
ラウンド電サポ回数振り分け
15R確変次回まで58%
5R確変7%
5R通常100回35%

ボーダー

交換率表記出玉出玉5%減
4.0円18.219.1
3.6円2021
3.3円2021
3.0円2122
2.5円2324
ボーダー算出条件
  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉
  • 電サポ中の増減なし

ゲーム性解説

本機はループタイプの確変機となっています。

前のエヴァに戻った感じですね。

小難しい潜伏確変は搭載していないので、その点では良心的ですね。

電サポ作動中以外ならいつやめてもOKです。

通常時の大当たり

エヴァ11 BONUS

通常時の大当たりは4種類あります。

基本的には奇数図柄揃いで次回大当たりまで電サポが継続する確変に突入し、偶数図柄揃いで100回転の時短に突入します。

「1・5・5」「5・5・1」のチャンス目から発生するのがビーストBONUSです。

大当たり後は専用のビーストモードへ突入しますが、演出が異なるだけで普通の確変と何ら変わりありません。

ミッションBONUSは確変or通常となっていて、内部的に確変の場合は電サポ100回転を終了しても継続します。

また、カヲル図柄揃い(Ⅺ)なら15R確変濃厚となります。

確変

エヴァ11 確変

次回大当たりまで継続する電サポモードです。

時短

エヴァ11 時短

100回転まで継続する電サポモードです。

100回転での引き戻し確率はおよそ27%とそこそこ引ける数値です。

演出

▼演出信頼度情報は以下のページにまとめています。

止め打ち

電サポ中の止め打ち

電チュー性能

エヴァ11 電チュー

  • 賞球数:1個
  • 開放パターン:3パターン
  • カウント数の上限:なし
開放パターン

エヴァ11 止め打ち ランプ

開放パターンランプ
ロング→ロング(2回開放)●●●○
●○●●
○●●○
○○○●
ロング→ショート→ロング(3回開放)●●○○
○●○●
○●●●
○○●●
ミドル→ロング→ミドル(3回開放)●●●●
○●○○
○○●○
ハズレ●○○●
止め打ち手順

①最後の開放が閉じる直前に3個打つ
②1回目の開放がミドル開放のタイミングで閉まるかチェックする
③A:1回目の開放がロングだった場合、1回目が閉じる直前から打ち出し開始、2回目の開放がショート開放だった場合は3個、ショート開放じゃない場合は2個打つ
③B:1回目の開放がミドルだった場合、2回目が閉じる少し前に2個打つ

解説

電チューまでのこぼしはないですが、羽根の先端からこぼれると思います。

最近のSANKYO、ビスティの意地悪な開放パターンです…。

電チュー賞球が1個しかないのに開放パターンは3種類、そしてランプのパターンが12種類あります(´・ω・`)

ランプの開放を全て覚えるのは非常に困難なので開放に合わせていく方がよいと思います。

効果はありますが、完璧に合わせるのは難しすぎる台です^^;

大当たり中の止め打ち

アタッカー性能
  • 賞球数:15個
  • カウント数:8カウント
手順

8個打って一瞬止めて…を繰り返す

解説

アタッカーはこぼしがなく、非常に優秀なゲージになっています。

ただし、センサーの感知が早すぎてオーバー入賞にはほぼ期待できません。

ラウンド間のみ止めるようにしましょう。

管理人の評価

エヴァは元々ミドルスペックで人気があったわけなので、新基準になって元に戻っただけですねw

ただ、パチンコもスロットもエヴァブランドは本当に落ちましたね。

パチンコなんて気が付いたら新作が出ている気がしますw

ヘソ4個返しの割にはスペックが甘いですが、電サポが鬼畜なので注意です!!

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ