CRF.a-nation|スペック・ボーダー・止め打ち

a-nation パチンコ

CRF.a-nation(エーネーション)の情報まとめです。

  • 導入日
  • スペック
  • ボーダー
  • 登場アーティスト

などについて解説しています。

-----スポンサーリンク-----

目次(タップで移動します)

導入日・機種概要

メーカーSANKYO
タイプミドル・ST
導入日2016年8月1日

スペック

大当たり確率1/319.7
確変中1/32.0
賞球数ヘソ:5個
電チュー:1個
アタッカー:13個
大当たり出玉【賞球13個×10カウント】
15R:約1830個
5R:約610個
4R:約490個
ST突入率100%
ST回数33回転まで
電サポ回数100回
継続率ST+時短継続率:72%
ST33回:約65%
時短67回:約19%

大当たり振り分け

ヘソ入賞時【特図1】電サポ回数振り分け
15R確変100回5%
5R確変95%
電チュー入賞時【特図2】電サポ回数振り分け
15R確変100回70%
4R確変30%

ボーダー

交換率 表記出玉 出玉5%減
4.0円 18.8 19.8
3.6円 19.7 20.7
3.3円 20.2 21.3
3.0円 21 22.1
2.5円 22.9 24.1
ボーダー算出条件
  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉
  • 電サポ中の増減なし
  • ゲーム性解説

    本機は大当たり後100%、ST+時短に突入します。

    潜伏確変は搭載していませんので、電サポ作動中以外は安心してヤメることができます。

    電サポモード「熱狂a-nation」

    ST33回+時短67回で構成されている連チャンモード。

    ST33回の継続率は約65%、電サポ100回転のトータル継続率は約72%となっています。

    電サポ中は70%が15R大当たりとなるので、一撃万発クラスも十分に狙えます。

    「a-nation」とは?

    大手レコード会社の「エイベックスグループ」が開催している国内最大級の音楽イベントです。

    2002年以降、毎年開催されていて、主にエイベックス系列のプロダクションに所属しているアーティストが参加しています。

    止め打ち

    電チュー性能
  • 賞球数:1個
  • 開放パターン:3種類
  • 開放パターン

    a-nation 止め打ち

    パターン 小デジ
    ●=点灯 ○=消灯
    短⇒長⇒短 ○●●●
    ●○●●
    ●●○●
    ○○○○
    長⇒短⇒長 ○○●●
    ●●○○
    ●○●○
    ●○○○
    長⇒長⇒短 ●●●○
    ○○○●
    ●○○●
    ○●○○
    ハズレ ○●●○
    止め打ち手順

    ①1回目が閉じたら打ち出し停止
    ②A.2回目が長の場合は2回目が閉じると同時に打ち出し開始
    ②B.2回目が短の場合は3回目が開くと同時に打ち出し開始

    解説

    電チュー賞球が1個で玉減りは確実なのですが、小デジのパターンが12種類もあるという意地悪な仕様です^^;

    全ランプパターンを覚えるのは至難の業な上に、見返りも少ないです。

    打ち出しのタイミングを体で覚えて合わせていきましょう。

    出演アーティスト一覧

    以下に記載しているのは、本機に参加しているアーティストの一覧です。

    • Every Little Thing
    • m-flo
    • globe
    • 倖田來未
    • 後藤真希
    • ZIGGY
    • 鈴木亜美
    • DOLIDEMO
    • TRF
    • Do As Infinity
    • AAA
    • 浜崎あゆみ
    • hitomi
    • May J.
    • U-KISS

    演出

    ▼演出信頼度情報は以下のページにまとめています。

    PV・動画

    PV

    試打動画

    管理人の評価

    SANKYOのお馴染み、音楽版権パチンコです。
    スペックは割とシンプルな感じで悪くは無いですね。

    毎回こういった機種が出るたびに金掛かってるなーと思っていましたが、「a-nation」は登場アーティストも15組ということでハンパないですね(´Д` )笑

    しかし、アーティストが豪華だから流行るってわけでもないのです。

    「PROJECT TK」なんて、1週間後には通路になっていましたからね…。

    ヘソ賞球が5個で玉持ちが良いことを考えれば、多少は稼働が付くかも知れませんね。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    ブログ内検索

    このページの先頭へ