CRDD北斗の拳|スペック・ボーダー・止め打ち手順

CRDD北斗の拳

CRDD北斗の拳の情報まとめです。

-----スポンサーリンク-----

目次(タップで移動します)

導入日・機種概要

メーカー高尾
タイプミドルST
導入日2016年8月1日

スペック

大当たり確率1/319.6
確変中1/34.8
賞球数ヘソ:3個
電チュー:1個
アタッカー:15個
大当たり出玉【賞球15個×10カウント】
16R:約2400個
7R:約1050個
6R:約900個
4R:約600個
ST突入率ヘソ入賞時:56%
電チュー入賞時:100%
ST回数36回転まで
電サポ回数40or60or80or100回
継続率ST36回:65%
ST36回+時短64回:71%

振り分け

ヘソ電サポ回数振り分け
16R確変100回10%
6R確変46%
6R通常80回2%
6R通常60回14%
6R通常40回28%
電チュー電サポ回数振り分け
16R確変100回60%
7R確変10%
4R確変30%

ボーダー

交換率表記出玉出玉5%減
4.0円2223.1
3.6円23.124.3
3.3円23.724.9
3.0円24.625.9
2.5円26.828.2
ボーダー算出条件
  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉
  • 電サポ中の増減なし

ゲーム性解説

初当たり

通常時の大当たりは3パターンあり、

  • 「HYPER BIG BONUS」……16R確変
  • 「無双BONUS」……16R確変
  • 「百裂チャレンジBONUS」……6R確変or通常

となっています。

メインとなるのは百裂チャレンジボーナスで、ラウンド中の演出に成功すればST突入、失敗で時短へ移行します。

DD北斗の拳 百裂チャレンジ

ST+時短「海王モード」

ST36回転+時短64回転の電サポモードです。

STと時短を合算した継続率は約71.4%となります。

演出はST・時短で共通となっています。

時短中はリーチに発展しづらいが、発展時点でそれなりにアツいという特徴があります。

スーパー発展濃厚となる赤系の演出発生時には期待しましょう。

潜伏確変・やめどき

本機は潜伏確変非搭載となっているので、電サポ中以外はいつやめてもOKです。

演出

▼演出信頼度情報は以下のページにまとめています。

止め打ち

電チューの性能

  • 賞球数: 1個
  • 開放パターン: 1種類・1回開放
  • カウント数の上限: なし

止め打ち手順

  • 電チューが閉じたら2個打つ

解説

開放パターンが1種類しかなく、手順もかなり簡単です。

電チューの賞球が1個となっているので玉増えには期待できませんが、少しでも節約するために実践することをオススメします。

PV・動画

PV

試打動画

管理人の評価

同時期に出る「CR蒼天の拳-天帰-」とスペックが被っていますね^^;

DD北斗の拳は北斗の拳をモチーフにしたギャグ漫画です。

現代を舞台に、もしも核戦争が起こらなかった場合の北斗の拳がテーマとなっています。

ちなみに、タイトルのDDとは「Design Deformation」(デザイン・デフォルメーション)の略ですね。

アニメが割と好きで良く見ていましたが、現代では北斗神拳は役に立たなく、北斗3兄弟がフリーターで金が無かったりと設定が中々面白いですw

メーカーが高尾なのがやや不安ではありますが、打ってみたい台ではありますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ