CR逆転裁判 甘デジ|スペック・ボーダー・激アツ演出

パチンコ 逆転裁判

CR逆転裁判 甘デジverの情報まとめです。

  • スペック
  • ボーダー
  • 激アツ演出

などについて解説しています。

-----スポンサーリンク-----

目次(タップで移動します)

スペック・機種概要

大当たり確率1/99.9
確変中1/53.7
賞球数ヘソ:3個
電チュー:3個
右アタッカー:12個
Vアタッカー:8個
大当たり出玉【賞球10&8個×7カウント】
8R:約864個
4R:約384個
1R:約24個
ST突入率50%
ST回数50回転まで
電サポ回数50回or20回
継続率ST50回:約60.9%
ラウンド振り分け
ヘソ入賞時電サポ回数振り分け
4R確変50回50%
4R通常20回50%
電チュー入賞時電サポ回数振り分け
8R確変50回40%
1R確変50回60%
導入日
メーカー平和
タイプ甘デジ・スーパー小当たりラッシュ
導入日2016年7月4日

ボーダー

交換率ボーダーライン
4.0円23.5
3.6円24.1
3.3円24.5
3.0円25
2.5円26.4
ボーダー算出条件
  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉
  • 電サポ中の増減1回転あたり+7.2個

ゲーム性解説

基本的なゲーム性はミドルと同じです。

少し前に増え始めたスーパー小当たりラッシュ(以下SKR)搭載機となっています。

初当たり

図柄揃い「逆転ボーナス」ST突入
特殊図柄停止「探偵ボーナス」時短突入

初当たりは図柄揃いでST突入、特殊図柄停止は時短へ突入します。

ST「逆裁RUSH」

逆転裁判 ST

50回転まで継続するSTモードで連チャン率は約61%となっています。

ST中はほぼ毎変動小当たりに当選しアタッカーが開放するSKRにより出玉を増加させることが出来ます。

SKRの仕組みについてはミドルスペックのページでまとめているのでご覧ください。
逆転裁判(ミドル)スペックまとめ

時短「アシストタイム」

逆転裁判 時短

探偵ボーナス後に突入します。

時短中は左打ちで消化し、消化中はヘソ入賞時と同じ振り分けになります。

よって、時短中に引き戻してもST突入率は50%となる点に注意しましょう。

潜伏確変・やめどきなど

潜伏確変は搭載していないので、電サポ中以外はいつやめてもOKです。

激アツ演出

保留変化・赤

逆転裁判 保留変化信頼度

保留変化演出は、ピンクでチャンス、赤で激アツとなります。

トラ柄

逆転裁判 トラ柄

平和のお馴染みトラ柄はどこに出現しても激アツとなります。

覚醒ゾーン

逆転裁判 覚醒ゾーン

上位の「超覚醒ゾーン」突入なら更に期待!!

また、擬似2連で発展時は灼熱という法則もあります。

逆裁チャンス

逆裁チャンス

真ん中に裁判長図柄が停止すると発展します。

激アツリーチへの発展を祈りましょう。

ストーリーリーチ

gyakutensaiban story1

「思い出の逆転」と「逆転姉妹」の2種類ありますが、どちらも発展時点で激アツとなります。

最終カットインはトラ柄に期待!!

2 Responses to “CR逆転裁判 甘デジ|スペック・ボーダー・激アツ演出”

  1. MNB より:

    打ってみると出玉に爆発力がありません。トノサマンチャンスの演出は面白いですね。もちろん勝利してくれれば面白さは増します。ストーリーリーチも見応えありました。甘デジで他の機種と比べてしまうとつまらないですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ