北斗の拳強敵 矛盾によるランプの法則

北斗の拳 強敵 

北斗の拳強敵の矛盾によるランプの法則についてまとめました。
通常時、AT中ともにランプの色の矛盾によって法則があります。

本前兆が確定する見逃せないパターンや、北斗揃いが確定する嬉しいパターンもあります^^

-----スポンサーリンク-----
ランプの点灯パターン
  • 通常点灯
  • ロング点灯(MAXベットを押すまで光り続ける)
  • 【通常時の矛盾パターン】
  • 通常点灯で色矛盾 ⇒高確以上
  • 通常点灯でレインボー ⇒本前兆以上
  • ロング点灯で色矛盾 ⇒本前兆以上
  • ロング点灯でレインボー ⇒北斗揃いの本前兆
  • 【伝承の刻中の矛盾パターン】
  • 通常点灯で色矛盾 ⇒次レバーで中段チェリー変換
  • 通常点灯でレインボー ⇒次レバーの変換で100ひでぶ(北斗揃い確定)
  • ロング点灯で色矛盾 ⇒次レバーの変換で100ひでぶ(北斗揃い確定)
  • 【伝承の刻終了後の連続演出時】
  • 通常点灯で色矛盾 ⇒本前兆
  • 通常点灯でレインボー ⇒北斗揃いの本前兆
  • ロング点灯で色矛盾 ⇒北斗揃いの本前兆
  • 【AT中(バトル以外)】
  • 通常点灯で色矛盾 ⇒上乗せバトル高確以上
  • 通常点灯でレインボー ⇒エピソード本前兆
  • ロング点灯で色矛盾 ⇒エピソード本前兆
  • 【AT継続バトル中】
  • 色矛盾発生 ⇒継続バトル終了後、強敵昇天(北斗乱舞が確定)
  • 以上になります。

    通常時はロング点灯+レインボーが北斗揃い確定となります。

    矛盾による高確の示唆も出来るので、設定推測に多少役立つと思います。

    また新たなパターンが発覚したら、この記事に追記します。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    ブログ内検索

    このページの先頭へ