甘デジ CRキャッツアイ スペック・ボーダー・止め打ち・演出

キャッツアイ 甘デジ

甘デジCRキャッツアイのスペック・ボーダー・止め打ち・演出についてです。

甘デジながら、ST中の継続率は約87%と爆発力もあります。

-----スポンサーリンク-----

 

スペック

◆大当たり確率

1/99 ⇒1/34.8

◆賞球数

ヘソ: 3個

電チュー: 1個

アタッカー: 10個×9C

Vアタッカー: 5個×7C

◆確変突入率

ヘソ: 3%

電チュー: 100%

◆確変継続率

ST継続率: 約87% (ST70回転)

◆大当たり出玉

【9C×賞球10個】

4R: 260個

5R: 380個

5R(Vアタッカー入賞): 340個

7R: 490個

10R: 710個

16R: 1090個

◆大当たり振り分け

▼ヘソ

5R確変(ST70回): 3%

5R通常(時短50回): 97%

▼電チュー

1R確変(ST70回): 10%

4R確変(ST70回): 77%

7R確変(ST70回): 4%

10R確変(ST70回): 4%

15R確変(ST70回): 5%

 

ボーダーライン

交換率別ボーダー
  • 4.0円: 18.7回
  • 3.5円: 20回
  • 3.3円: 20回
  • 3.0円: 21回
  • 2.5円: 22回
算出条件

上記出玉、電サポ中の増減0個

 

ゲームフロー

本機はマックスやミドルのキャッツアイと違い、初当たりからの確変突入率が3%しかありません。

しかし、通常を引いても50回の時短が必ず付いてきます。

時短50回転で当たる確率は約39.5%です。

合算してヘソからの確変ST突入率は約41%となるので、それなりに確変に入ってくれますね。

 

また、本機は潜伏確変は搭載していないので、電サポ作動時以外はいつやめてもOK!!

 

止め打ち

キャッツアイ甘デジ 止め打ち

参考:セグ判別&設定推測
パチマガスロマガ攻略!

 

ランプ上点灯

◆開放パターン

ショート⇒ミドル⇒ロング

◆止め打ち手順

①電チュー2回目が閉じたら打ち出しやめ

②電チュー3回目が閉じたら打ち出し停止

 

ランプ下点灯

◆開放パターン

ロング⇒ミドル⇒ショート

◆止め打ち手順

①電チュー1回目が閉じる直前に打ち出しやめ

②電チュー3回目が閉じたら打ち出し開始

 

ランプ上下点灯

◆開放パターン

ミドル⇒ミドル⇒ミドル

◆止め打ち手順

①電チュー2回目が閉じる直前に打ち出しやめ

②電チュー3回目が閉じたら打ち出し開始

 

小当たり当選時

アタッカー解放まで打ちっぱなし

 

電チューは1個返しとなっているので、必ず止め打ちを行いましょう。

また、本機は電チューでの小当たり当選時にアタッカーが開放する仕組みとなっています。

1個返しでも、上手く止め打ちをすれば玉を増やすことも可能です。

ただし、右の調整によりますが^^;

 

保留変化・激アツ系演出

保留変化期待度

猫マーク虎柄猫マーク金宝石保留猫マーク紫赤保留

 

主な保留変化信頼度は上記の通り。

赤保留でも、信頼度50%を超えるため激アツです。

 

シネマティック系リーチ

甘デジ キャッツアイ

演出パターン
  • ENCOUNTER WITH NOIR
  • 摩天楼DIVE
  • 猫と刑事とタイトロープ

 

初当たりに絡みやすい予告。

上記3つのリーチが存在し、「ENCOUNTER WITH NOIR」なら大チャンス!!

リーチ中は下液晶にボタンアイコンが増えるほど信頼度が上がり、ボタンの数だけカットイン発生。

虎柄カットインなら激アツ!!

 

ファイナルキャッツリーチ

ファイナルキャッツリーチ

ノイズ演出から発展するリーチ。

出現時点でかなりアツいが、8ラインまで増えれば灼熱!!

 

管理人の感想

連チャン率が非常に高く、嫌いなスペックではないですね。

この手の台は大当たり回数が多くなりがちなので、データカウンターを見て、回数付いてるから座るってお客さんもいます。

 

しかし、1個返しの電チューが非常に残念ですね…。

小当たりで玉を増やせますが、基本がそこまで甘いわけではないので、打つことは無いと思います(´Д` )

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ