CR J-RUSH4|潜伏・朝一ランプ・演出信頼度・スペック・ボーダー

CR J-RUSH4

CR J-RUSH4の機種情報のまとめです。

  • スペック
  • ボーダー
  • 止め打ち
  • 激アツ演出

などについてお伝えします。

導入日・機種概要

CR J-RUSH4 筐体

導入日

導入日2018年9月18日
メーカージェイビー
ゲーム性確変ループ
導入予定台数約5,000台

機種概要

前作J-RUSH3から3年の時を経て新作が登場!

7セグのみのシンプルな演出で、一部のファンに愛され続けています。

今作は潜伏確変は継承されているものの、突然通常や突然確変を廃して遊びやすいスペックになりました。

前作では小当り演出だったターゲットモードから直当たりする「ターゲットボーナス」を新搭載!

スペック・大当たり振り分け

スペック(1/289ver.)

大当り確率通常時1/289.9
確変中1/34.9
賞球数ヘソ4個
電チュー2個
アタッカー13個
大当り出玉
(賞球13個×8C)
15R約1560個
4R約416個
電サポ回数88 or 89回
確変突入率64.4%
内部確変時の
継続率
電サポ88約92.3%
電サポ89約92.5%
時短引き戻し率約26.2%
備考潜伏確変

大当り振り分け(1/289ver.)

ヘソ・電チュー共通
ラウンド電サポ振り分け
15R確変89回9.9%
15R確変88回34.7%
4R確変88回19.8%
15R通常88回15.8%
4R通常88回19.8%

スペック(1/199ver.)

大当り確率通常時1/199.8
確変中1/29.9
賞球数ヘソ4個
電チュー2個
アタッカー13個
大当り出玉
(賞球13個×8C)
14R約1456個
4R約416個
電サポ回数33 or 34回
確変突入率64.4%
内部確変時の
継続率
電サポ33約67.5%
電サポ34約68.5%
時短引き戻し率約15.3%
備考潜伏確変

大当り振り分け(1/199ver.)

ヘソ・電チュー共通
ラウンド電サポ振り分け
14R確変34回9.9%
14R確変33回29.8%
4R確変33回24.7%
14R通常33回10.9%
4R通常33回24.7%

ボーダー

1/289ver.

交換率表記出玉出玉5%減
2.5円25.226.5
3.03円23.424.6
3.33円22.623.8
3.57円22.123.3
等価21.222.3
▼ボーダー算出条件
  • 1000円(250玉)あたりのボーダーライン
  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉
  • 電サポ中の増減なし

1/199ver.

交換率表記出玉出玉5%減
2.5円27.228.6
3.03円25.927.2
3.33円25.326.6
3.57円24.826.1
等価24.225.4
▼ボーダー算出条件
  • 1000円(250玉)あたりのボーダーライン
  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉
  • 電サポ中の増減なし

ゲーム性解説

通常時の初当り

CR J-RUSH4 ルーレットランプ 通常時の初当り

大当たり時は、盤面下部にあるルーレットランプのランプ停止位置によってBIG or SMALLが決定されます。

  • BIG停止時…15R(14R)確変or通常
  • SMALL停止時…4R確変or通常

ルーレットの点灯パターンは様々あり、通常パターン以外が発生すればBIGの可能性が高まります。

パターンBIG期待度
SMALLが高速
ボタンプッシュ
V-コントローラー

ターゲットモード

CR J-RUSH4 ターゲットモード

変動中の図柄が青色で停止した場合は大当たりか小当たりになります。

青色のままなら小当たりに当選していたことになり、ターゲットモードに突入します。

ターゲットモードに突入すると盤面左下にあるチャンスアタッカーが開放するので、玉を入賞させるとサイドランプが点灯します。

その際のサイドランプ点灯色によって、内部的に確変か否かを示唆します。

ランプ色確変期待度

青色で停止した後に大当たり図柄に変化した場合はターゲットボーナスとなり、15R(14R)確変か4R確変or通常の大当たりになります。

チャンスタイム

CR J-RUSH4 チャンスタイム

スペック1/289ver.1/199ver.
状態確変or時短確変or時短
電サポ88 or 89回33 or 34回

大当たり消化後に突入する右打ち電サポモード。

電サポ作動中のBGMは「天国と地獄」が基本になりますが、オリジナル楽曲が流れた場合は内部確変濃厚になります。

また電サポが89(34)回継続した場合は内部確変確定になり、電サポ抜け後は潜伏確変になります。

朝一ランプ

J-RUSH4 朝一ランプ

※画像はCR革命機ヴァルヴレイヴ

朝一ランプ点灯箇所は上の画像の場所。

左下と覚えておけばOK。

大当りを引くまで点灯します。

潜伏確変について

J-RUSHお馴染みの潜伏確変は今作もしっかり継承されています。

大当り後に内部確変だった場合、電サポ規定回数以内に大当たりを引くことが出来なければ潜伏確変になります。

また、本機には突然確変及び突然通常が存在しないため、大当たりを引かない限り通常時に内部状態が変わることがありません。

▼内部確変時の継続率
1/289ver.1/199ver.
約92.3%約67.5%

上記が確変だった場合、電サポ中の継続率になります。

計算上、1/289はほぼ大当たりになりますが、1/199は3回に1回位は潜伏確変になりますね。

▼ハマり回転数別確変期待度
1/289ver
回転数 確変期待度
90 15.3%
100 12.3%
110 9.8%
120 7.7%
130 6.1%
140 4.8%
150 3.7%
1/199ver
回転数 確変期待度
40 36.2%
50 29.8%
60 24.1%
70 19.2%
80 15.1%
90 11.7%
100 9.1%

1/199なら電サポ抜け直後で約4割の潜伏期待度。

セグや演出で判別する方が多ければ多いほどに期待度は低くなりますが、浅い回転数の台を打つのは効果的です。

リーチ発生率

HSJ(1/289)・状態別リーチ発生率
発生タイミング 内部通常時 内部確変時
通常時 約1/7 約1/3
電サポ中 約1/8 約1/3
ターゲットモード中 約1/7 約1/2
RSJ(1/199)・状態別リーチ発生率
発生タイミング 内部通常時 内部確変時
通常時 約1/6 約1/3
電サポ中 約1/8 約1/3
ターゲットモード中 約1/7 約1/2

内部確変中はリーチ発生率がアップします。

今はまだセグ情報が出揃っていないのでリーチ発生率での判別は役に立ちます。

座り始めの回転数とそこからのリーチ発生率をカウントすると良いですね。

小当り時のサイドランプ

J-RUSH4 サイドランプ

サイドランプ色 潜伏確変期待度
0.5%
1%
3%
60%
80%
潜伏確変濃厚

小当り当選(ターゲットモード)時、ヘソ左下にあるチャンスアタッカーに玉を入賞させるとサイドランプが点灯。

サイドランプの色で潜伏確変の期待度を示唆。

潜伏確変期待値

HSJ(1/289)

回転率(1k)等価3.57円3.03円
2113,076円11,455円9,420円
2012,976円11,355円9,320円
1912,865円11,245円9,210円
1812,743円11,122円9,087円
1712,605円10,985円8,949円
1612,451円10,830円8,795円
1512,276円10,655円8,620円
1412,076円10,455円8,420円

RSJ(1/199)

回転率(1k)等価3.57円3.03円
218,743円7,542円6,034円
208,622円7,421円5,913円
198,488円7,287円5,779円
188,339円7,138円5,629円
178,172円6,971円5,463円
167,985円6,784円5,275円
157,772円6,571円5,063円
147,529円6,328円4,820円

前作同様に潜伏確変中の台を拾うことができればかなりおいしいです!

ただし、確変割合がダウンしている関係上、拾える頻度は少なくなりました。

199verの方が拾える確率は高いです。

止め打ち

調査中

予告演出

先読みリーチ連続予告

パターン信頼度
2連続
3連続激アツ
4連続当選濃厚

リーチ

連続リーチ

パターン信頼度
2連続
3連続
4連続当選濃厚

おなじみのリーチ。

3連続まで行けば期待していいでしょう。

プレミアムリーチ

信頼度
当選濃厚

変動時間が通常よりも長く感じたその時、すべての図柄が一斉に停止し大当たりを告知します。

管理人の評価

けっこうこのシリーズ好きです。

無駄な演出無いですし、良釘調整なら永遠と打っていられます。

前作同様に今作も潜伏狙いで大活躍しそうです。

未だに複数台設置しているお店もありますし、この手の台を大切に扱ってる所なら打つチャンスはあると思います。

一つだけ難点を上げるとしたら筐体が不満な所ですね。

このFortune枠は玉詰りが結構多く、盤面に対してそもそも似合ってないですし。

やはりJ-RUSHなら初代で使われていたルミナ枠のがしっくりきます(笑)

2 Responses to “CR J-RUSH4|潜伏・朝一ランプ・演出信頼度・スペック・ボーダー”

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ