CRスーパー海物語INハワイ 甘デジ|スペック・ボーダー

スーパー海物語INハワイ 復刻版

「白海」の愛称で呼ばれていた甘デジ海物語の復刻!!

CRスーパー海物語INハワイ 1/89.8 甘デジver(SAE5)のスペック情報のまとめです。

  • スペック
  • ボーダー
  • 止め打ち手順

などについてお伝えします。

-----スポンサーリンク-----

導入日

導入日2017年1月10日
メーカー三洋
ゲーム性甘デジ、ST

スペック

大当たり確率1/89.8
確変中1/8.9
賞球数ヘソ:4個
電チュー:3個
アタッカー:12個
大当たり出玉【7カウント】
15R:約1100個
6R:約440個
確変突入率ST突入率100%
ST回数5回転まで
電サポ回数25or50or100回転
継続率ST5:44.9%
電サポ25:56%
電サポ50:66.7%
電サポ100:81%

大当たり振り分け

ヘソ・電チュー共通
ラウンド電サポ回数振り分け
15R確変100回2%
6R確変50回49%
6R確変25回49%

ボーダー

交換率表記出玉出玉5%減
4.0円1920
3.6円19.620.6
3.3円19.921
3.0円20.321.4
2.5円21.422.5
ボーダー算出条件
  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉
  • 電サポ中の増減なし

ゲーム性解説

ゲーム性は今までの甘デジ海物語と変わりません。

大当たり後は必ず5回転のSTに突入。

STをスルーした後は、前回が奇数図柄揃いなら時短が45回、偶数なら20回、16Rなら95回付きます。

大当たりは全て出玉有りなので潜伏確変は搭載していないです。

比較的遊びやすいスペックと言えるでしょう。

モードについて

  • 海モード……シンプルな海物語
  • マリンモード……マリンちゃんがメインに演出が展開される
  • ハワイモード……ステップアップ予告がメインの演出

3つのモードから好きなものを選択することが出来ます。

もちろん、どのモードを選んでも当たりやすさは変わらないので、好みで選択しましょう。

止め打ち手順

電サポ中の止め打ち手順

電チュー性能
  • 賞球数:3個
  • 開放パターン:2種類
開放パターン

umi hawai tomeuchi

  • 上段左が点灯:ショート×2回
  • 下段右が点灯:ショート×3回
  • 下段左が点灯:ショート×3回
  • 上段右が点灯:ハズレ
止め打ち手順

【2回開放時】
①電チューランプの点灯を確認したら打ち出し停止
②1回目が閉じると同時に打ち出し再開

【3回開放時】
①1回目が閉じると同時に打ち出し停止
②2回目が閉じると同時に打ち出し再開

解説

電チュー賞球は3個ですが、スルーの位置的に個数合わせで打つことは厳しいと思います。

スルーが簡単に枯れてしまうので。

基本的にはインターバル止め、それでもスルーが抜けないのなら打ちっ放しも混ぜてみましょう。

ヘソ賞球が4個ということで、回転率が良い台だと電サポ中に増えることもあると思いますね。

管理人から一言

大当たり確率が約1/90ということや、分かりやすいシンプルなスペックなのは良いですね。

ただし、前作と違って通常時から保留8なので入賞順に消化されてしまうんですよね。

大当たり確率の軽い甘でこれは致命的です。

ただ、ヘソ賞球が4個になったので思ったよりも回る台が見つけやすいかも!?

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ