CR火曜サスペンス劇場 真相の扉|スペック・ボーダー・止め打ち

CR火曜サスペンス劇場 真相の扉

CR火曜サスペンス劇場 真相の扉~22の過ち~の機種情報についてです。

  • スペック
  • ボーダー
  • 止め打ち手順

などについてお伝えします。

-----スポンサーリンク-----
目次(タッチで移動します)

導入日

導入日2016年11月28日
メーカータイヨーエレック
タイプミドル
確変ループ

スペック

大当たり確率1/299.3
確変中1/48.4
賞球数ヘソ:4個
電チュー:1個
おまけ入賞口:3個
アタッカー13個
大当たり出玉【右アタッカー賞球13個×8カウント】
15R:約1420個
10R:約940個
8R:約760個
4R:約380個
確変突入率62%
電サポ回数100回or次回当選まで
時短引き戻し確率28.4%

大当たり振り分け

ヘソ入賞時(特図1&2合算)
ラウンド電サポ回数振り分け
15R確変次回まで30%
10R確変5%
8R確変2.5%
4R確変2.5%
突然確変22%
10R通常100回38%
電チュー入賞時
ラウンド電サポ回数振り分け
15R確変次回まで55%
10R確変1%
突然確変6%
10R通常100回38%

ボーダー

交換率表記出玉出玉5%減
4.0円19.120.1
3.6円2021.1
3.3円20.621.7
3.0円21.422.5
2.5円23.324.5
ボーダー算出条件
  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉
  • 電サポ中の増減なし

ゲーム性解説

本機は確変ループタイプのスペックです。

通常時は保留8個まで溜めることが出来ます。

突然確変を搭載していますが、当選時は全て次回大当たりまで継続する電サポモードに突入します。

よって、潜伏確変は搭載していません。

電サポ作動中以外であればいつやめてもOKとなります。

止め打ち

電サポ中の止め打ち手順

電チュー性能

火サス 真相の扉 止め打ち

  • 賞級数:1個
  • 開放パターン:1種類
  • 5カウントで1セット強制終了
電チュー開放パターン

ミドル→○→ショート→ショート→○→ミドル

※○=インターバル

止め打ち手順

①1回目が開いたら1個打つ
②1回目が閉じたら1個打つ
③3回目が空いたら1個打つ
④4回目が開いたら1個打つ

解説

サミー特有の5個入賞で1セット終了という性能になっていますが、1パターンしかない上に、簡単な開放パターンです。

上記は単発打ち手順ですが、慣れてきたらミドル開放に2個打つと良いと思います。

右ゲージはかなり優秀なので、多少おまけ入賞口の調整が悪くても、止め打ちを実践していればそこまで減ることはないと思いますね。

演出

▼演出情報は以下のページにまとめています。

PV

管理人の評価

前作の火サスは止め打ちでモリモリ増えたので結構打ちましたね。

まあ、バラエティに数台くらいあればちょうどいいですかねw

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ