CRダークフォース|スペック・ボーダー・打ち方・止め打ち手順・演出信頼度

パチンコ ダークフォース

CRダークフォースの情報まとめです。

  • スペック
  • ボーダー
  • 打ち方
  • 演出信頼度

などについて解説しています。

-----スポンサーリンク-----

目次(タップで移動します)
  • スペック
  • 導入日
  • ボーダー
  • ゲーム性解説
  • 止め打ち
  • 演出信頼度
  • 管理人の評価
  • スペック

    大当たり確率1/29.99
    大当たり確率1/19.2
    賞球数電チュー:1個
    アタッカー:15個
    大当たり出玉【賞球15個×3カウント】
    14R:約630個
    7R:約315個
    2R:約90個
    確変突入率23%
    継続率90%以上
    電サポ回数33回転+転落まで
    転落率1/36.7

    大当たり振り分け

    電チュー 電サポ回数 振り分け
    14R確変 33回+転落まで 10%
    7R確変 24%
    2R確変 66%

    導入日

    メーカー 高尾
    タイプ 変則
    導入日 2016年7月4日

    ボーダー

    交換率表記出玉出玉5%減
    4.0円292.2307.6
    3.6円303.1319
    3.3円309.8326.1
    3.0円319.3336.1
    2.5円341.3359.2
    ボーダー算出条件
    • 6時間遊戯
    • 上記スペック表出玉
    • 電サポ中の増減なし

    ゲーム性解説

    本機は今までにない全く新しいゲーム性になっています。

    超特殊スペックなので遊戯性をしっかり理解して打ちましょう。

    ①スルー通過

    ダークフォース スルー

    本機にはヘソがなく、通常時はまずスルーを通過させます。

    ゲージの構成上、殆どの玉が盤面中央にあるスルーへ向かいます。

    スルーは上下に付いていて、1つの玉が両方を通過した場合は2回分の抽選が行われます。

    ここで同じ数字が3つ並べば電チューが開放します。

    当選確率は約1/511となっています。

    ②電チュー開放

    ダークフォース 電チュー開放

    同じ数字が3つ並んだら電チューが開放するので、電チューに玉を入賞させます。

    電チュー解放時は最初の1個+保留4つで最大5回の抽選が受けられますが、入賞させないと抽選されないので打ち出しを止めないように注意しましょう。

    ここで1/19.2を引くことが出来れば、フォースラッシュ突入となります。

    抽選5回での大当たり期待度は23.5%となっています。

    本機で一番気合が入るポイントです。

    ③フォースラッシュ

    ダークフォース フォースラッシュ

    フォースラッシュ中は1/19.2の大当たり抽選と1/36.7の転落抽選を行います。

    電サポは33回転+転落まで継続という仕様になっています。

    • 電サポ33回転までに大当たりを引くことが出来ればラッシュ継続
    • 電サポ33回転までに大当たりを引けずに転落を引いてしまった場合は33回転で電サポも終了
    • 電サポ33回転までに大当たりも転落もどちらも引かなかった場合はどちらかに当選するまで電サポが継続

    やや複雑に見えますが、潜伏確変などは搭載しておらず、ラッシュ中以外ならいつやめてもOKなので遊び方さえ理解していれば簡単です。

    動画で見た方が分かりやすいかと思いますので、ご覧ください。

    ダークフォース試打

    止め打ち

    通常時

    スルー通過で変動となり、保留の最大個数は4個です。

    デジタルの変動時間が以上に速いので打ちっぱなしでも保留が満タンになることは殆どありませんが、リーチ発生時などは無駄玉が生じてしまいます。

    通常時の止め打ち効果は高いので是非実践してみて下さい。

    止め打ち手順

    3個打って1拍おいて3個打つ…を繰り返し、演出が発生したら打ち出し停止

    これにより、打ちっぱなしだと千円あたり250回転前後の台を300回転前後まで上げることが出来ます。

    簡単なので試してみましょう。

    電サポ中の止め打ち

    電サポ性能
    • 賞球:1個
    • 開放パターン:1パターン(超ロング1回開放)
    止め打ち手順

    ①電チューが閉じる前に打ち出し開始
    ②7~8個打ったら打ち出し停止

    解説

    電チューは上スルーの真下の位置に付いています。

    開放中は普通に打っていればほとんどが入賞してくれますが、電チューが閉まっているときはやはり無駄玉が生じてしまいます。

    なので、少しでも節約するために止め打ちは行いましょう。

    大当たり中の止め打ち

    止め打ち手順

    アタッカーの開放が短く、止め打ちをするとカウント数入賞する前にパンクしてしまうので、打ちっぱなし推奨

    解説

    2R目までは普通に開放しますが、3R目以降はアタッカーがショート開放となるために、打ちっぱなしでもフルオープンしてしまうことがよくあります。

    なので、止め打ちはせずに打ちっぱなしで消化するのが一番良いと思います。

    演出信頼度

    主要予告信頼度

    擬似連
    なし7%
    擬似2連27%
    擬似3連73%
    擬似4連当選濃厚
    バラ3連点灯予告
    16%
    79%
    90%
    キレパンダ点灯
    トータル信頼度当選濃厚

    リーチ信頼度

    リーチ信頼度
    ロングリーチ11%
    カウントダウンリーチ20%
    点滅リーチ32%
    上下リーチ48%
    下⇒上リーチ64%
    モーフィングリーチ78%
    トルネードリーチ87%

    管理人の評価

    奇抜すぎるスペックの台ですね^^;

    勝てる調整の台は中々見つからないんじゃないかと思います。

    千円あたり400回転くらい必要かなー?

    ただし、通常時の止め打ちさえしっかり行えばメチャクチャなぼったくり台にはならないと思うので、その点では優秀か。

    1回は触ってみたいと思っています。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    ブログ内検索

    このページの先頭へ