CR義風堂々!! 甘デジ|激アツ演出・スペック・ボーダー・止め打ち

義風堂々 激アツ演出

CR義風堂々!! ~慶次と兼次~ 甘デジ(1/99)ver
の情報まとめです。

  • スペック
  • ボーダー
  • ゲームフロー
  • 止め打ち・技術介入
  • 激アツ演出
  • などについて解説しています!

    -----スポンサーリンク-----
    目次(タップで移動します)
    スペック
    ボーダー
    ゲーム性解説
    保留変化
    激アツ演出
    止め打ち・技術介入
    管理人の評価

    スペック

    ■大当たり確率
    1/99.9 ⇒ 1/19.98

    ■賞球数
    ヘソ:3個
    電チュー:3個
    アタッカー:10個

    ■大当たり出玉
    【賞球10個×9カウント】
    15R:約1140個
    7R:約530個
    4R:約310個

    ■確変突入率
    65%

    ■大当たり振り分け
    【通常時or「極戦モードへの道」】
    4R確変(極戦モード突入・次回まで):40%
    4R確変(極戦モードへの道突入・次回まで):25%
    4R通常(時短7回):35%

    【「極戦モード」】
    15R確変(極戦モード継続・次回まで):3%
    7R確変(極戦モード継続・次回まで):57%
    4R確変(極戦モード継続・次回まで):5%
    4R通常(時短7回):35%

    本機は電チューが2つあるので、右打ち中でも「極戦モードへの道」中なら通常時と同じ振り分けになってしまいます。

    ボーダー

    交換率 表記出玉 出玉5%減
    4.0円 20.1 21.1
    3.6円 20.6 21.7
    3.3円 21 22.1
    3.0円 21.5 22.6
    2.5円 22.6 23.7
    ボーダー算出条件
  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉
  • 電サポ中の増減なし
  • ゲーム性解説

    初当たり

    大当たりは2パターンあり、

  • 図柄揃い
  • 運命図柄停止
  • のどちらかを目指すことになります。

    初当たりは必ず4Rの出玉あり大当たりとなり、図柄揃いでの大当たりなら確変が確定します。

    中でも3・7図柄での大当たりはプレミアム確変となる極戦モードへ直行となります。

    他の図柄揃いでもラウンド中の演出に成功すれば、極戦モードへ突入します。

    確変の仕組み

    右打ち中に振り分けが変化するのは、電チューが2つ搭載されているからです。

    通常状態と同じノーマルチューリップと、極戦モード中と時短中に開放する極チューリップの2種類です。

    状態によって開放する電チューが変化します。

    ノーマル確変「極戦への道モード」

    ヘソと同じ特図1で抽選される状態が「極戦への道モード」です。

    大当たり時の25%で移行します。

    振り分け的には若干冷遇されているので早く「極戦への道」へ突入させたいところです。

    プレミアム確変「極戦モード」

    極チューリップが開放し、特図2で抽選される状態が「極戦モード」です。

    出玉大当たり時は、ほぼ7R以上となります。

    時短

  • 運命の聚楽第
  • 殿
  • 一騎打ち
  • と、3種類のモードが存在します。

    「運命の聚楽第」は、運命図柄揃いから突入し、「殿」と「一騎打ち」は極戦モード中に敗北した場合に突入します。

    いずれのモードも内部的に確変の可能性があり、その場合は演出を経由して必ず「極戦モード」へ戻ります。

    やめどき

    複雑なゲーム性に見えますが、潜伏確変は搭載していません。

    したがって、電サポ作動中以外はいつやめてもOK。

    保留変化

    義風堂々 保留 虹

    保留変化は緑以下だと期待が殆ど持てませんが、赤以上なら激アツ!!

    更なる強演出との複合に期待です。

    激アツ演出

    軍神謙信ゾーン

    義風堂々 軍神謙信ゾーン

    突入で保留内が激アツとなる本機の先読みゾーンです。

    「謙信ゾーン」から昇格して突入する場合もあります。

    他の強演出との更なる複合に期待しましょう。

    義風堂々演出

    義風堂々 激アツ演出

    原作のタイトルロゴとともに激アツを知らせる演出。

    出現ポイントは様々です。

    修羅演出

    義風堂々 修羅演出

    花の慶次シリーズのキセル演出に該当するのが、義風堂々演出です。

    本機の中でもかなり重要な演出となっています。

    堂森回想チャンス

    義風堂々 堂森回想チャンス

    ストーリーSP中に発生する可能性があるチャンスアップ演出です。

    出現すれば信頼度が大幅に上がります。

    最終決戦リーチ

    義風堂々 最終決戦リーチ

    キャラ系リーチ、「義役モノ」完成などを契機として発展する最強リーチです。

    信頼度は約90%にまで昇ります!!

    止め打ち・技術介入

    電サポ中の止め打ち

    基本システム

    ①スルーに球を通す
    義風堂々 スルー釘

    ②ベロ電チューが開放
    義風堂々 ベロ

    ③ノーマルor極のうち状態に対応した電チューが開放する
    義風堂々 ノーマル電チュー

    義風堂々 極電チュー

    電サポ性能

    【ベロ】

  • 開放パターン:3種類
  • 【ノーマル電チュー】

  • 開放パターン:1種類
  • 2カウント
  • 【極電チュー】

  • 開放パターン:1種類
  • 2カウント
  • ベロの開放パターン

    義風堂々 止め打ち

    【ノーマル電チュー対応時】
    右下が点灯:ロング(1回)
    右下と左が点灯:ロング(1回)
    全て点灯:ロング(1回)
    右上が点灯:ハズレ

    【極電チュー対応時】
    右下が点灯:ショート⇒ショート⇒ショート⇒ロング(4回)
    右下と左が点灯:ショート⇒ロング(2回)
    全て点灯:ショート⇒ショート⇒ロング(3回)
    右上が点灯:ハズレ

    止め打ち手順

    【ノーマル電チュー対応時】
    ①ベロが開放したら打ちだし停止
    ②1拍待ってから打ち出し開始

    【極電チュー対応時】
    ①ベロに球が入賞したら打ちだし停止
    ②ランプが変動し始めたら打ち出し開始

    解説

    一般的な機種の電チューにあたるのがベロ電チューです。

    ノーマル電チューと極電チューは2個入賞するまで閉じることがないので、勝手に入賞してくれます。

    ノーマル電チュー対応時は開放パターンが1つしかないので簡単だと思いますが、極電チュー対応時は開放パターンが3種類あるので面倒くさいです。

    極められれば2カウントで閉じる電チューに捻って3発入れたりとか出来そうなものですが、難易度はかなり高くなると思います。

    スルーの位置が電チューより後ろにあるので、多めに打ちだしたりしないと枯れやすいです。

    止め打ちが上手く決まっているときほど枯れてしまいます。

    アタッカーへのオーバー入賞

    手順

    1ランド中に8個まで入れて、9個目を弱め、10個目を強めに打ってオーバー入賞を狙う

    解説

    アタッカーまでにコボシ(というか釘)が1本も無い、非常に優秀なゲージです。

    ただし、アタッカーの感知が早く、玉を減速させづらいので、玉を確実に2個重ねられなければオーバー入賞は期待できません。

    義風堂々 オーバー入賞

    よって、バネの状態が重要になります。

    バネが良ければ狙った方が良いし、悪くて引っかからないようなら狙わなくて良いと思います。

    管理人の評価

    マックスタイプはそこそこ甘いスペックでした(なお、人気は出なかったもよう)

    甘デジは規制ゆえに激辛スペックになっています。

    賞球口は甘くなっていますが、勝つためには回転率が必要になってくる台です。

    マックスタイプは極電チューが全て15Rと恩恵がありましたが、甘デジは通常時とあまり変わらないですね。

    1回は打ってみたいですが、導入がないんだよなぁ。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    ブログ内検索

    このページの先頭へ