CR暴れん坊将軍 怪談 甘デジ|激アツ演出・スペック・止め打ち・ボーダー

暴れん坊将軍 怪談
CR暴れん坊将軍 怪談FPW(甘デジ)の情報まとめです。

  • 激アツ演出
  • スペック
  • 止め打ち
  • ボーダー

上記について詳しくまとめました^^

-----スポンサーリンク-----
目次(タップで移動します)
スペック
ボーダー
ゲーム性解説
止め打ち
釘考察
激アツ演出
感想や評価

スペック

■大当たり確率
1/99.9 ⇒ 1/53.9

■賞球数
ヘソ:3個
電チュー:3個
アタッカー:9個

■大当たり出玉
【右アタッカー・9C×賞球9個】
16R:約1080個
6R:約410個
4R:約270個

■確変突入率
ST突入率40%・70回転まで継続

■継続率
ST連チャン率73%

■大当たり振り分け
【ヘソ】
6R確変(ST70回):35%
4R確変(ST70回):5%
6R通常(時短30回):60%

【電チュー】
16R確変(ST70回):30%
6R確変(ST70回):70%

ボーダー

交換率 表記出玉 出玉5%減

交換率表記出玉出玉5%減
4.0円(25玉)17.718.6
3.57円(28玉)18.319.2
3.33円(30玉)18.619.6
3.03円(33玉)19.120.1
2.5円(40玉)20.221.2

ゲーム性解説

本機の大当たりは全て出玉アリとなっています。

そのため、潜伏確変は搭載しておりません。

初当たりからのST突入率は40%で、ST継続率は約73%。

ST非突入の場合は30回転の時短が付きます。

ST突入率が40%と厳しい数値になっていますが、大当たり確率が1/99なので時短の30回転でも約26%(およそ4回に1回)は引き戻すことが出来ます。

また、本機は盤面左にもスルーを搭載していて、通常時は左スルー通過でお助け電チューの抽選を行っています。

お助け電チューで当選すればST突入確定なので、アツくなれるポイントですね!!

止め打ち・捻り打ち

電サポ中の止め打ち

開放パターン

暴れん坊将軍 電チュー開放ランプ

①点灯…ショート3回開放
②点灯…ロング4回開放

簡易版インターバル止め手順

【右点灯時】
電チュー1回目が閉じたら打ち出し停止
電チュー3回目が開いたら打ち出し開始
【左点灯時】
電チュー3回目が閉じる前に打ち出し停止
電チュー4回目が開き切ったら打ち出し開始

上級者向け捻り打ち手順

【右点灯時】

  • ランプ確認後1発
  • 1回目が開いたらワンツーで2発
  • 3回目が開いたらワンツーで2発

2⇒1⇒2

【左点灯時】

  • 1回目が開いたら弱⇒強⇒強で3発
  • 2回目が開いたら弱⇒強⇒強で3発
  • 3回目が開いたら弱⇒強⇒強で3発
  • 4回目が開いたら少し待ってからワンツーで2発

2⇒3⇒3⇒3

解説

スルーゲージが悪い台なので、少しでもマイナスにされるとかなり厳しいと思います。
開放ごとに合わせるなら、出来ればスルーはプラス調整が望ましいかと思います。
ヘソ下に電チューがあるため、左に流してのヘソ埋めも可能です。

アタッカーのオーバー入賞狙い

アタッカーに8個入賞させて、9個目を弱め、10個目を強めに打ってオーバー入賞を狙う。

通常時のお助け電チュー狙い

通常時、右下のルーレットに「開放」の図柄が停止すると電チューが開放します。
V-ST機の本機は、電チューでの大当たりは100%ST突入となるため恩恵がデカいです。
左からも入賞しますが、右に打って確実に電チュー保留を埋めましょう。

狙い方
  • 「開運」図柄停止後、右下のルーレットが引っ込んだら右に9発打ち出し。

このとき、通常保留の変動中なら右に打つ前に左にも打ち出しておきましょう。
変動中でない場合や保留が0個の場合は、左に打たずに右の打ち出しのみにしておけば電チューを5回転分狙うことが出来ます。

釘考察

スルー釘

暴れん坊将軍 スルー

超重要です!

前述した止め打ち手順の捻りでの開放合わせをするには、スルー釘が無調整以上じゃないと足らなくなります。

赤丸の範囲が狭くなっている、黄色で囲った釘が右向き、で囲った釘が下がっていたり左に向いているとそれぞれマイナス調整となります。

現実的に止め打ちでの出玉増加を狙うのなら、どこかプラス調整が欲しいですね。

電チュー横

暴れん坊将軍 電チュー

電チューの横も重要。

元々が拾いやすいわけではないので、ここのマイナスも致命的。

赤で囲った釘の下げ、黄色矢印の幅の広がりに注意しましょう。

激アツ演出

怪談物語前兆ゾーン

怪談物語前兆ゾーン
本機の先読みゾーン演出です。
怪談百鬼物語図柄が揃えば突入。
百物語⇒千物語⇒夢幻物語と続くほどアツくなります。

暴れん坊ボタン

暴れん坊ボタン
予告やリーチの最終煽りでボタンがグルグル回転するチャンス演出です。

吉宗対決リーチ

吉宗対決リーチ
妖怪と吉宗が一騎打ちをする本機最強のリーチ演出です。
タイトルの色やカットインが、赤やデンジャー柄だとチャンスアップとなります。
デンジャー柄出現で大チャンス!!

神刀大家紋ギミック

神刀大家紋ギミック
刀落下⇒刀の柄が開く⇒家紋が開く⇒黒輪役モノ合体の四段階で発展する可能性があるギミック。
家紋出現の後に黒輪役モノが合体すると大チャンスとなります。

評価や感想

リング~呪いの7日間~がヒットして以来、何故かホラーパチンコに拘る藤商事の甘デジです。

スペックは確変突入率が40%と厳しいものの、通常時のお助け保留もありますし、そこそこ甘めです。
スルーの調整が厳しくなりそうですが、勝ちやすいスペックではありますね。

マックスが規制されてから、甘デジスペックの台も増えたなーって最近思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ