CRあしたのジョー(サミー) スペック・ボーダー・止め打ち・保留変化信頼度

あしたのジョーのスペック・ボーダー・止め打ち・保留変化信頼度についてです。

右打ちST中の破壊力は77%×約2200発と、現役機種の中でも抜群に高いです!

-----スポンサーリンク-----

 

スペック

■大当たり確率

1/390.1 ⇒1/128

 

■賞球数

ヘソ 3個

電チュー 3個

アタッカー 15個

 

■確変ST突入率

50%(ST185回)
■ST継続率

約77%

 

■大当たり出玉

1R: 140個

7R: 980個

8R: 1120個

16R: 2240個

 

■大当たり振り分け

▼ヘソ

8R確変(185回): 40%

1R確変(185回): 10%

7R通常(100回): 50%

▼電チュー

16R確変(185回): 100%

 

ボーダーライン

■等価交換ボーダーライン

17.2回(16R:2240個)

 

止め打ち

【7回1セット・電チュー5個入賞で1セット終了】

■簡単手順

電チュー5回目が開くと同時に打ち出し停止。

電チュー6回目が閉じると同時に打ち出し開始。

 

■中級者手順

1、2回目が開くと同時に1発打つ。

3回目が開いたら1発打つ。

4、5回目が開くと同時に1発打つ。

6回目が開いたら1発打つ。

7回目が開くと同時に1発打つ。

 

サミーの台なので、1セットの7回を完走する前に5個入賞でリセットされます。

電チューまでの距離がそれなりに長い機種なので、単発打ちで合わせるのは少し難しいです^^;

「~同時に」って表現でかいてあるところは、やや早めに打ち出す感じで、

「~開いたら」は開放を確認してからなので、少し遅めです。

 

止め打ちの効果に関しては、同社の機種の「北斗の拳 拳王」や、「化物語」に比べるとかなり劣りますね。

そこまで絶大な効果は期待できないですかね。

 

ゲームフロー

潜伏確変・小当たりを搭載していないので、右打ち中以外ならいつやめてもOK!

 

▼「ジョーファイティングラッシュ」

image1 (9)

出玉増加のメインとなるロングST

ST中は、リアルファイトリーチ<バトルリーチ<力石リーチの順に期待度が高くなる。

 

▼スペシャルボーナス

image3 (4)

通常時の赤図柄(3、7)当選時はスペシャルボーナスとなり、ST突入が確定する。

 

▼ビクトリーチャレンジ

image2 (5)

通常時のV図柄が中に止まると発生。

成功すればST突入となるが、振り分けはヘソ当選時の10%しかないので、

約1/3900でしかチャレンジに成功しない。

 

保留変化信頼度

【通常時の信頼度】

▼保留4個時

…1%

…5%

…28%

…46%

キリン柄…85%

…超激アツ

 

 

▼保留1個時

…1%

…4%

…27%

…44%

キリン柄…84%

…超激アツ

 

【ST中の信頼度】

▼打つべしZONE

…7%

…41%

…85%

…超激アツ

 

▼激闘ZONE中

…6%

…31%

…73%

…超激アツ

 

激アツ予告

ジョー3D予告

image4

期待度:約41%

 

炎JOEゾーン

image3 (5)

期待度:約50%

 

パンチギミック

image2 (6)

期待度:約48%

 

強敵リーチ

image1 (10)

力石リーチ:約58%

ホセリーチ:約46%

 

管理人トキの感想

以前のジョーは確か、サミーと京楽の共同開発でしたが

今作はサミーから販売されているのですね。

ロングSTってことで、出玉が増やせれば美味しいですけれど、

そこまで技術介入の効果は高く無さそう^^;

 

通常時の変動も遅めなので、よほど扱いが良くなければ打てる機会はなそさうです。

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ