CR聖戦士ダンバイン 甘デジ|ボーダー・スペック・連チャン率・止め打ち

ダンバイン

聖戦士ダンバインの甘デジのスペックについての解析です。

この記事では、

  • ボーダー
  • スペック
  • 連チャン率
  • 止め打ち

についてまとめています。

-----スポンサーリンク-----

目次

スペック

■大当たり確率
1/99⇒ 1/30

■賞球数
ヘソ:1個
電チュー:1個
アタッカー:7個

■大当たり出玉
【賞球7個×8C】
3R:約140個
4R:約190個
8R:約400個
12R:約600個

■確変突入率
ST突入率35%(時短込み約61%)

■連チャン率
ST連チャン率約91%

■大当たり振り分け
【ヘソ】
4R確変(ST70回):35%
3R通常(時短50回):65%

【電チュー】
12R確変(ST70回):3%
8R確変(ST70回):17%
4R確変(ST70回):80%

ボーダー

1000円(250玉)あたりのボーダー
交換率表示出玉出玉5%減
4.0円15.416.2
3.5円1617
3.3円1718
3.0円1718
2.5円1819
ボーダー算出条件
  • 上記スペック出玉
  • 6時間遊戯
  • 電サポ中増減無し

ヘソ1個返しのスペックのため、ボーダーがかなり甘くなっております。

ただし、電チュー賞球が1個なので、止め打ちでボーダーを下げることが出来ません^^;

しかし、後述する止め打ちは行わないと玉が減るので必須です!

ゲームフロー

甘デジながら、V-ST機となっている本機。

潜伏確変や小当たりは一切搭載していないので、非常に簡単なゲーム性となっています。

ST突入率は35%と低いですが、通常でも時短が必ず50回付いてくるので、初当たりの約6割がSTに突入します。

STの連チャン率は約91%と、かなり高いです。

ST中の消化スピードは速いのですが、電サポがたくさん付くタイプのスペックなので、止め打ちは必ず行うようにしましょう。

止め打ち

手順
電チューが閉まる瞬間に9発打ち出しを繰り返す

超簡単ですw
1日単位だと、やるのとやらないのではかなり差が付くので、必ず行いましょう。

4大チャンス演出

ズワァースVSビルバインリーチ

ダンバイン 激アツ
本機最強のリーチ演出となっています。
甘デジなので、発展時はかなり期待が持てます。

次回予告

ダンバイン 次回予告
ビルバイン系リーチへ発展が濃厚。

オーラロード

ダンバイン オーラロード
本機の先読みゾーン。
アツい演出の複合に期待。

ダンバイン キリン柄
サミーお馴染みのキリン柄演出。

管理人の評価

ボーダーが甘い台ですが、止め打ちで差が付かないため、狙い目かと言われるとそうでもないです。

導入台数も少ないので、中々打てる機会が無いと思います(´Д` )

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ