CRキングオブダーツ|スペック・ボーダー・打ち方

CRキングオブダーツ

CRキングオブダーツの機種情報のまとめです。

  • スペック
  • ボーダー
  • 打ち方

などについてお伝えします。

導入日・機種概要

導入日

導入日2019年1月21日
メーカーA-gon
ゲーム性一発台
導入予定台数約1,000台

機種概要

CRキングオブダーツ 筐体

1日に19万発もの出玉を記録したことで話題になったCRライジンマンを作ったA-gonより、CR一発逆転キングオブダーツが登場。

単純明快な一発台となっていて、大当りすれば約4,800個の払出。

スペック

基本スペック

大当り確率・上段&下段合算約1/5
役モノ突破率
(メーカー発表値)
上段1/2.25
下段1/2.25
大当り出玉
(払出)
BIG4796個
SMALL60個
賞球数VICTORY15個
BONUS
GAME1
11個×4C
BONUS
GAME2
13個×4C
BONUS
GAME3
11個×4C
BONUS
GAME4
15個×4C
SMALL
BONUS
15個
その他12 or 15個

ボーダー(飛び込み個数)

飛び込み後
V入賞確率
1/4.0 1/4.5 1/5.0
2.50円 0.28 0.31 0.35
3.03円 0.25 0.28 0.32
3.33円 0.24 0.27 0.30
3.57円 0.24 0.27 0.30
等価 0.23 0.25 0.28
飛び込み後
V入賞確率
1/5.5 1/6.0 1/6.5
2.50円 0.38 0.41 0.45
3.03円 0.35 0.38 0.41
3.33円 0.34 0.37 0.40
3.57円 0.33 0.36 0.39
等価 0.31 0.34 0.37
▼ボーダー算出条件
実践時間 6時間
大当り出玉 4420個

ゲーム性解説

飛び込み

CRキングオブダーツ 飛び込み

玉が飛び込み口を抜ければ役モノ内へ。

一発台なのでストロークは超重要。

基本的にはブッコミ狙いでストロークするのがベスト。

役モノ

CRキングオブダーツ 役モノ

CRキングオブダーツ 役モノ

縦に2つ並んだ役モノはどちらも同じ性能で、上段と下段に3つずつ穴がある。

まず矢印のすぐ下の2ルートのどちらかに分岐。

その後、上段の3つの穴のいずれかに玉が入り、続いて再び2ルートに分岐した後に下段に排出。

最終的に下段の中央の穴に入れば役モノ突破。

これを2つとも突破すればVICTORY入賞となり、大当り。

CRキングオブダーツ V入賞

大当り

【BIG】
役モノを2つ突破してVICTORY入賞すればBIG。

本機は一般電役となっていて、大当りはアタッカーではなく電チューで消化。

各電チューは4カウントで、玉が入賞すると連動して1つ下の電チューが開放する。

カウント上限まで入賞させないと大損となるので、しっかりと入賞させよう。

なお、一般電役である性質上、大当り消化中に再度VICTORY入賞するともう一回分BIGを獲得できる。

CRキングオブダーツ 大当り

【SMALL】
盤面左にある「KING of DARTS」に入賞すると約60個の払出となるSMALL当り。

すぐ下の「2」と書かれた電チューが開放する。

獲得できる出玉は微々たるものだが、ここの入賞率で玉持ちが変わるので意味がない訳ではない。

CRキングオブダーツ SMALL当り

動画

管理人の評価

アナログ台に拘り抜くA-gonからまたしても香ばしい台が登場。

大当り出玉が約4000個獲得できるのに対して、役モノ確率がメーカー公表値で1/5。

それなりに飛び込み付近が辛いゲージではありますが、導入前からやらかしている臭いしかしません…。笑

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ