CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~|保留・演出信頼度・スペック・ボーダー

CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~

CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~の機種情報のまとめです。

  • スペック
  • ボーダー
  • 保留変化
  • 演出信頼度
  • 止め打ち

についてお伝えします。

-----スポンサーリンク-----

▼目次(タッチで移動します)

スペック・攻略情報
  • 導入日
  • スペック
  • ボーダー
  • 機種概要
  • ゲーム性解説
  • 潜伏確変について
  • 止め打ち
  • 演出信頼度情報
  • 保留変化
  • 予告演出
  • リーチ
  • 電サポ中の演出
  • 評価
  • 管理人の評価
  • 導入日

    導入日2017年3月6日
    メーカーSan Three
    タイプミドル、確変ループ

    スペック

    大当たり確率1/319.6
    確変中1/39.9
    賞球数ヘソ:4個
    電チュー:1個
    アタッカー:15個
    大当たり出玉【賞球15個×10カウント】
    16R:約2270個
    6R:約850個
    3R:約430個
    確変突入率65%
    電サポ回数0or100回or次回当選まで
    時短引き戻し率時短100:26.9%
    大当たり振り分け
    ヘソ入賞時
    ラウンド電サポ割合
    16R確変次回まで1%
    6R確変次回まで2%
    初回のみ潜伏10%
    0回5%
    3R確変次回まで32%
    突然確変次回まで15%
    6R通常0回35%
    電チュー入賞時
    ラウンド電サポ割合
    16R確変次回まで50%
    6R確変6%
    3R確変9%
    6R通常100回35%

    ボーダー

    交換率表記出玉出玉5%減
    4.0円19.120.1
    3.6円2121
    3.3円2122
    3.0円2223
    2.5円2425
    ボーダー算出条件
    • 6時間遊戯
    • 上記スペック表出玉
    • 電サポ中の増減なし

    機種概要

    ヤッターマンの敵役、ドロンボー達が活躍するパチンコ機。

    大当たり確率1/319、継続率65%の一般的な確変機のように見えますが、電チュー入賞時の16R振り分けが50%と爆発力があります。

    ヘソ入賞時の通常大当たりが時短が無かったり、潜伏確変を搭載していたりとキツいスペックではありますが、一撃性のある尖ったスペックになっています。

    ゲーム性解説

    通常時の大当たり

    種類ラウンド状態
    超ドロンボーナス3Ror16R確変
    ドロンボーナス6R確変or通常
    突爆チャレンジ成功なし確変

    通常時の大当たりは図柄揃いの超ドロンボーナス・ドロンボーナスに突然確変の突爆チャレンジ成功を加えた計3種類となっています。

    図柄揃い時には必ずメガパトゲート演出が発生し、成功すれば確変に突入。

    ただし、終了画面での復活もあるので最後まで分からないです。

    確変に突入しなかった場合は「ドクロベエ司令ゾーン」に突入します。

    ドクロベエ司令ゾーン

    CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~ 潜伏確変

    ヘソ入賞時の大当たりで電サポなし6Rを引いた場合に突入するモード。

    内部的に確変の状態と通常の状態の2種類あります。

    モード滞在が長いほど内部確変の期待度がアップします。

    SUPERおしおきモード

    CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~ 確変

    次回大当たりまで継続する電サポ付き確変モード。

    奇数テンパイは当たれば16R確変確定となるので大チャンス!!

    逆に偶数図柄がテンパイしてしまうと通常大当たりのピンチとなります。

    電サポ中の大当たり

    種類ラウンド状態
    超ドロンボーナスBIG16R確変
    超ドロンボーナス6R
    ヤッターラッシュボーナス3or6or16R
    ドロンボーナス6R確変or通常

    電サポ中の大当たりは上記の4種類。

    ドロンボーナスのみ通常大当たりの可能性があります。

    奇数図柄揃い時はメガパトが光れば超ドロンボーナスBIG、光らなければ超ドロンボーナス。

    偶数図柄揃い時はメガパトが光ればヤッターラッシュボーナス、光らなければドロンボーナスとなります。

    ドロンボーナスはラウンド終了時に復活演出が発生すれば確変突入となりますが、発生しなかった場合は時短へと移行します。

    インチキ商売チャレンジ

    CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~ 時短

    電サポ中のドロンボーナス後に突入する100回転の電サポモード。

    移行時点で内部確変の可能性はありません。

    引き戻し確率は約27%と現実的ではあります。

    潜伏確変について

    CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~ 潜伏確変

    初当たりが6Rだった場合はドクロベエ司令ゾーンに突入。

    初当たり時の内部確変期待度は30%ほど。

    潜伏確変中の大当たりは潜伏確変ループをしづらくなっています。

    滞在回転数が長いほどに内部確変に期待が持てます。

    止め打ち

    電サポ中の止め打ち

    電チュー性能
    • 賞球数:1個
    • 開放パターン:2パターン

    CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~ 電チュー

    開放パターン

    CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~ 止め打ち

    • 上段左が点灯……ミドル(1回開放)
    • 上段右が点灯……ミドル(1回開放)
    • 下段左が点灯……ショート→ロング(2回開放)
    • 上段右が点灯……ハズレ
    止め打ち手順

    ①両パターン共通で最後の開放が閉じる少し前から打ち出し開始
    ②ランプを確認
    ③1回開放なら4個、2回開放なら7個打って打ち出し停止
    ④繰り返し

    解説

    2つの開放パターンがありますが、簡単です。

    釘ゲージ的にも道中のコボシが賞球口に直結しているために優秀と言えるでしょう。

    最近は電チュー1個返しの上に複雑で、打ちっぱなしだとゴリゴリ減ってしまうような台ばかりなので良心的な台だと思いますね。

    大当たり中のオーバー入賞狙い

    アタッカー性能

    賞球数:15個
    カウント数:10カウント

    手順

    9カウント目までアタッカーに入賞させて、10個目を弱め、11個目を強く打ってオーバー入賞を狙う。

    解説

    アタッカーもコボシがなくて優秀です。

    屋根で少し減速させればオーバー入賞に期待できます。

    賞球数が15個と多いので効果は高いです。

    また、ハンドルに右打ちボタンがついているので、弱め打ちに固定して強く打つときだけ右打ちボタンを押しながら打てば捻る必要も無くなります。

    保留変化

    保留パターン信頼度
    10%
    42%
    ファイヤー柄62%

    保留変化は赤以上に期待。

    サンスリーの激アツ柄であるファイヤー柄に変化すれば激アツです。

    予告演出

    CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~ 予告演出

    パターン信頼度
    説明しよう予告88%
    次回予告72%
    ビッグドロンボーギミック40%

    リーチ

    タイムボカンオールスターズ集結リーチ

    CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~ リーチ

    信頼度
    75%

    歴代タイムボカンシリーズの主人公が集結する本機最強リーチ。

    最終煽りがサイクロンボタンだった場合は当選濃厚パターンとなります。

    VS系リーチ

    パターン信頼度
    ヤッターキング50%
    旧メカヤッターワン33%
    ヤッターアンコウ33%
    ヤッターペリカン33%
    ヤッターゾウ33%
    新メカヤッターパンダ25%
    ヤッターヨコヅナ25%
    ヤッタードジラ25%
    ヤッターブル25%

    ヤッターキングが最もアツいパターンとなります。

    旧メカリーチのほうが若干ですが信頼度が高くなっています。

    特殊リーチ

    CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~ 突爆チャレンジ

    パターン信頼度
    ドロンボーチャンス1ライン8%
    2ライン8%
    3ライン55%
    突爆チャレンジ10%

    ドロンボーチャンスは基本的にあまり期待が持てない弱リーチですが、3ラインなら話は別!!

    突爆チャレンジは成功時は突然確変に突入します。

    電サポ中の演出

    パターン信頼度
    ドロンエンペラーモード当選濃厚
    押したいなステージ66%

    管理人の評価

    スペックはやや辛めとなっています。

    潜伏確変を搭載している上に、初当たりで通常大当たりを引いてしまったときは時短が付かないのでしんどい台な印象ですね。

    しかし、右打ちに入ったときの爆発力は新基準の中ではかなりのモノ。

    出玉関連のゲージが優秀な点は評価したいですね。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    ブログ内検索

    このページの先頭へ