CR天下一閃4500|スペック・ボーダー・打ち方・攻略

パチンコ 天下一閃

CR天下一閃の機種情報についてです。

  • スペック
  • 打ち方

などについてお伝えします。

-----スポンサーリンク-----
目次(タッチで移動します)

導入日

導入日2016年10月3日
メーカー大一
タイプ一発台

スペック

大当たり確率V入賞で大当たり
賞球数義ポケット:9個
電チュー:1個
アタッカー:15個
大当たり出玉【賞球15個×10カウント】
16R:約2100個
確変なし(15R×2回で1セット)

大当たり振り分け

初回大当たり時 電サポ回数 振り分け
15R通常 99回 100%
連チャン時 電サポ回数 振り分け
15R通常 0回 100%

ボーダー

1kあたり何回役モノ内に飛び込むかがボーダーとなります。

本機のボーダーは下段の役モノの入賞率で決まります。

高換金ならば1kで1回飛び込めば、優秀な数値と言えるでしょう。

下段役モノ確率 交換率 ボーダー
1/2.5 4.0円 0.46
3.6円 0.49
3.3円 0.50
3.0円 0.52
2.5円 0.56
1/3.0 4.0円 0.55
3.6円 0.58
3.3円 0.60
3.0円 0.62
2.5円 0.67
1/3.5 4.0円 0.65
3.6円 0.68
3.3円 0.70
3.0円 0.72
2.5円 0.79
1/4.0 4.0円 0.74
3.6円 0.77
3.3円 0.79
3.0円 0.82
2.5円 0.90
1/4.5 4.0円 0.83
3.6円 0.87
3.3円 0.89
3.0円 0.93
2.5円 1.01
1/5.0 4.0円 0.92
3.6円 0.97
3.3円 0.99
3.0円 1.03
2.5円 1.12
1/5.5 4.0円 1.01
3.6円 1.06
3.3円 1.09
3.0円 1.13
2.5円 1.23
1/6.0 4.0円 1.10
3.6円 1.16
3.3円 1.19
3.0円 1.23
2.5円 1.34

ゲーム性・打ち方解説

本機は大当たりすれば15R×2回分獲得できる1発台と呼ばれるタイプです。

昔ながらのパチンコといった感じで、1回の大当たりで約4200個獲得できます。

基本的には羽根モノと同じく、V入賞で大当たりとなります。

大当たりを獲得するためには3つの関門を突破しなくてはなりません。

①命釘

天下一閃 命釘

まずは盤面左上にある命釘の通過を目指しましょう。

緑の矢印が付いているので分かりやすいと思います。

ストローク調整も非常に大事になってくるので上手く合わせましょう。

②回転体

天下一閃 回転体

命釘から役モノ内に進入した玉は回転体に送り込まれます。

回転体には9つのポケットがあるのですが、このうち3つ存在する赤ポケットに入れば突破となります。

赤ポケットに入らなかった玉は外に排出され、ハズレとなります。

③下段役モノ

天下一閃 役モノ

一番の勝負どころ!!

最後の関門となるのが下段の役モノです。

役モノ内は若干手前に傾いていて、中央で高速回転する棒に弾かれながら玉が暴れまわります。

長いときは1分以上も滞在し、とにかく目が離せない時間です。

役モノの手前には3つの穴があり、中央の穴に入ればV入賞となり大当たりです。

天下一閃 V入賞

大当たり

V入賞すると大当たり開始です。

音声ナビに従って右打ちしましょう。

1回目の大当たり後は電サポが作動し、1/4で当選する小当たりでV入賞し、2回目の大当たりが始まります。

2回目の大当たりが終わったら左打ちに戻しましょう。

実際の調整はどうなのか?

元来、この手の台は攻略プロやゴト師が得意とする台です。

今のところ攻略法は発見されていませんが、目を付けているはずです。

実際、ホールも調整が難しい台です。

基本的にはかなり厳しい調整になるでしょう。

ただし、導入当初であれば、店の調整ミスによって5万発overとかのお宝台があるかも知れませんね。

期待値でいえば10万円超えとか。

なので、狙ってみても面白いかも知れません。

PV・動画

実践動画

管理人の評価

面白そうな台ですね!!

導入台数が少ないのが難点ですが、久々に打ちたいと思える台です。

何か攻略のようなものが出てきたら更に面白くなるんですよね~。

V入賞したときの脳汁はヤバそうです^^

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ