CRスーパー海物語INハワイ|スペック・ボーダー・止め打ち

スーパー海物語INハワイ 復刻版

CRスーパー海物語INハワイ(復刻版)の情報まとめです。

2006年に登場した「スーパー海物語」が10年の時を経て今年2016年に復活!!

  • 導入日
  • スペック
  • ボーダー

などについて解説しています。

-----スポンサーリンク-----

目次(タップで移動します)

導入日・機種概要

メーカー三洋
タイプミドル
導入日2016年8月下旬

スペック

大当たり確率1/319.6
確変中1/31.9
賞球数ヘソ:3個
電チュー:3個
アタッカー:12個
大当たり出玉【賞球12個×9カウント】
15R:約1450個
確変突入率54%
電サポ回数100回転or次回まで

大当たり振り分け

ヘソ・電チュー入賞時電サポ回数振り分け
15R確変次回まで54%
15R通常100回46%

ボーダー

交換率表記出玉出玉5%減
4.0円18.619.6
3.6円19.420.4
3.3円19.921.0
3.0円20.721.7
2.5円22.423.5
ボーダー算出条件
  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉
  • 電サポ中の増減なし

ゲーム性解説

通常時

3種類のモードから好きなモードを選択できます。

  • 海モード……シンプルな演出が特徴
  • マリンモード……マリンちゃんがメインの演出が展開
  • ハワイモード……ステップアップ予告が特徴

当然、どのモードを選んでも大当たり確率は同じなので好きなモードを選択しましょう。

なお、魚群出現時の信頼度が最も高いのは「海モード」です。

なので、魚群にアツくなりたい方は海モードで遊戯するのがオススメですね^^

大当たり

大当たりは15Rのみとなっています。

本機は突然確変を搭載していないのが特徴です。

奇数図柄揃いなら次回大当たりまで続く確変、偶数図柄揃いなら100回転の時短へ突入します。

電サポ中

紫の背景なら次回大当たりまで電サポが継続し、緑背景は100回転まで継続します。

100回転以内に大当たりを引き戻せる確率は約27%です。

やめどき

潜伏確変など、ややこしいシステムは一切搭載していないので、電サポ作動中以外ならいつやめてもOKです。

演出

▼演出の情報は以下の記事でまとめています。

止め打ち手順

電サポ中の止め打ち手順

電チュー性能
  • 賞球数:3個
  • 開放パターン:2種類
開放パターン

umi hawai tomeuchi

  • 上段左が点灯:ショート×2回
  • 下段右が点灯:ショート×3回
  • 下段左が点灯:ショート×3回
  • 上段右が点灯:ハズレ
止め打ち手順

【2回開放時】
①電チューランプの点灯を確認したら打ち出し停止
②1回目が閉じると同時に打ち出し再開

【3回開放時】
①1回目が閉じると同時に打ち出し停止
②2回目が閉じると同時に打ち出し再開

解説

久しぶりに電チュー賞球が3個の海が出ましたね。

右打ち消化ではないのでヘソに入賞した分の賞球も考えると、スルーの調整が良く、回転率も良い台なら玉を増やすことも可能なのではないでしょうか。

なお、止め打ち手順は暫定版なので、もう少し良い方法があったら更新したいと思います。

スルーが途切れてしまう場合は打ちっぱなしの方が良いですね^^;

大当たり中の止め打ち

ラウンド間止め打ち

1ラウンド中に6~7個(調整して下さい)入ったら止める

振り打ち ※推奨

ストロークは天打ち(左右に流れるくらいの強さ)で打ち、5個目が入ったら右全開のストロークに変更し、6個目が入ったら止める

解説

まだ試してないのでどれくらいの効果があるか分かりませんが、海物語系の台は振り打ち消化が非常に有効です。

パチプロでもやってない(知らない)方は多いのですが、左に固めるよりもこの手順が一番出玉を取れますね。

難しくてよく分からない方はラウンド間止めだけでも良いと思います。

ただし、アタッカー周辺の釘調整が悪い場合には時間効率を優先して打ちっぱなしで問題ないと思います。

PV・動画

試打動画

パチマガライターのドテチンさんと、るるさんによる機種紹介動画です。

管理人の評価

シンプルな海!!って感じですね(^^

個人的には、ジャパンより良いんじゃないかと思いますがどうでしょうか。

突確を搭載していないところも高評価です。

ただ年内に沖海4が導入されるっていう噂もあるんですよね。

どの海が生き残るのかを楽しみにしていますw

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ