CR烈火の炎2|スペック・ボーダー・演出・止め打ち

烈火の炎2 パチンコ

CR烈火の炎2の情報まとめです。

  • スペック
  • ボーダー
  • 演出
  • 止め打ち

など、総まとめでお届けします♪

-----スポンサーリンク-----

目次(タップで移動します)

スペック

■大当たり確率
1/319.7 ⇒ 1/95.8

■賞球数
ヘソ:3個
電チュー:1個
アタッカー:15個
バーニングユニット:4個

■大当たり出玉
【賞球15個×10カウント】
16R:約2490個
12R:約1630個
6R:約820個
3R:約410個

■確変突入率
ST突入率60%・100回転まで継続

■継続率
ST連チャン率:約65%

■電サポ回数
100回転or50回転

■大当たり振り分け
【ヘソ】
12R確変(電サポ100回):60%
6R通常(電サポ50回):40%

【電チュー】
16R確変(電サポ100回):80%
3R確変(電サポ100回):20%

ボーダー

交換率表記出玉出玉5%減
4.0円20.221.3
3.6円21.222.1
3.3円21.822.6
3.0円22.723.8
2.5円24.726
ボーダー算出条件
  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉
  • 電サポ中の増減なし

ゲーム性解説

本機は新基準に対応(確変継続率65%)したミドルV-ST機となっています。

注目ポイントは、大当たり中に発動する「バーニングユニット」です。

これにより、16R大当たり時は、2400発超の払い出しを実現しています。

潜伏確変は搭載していないので、電サポ作動中以外はいつやめてもOKです。

バーニングユニット

盤面右側に設置されている、本機の目玉とも言えるのが「バーニングユニット」です。

これは同社の「黄門ちゃま」に設置されていたゴチ装置をさらに進化させたもので、これにより大当たり中にユニット作動分の出玉がプラスされます。

2Rに1回作動し、1回の作動で約25個、16R分で約200個の出玉上乗せが見込めます。

バーニングユニットの流れ

烈火の炎 バーニングユニット

  • 1.右打ち中の4個に1個が①の振り分け弁で左へと向かう
  • 2.左に向かった玉は②のユニットで一旦貯留される
  • 3.2R消化後に③の火影ゲートへ向かい、賞球獲得

火影ゲートは16R当選時しか開放しないのですが、この入賞口はダミーです。

玉が左のルートへ向かった時点で4個の賞球を得られるようになっています。

バーニングユニットで獲得した玉は16R当選時しか加算されませんが、16R以外の出玉も賞球分多く獲得出来ます。

通常時の大当たり

烈火の炎2 大当たり

通常時のボーナスは、「チャレンジボーナス」と「十二支ボーナス」の2種類です。

どちらも、ラウンド中の演出に成功すればST突入、失敗で時短となります。

時短「激闘チャンス」

烈火の炎2 激闘チャンス

通常大当たり後に突入する、50回転の時短モードです。

時短中の大当たりは100%ST突入となります。

引き戻しの期待度は、約14.5%です。

ST「激闘ラッシュ」

烈火の炎2 激闘ラッシュ

100回転のSTモードです。

継続率は約65%となっています。

ST中は、虚空咆哮ギミックが発動すれば16R大当たり濃厚です。

電サポ中の大当たり

烈火の炎2 ST中の大当たり

電サポ中の大当たりは3Ror16Rで、どちらも消化後はST突入確定です。

振り分けは8:2で16Rの方が多くなっています。

演出

演出信頼度などの情報は以下のページでまとめてあるので、ご覧ください。

烈火の炎2 保留変化・予告・リーチ信頼度

止め打ち

電サポ中の止め打ち

電チューの性能

賞球:1個
開放パターン:1種類(ロング開放)

止め打ち手順

本機に搭載されているバーニングユニットは大当たり中だけでなく、電サポ中にも作動します。

4個に1個は必ず左ルートの賞球口入賞し、4個の賞球を得られます。

つまり、止め打ちをしてもしなくても電サポ中は玉の増減は変わりません。

止め打ちをする意味がないので打ちっぱなしでOK。

管理人の評価

バーニングユニットによって、大当たり1回あたりの出玉は、現役機種でトップクラスです。

継続率が65%と低いですが、連チャンが16Rに偏った時の出玉感は凄そうですね|д゚)

とは言っても、スペックは甘くはないのであまり打ちたくはないですけどね…。

それにしてもこの機種と言い、グラップラー刃牙と言い、止め打ちによる技術介入が殺されつつありますね。

PV・動画

PV

試し打ち動画

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ