CRスーパーマン-LimitBreak-|ボーダー・スペック・演出・止め打ち

パチンコ スーパーマン

CRスーパーマン-LimitBreak-の解析情報まとめです。

  • スペック
  • ボーダー
  • ゲーム性
  • 止め打ち
  • などについて解説しています。

    -----スポンサーリンク-----

    目次(タップで移動します)
  • スペック
  • ボーダー
  • ゲーム性解説
  • 演出
  • 止め打ち・技術介入
  • 管理人の評価
  • スペック

    ■大当たり確率
    1/199.8 ⇒ 1/55.9

    ■賞球数
    ヘソ:4個
    電チュー:1個
    アタッカー:11個

    ■大当たり出玉
    13R:約890個
    11R:約750個

    ■確変突入率
    ST突入率
    初当たり:5%
    時短100:約39.5%

    ■継続率
    ST連チャン率:83.6%

    ※ST中に6回の大当たり消化で時短へ

    ■大当たり振り分け
    【ヘソ】
    11R確変(100回):5%
    11R通常:(100回)95%

    【電チュー】
    13R確変(100回):100%
    ※リミット到達後は時短100回

    ヘソの賞球数が4個なので球持ちが良いです。

    スペックはリミット付きST機となっています。

    初当たりを除いた7回目の大当たり後は100回転の時短へ突入します。

    ボーダー

    交換率 表記出玉 出玉5%減
    4.0円 19.2 20.2
    3.6円 20 21
    3.3円 21 22
    3.0円 21 22
    2.5円 23 24
    ボーダー算出条件
  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉
  • 電サポ中の増減なし
  • 目標回転数
    交換率 回転率
    4.0円 22
    3.6円 23
    3.3円 23
    3.0円 24
    2.5円 26

    ゲーム性解説

    本機はリミット付きのV-STとなっているので、やや複雑なシステムですが潜伏確変を搭載していないので、特別難しい台ではありません。

    ポイントは以下の通り。

  • 初当たりからのST突入率は5%ですが、通常でも時短が100回付く、「時短突破型」
  • STは引き戻しを含め、7回の大当たりでリミットに到達
  • リミット到達後は100回転の時短へ突入(引き戻し率約39.5%)
  • リミットに到達しなくてもST100回転をスルーすると通常へ戻る
  • 初当たり

    通常時の大当たりは全て11RのEMBREM BONUSとなり、確変か通常かは見分けることが出来ません。

    消化後は「レスキューモード」へ突入します。

    レスキューモード

    スーパーマン 時短

    初当たり後に突入する、時短orSTの100回転の電サポモードです。

    引き戻しに成功すればST「超速モード」へ移行します。

    超速モード

    スーパーマン ST

    電サポ100回転のSTモードです。

    リミットである7回目の電サポ大当たりまでは大当たり=ST継続となります。

    継続率が83.6%と高いですが、リミットまで到達せずに終わる可能性もあります。

    なお、リミット到達後も演出上は超速モードのままです。

    演出

    スーパーマン-LimitBreak- 保留変化・予告演出・リーチ信頼度

    止め打ち・技術介入

    電サポ中の止め打ち

    電チュー性能
  • 電チュー賞球数:1個
  • 開放パターン:1種類
  • 開放パターン
  • ミドル2回開放
  • 止め打ち手順

    ①1回目の開放が閉じる直前に3個打つ
    ②2回目の開放が閉じたら3個打つ

    解説

    賞球数が1個となっているので、止め打ちをしないと電チューが閉じている時間に球が減ってしまいます。

    2個打ちの方が理想的ですが、スルーゲージが1個賞球の割には辛いので3個打ちをオススメします。

    一応、こぼれた球はオマケ賞球口へ向かいますが、ゲージ上あまり拾われないと思います。

    大当たり中のオーバー入賞狙い

    手順

    1ラウンド中に6個入賞したら打ち出し停止し、7個目を弱め、8個目を強めに打ってオーバー入賞を狙う

    解説

    あまり屋根に引っかからない構造になっていますが、アタッカーのゲージが優秀なので、やった方が出玉はアップしますね。

    管理人の評価

    スペックがトリッキーな感じですね。

    リミット後も引き戻すことが出来ればSTに再度突入しますが、僕のヒキだとSTが途中で終わりそうですw

    継続率の規制に合わせてか、巨人の星といい、今までにない変則的なスペックの台が新しく出てきていますね。

    それにしてもこの台は1個返しのくせにスルーゲージも、電チューの開放パターンも悪意を感じますね。

    北斗無双と違って、オマケ賞球口に入りづらいゲージになっているので電サポ中の球減りは免れないかもしれません…。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    ブログ内検索

    このページの先頭へ