シャドウハーツ2~運命の道標~ 初打ちの感想と評価

シャドウハーツⅡ

 

新台シャドウハーツ2を実践してきました。

導入は8月24日からのところが多いようですが、8月17日から導入していたホールもあったようですね。

ご覧ください。

-----スポンサーリンク-----

 

実践

シャドウハーツⅡの天井は、ボーナス間777GでARTの当選が確定します。

恐らく、他の恩恵は無いものと思われます。

 

今回はボーナス間501Gの台に着席!

天井恩恵は弱そうですが、まあこれくらいハマっていれば全然イケますね。

 

この機種は、通常時・ART中ともにボーナス図柄を揃えるとき以外は目押しする必要はありません。

取りこぼす心配が無いので楽で良いですねー^^

 

ART「幻影RUSH」に突入

初当たりは、天井直前で引いたチャンス目から「幻影RUSH」に突入しました。

「幻影RUSH」は、50%~80%のループ率で管理しており、

ART突入時と継続時は「フュージョンドライブ(以下FD)」という上乗せ特化ゾーンからスタートします。

 

FDは5G間続く上乗せ特化ゾーンで、主人公が変身するモンスターによって上乗せ期待度が変わります。

ベネフィギウム<ビュエラ<ソルム<ファイデス<アモンの順で上乗せゲーム数に期待が持てるようです。

分かりやすく言うとハーデスみたいな感じです。

 

最初に変身したのはソルム

image1 (2)

 

強スイカを引いて+100G

 

最初のFDでは計+170Gの上乗せ

image2 (1)

 

 

これは、乗せた方なのか??

まあ3ケタあればそれなりに出るだろうと思い打ち込んでいくと…

 

ボーナスに当選ッ!!

擬似ボーナスではなく、普通のボーナスですね。

image3 (2)

 

こっちの同色揃いの方がレアで、基本は黄・ピンクが3ラインランダムで揃うようです。

 

ボーナス中は、7揃いでのARTストック抽選と、ジャッジメントリングでのゲーム数上乗せ抽選を行います。

コチラが噂のジャッジメントリング。

ジャッジメントリング

矢印が一定の速度で回るのですが

色が付いた部分で3回リールを止めれば、通常時はART抽選、ART中はゲーム数上乗せ確定です。

リズムゲームみたいな感じですね。

 

 

技術介入と謳っていますが、時間制限も無いし矢印の速度もそこまで早くないので

簡単に出来ます。

(´-`).。oO(1回普通に失敗したのは内緒だ)

 

1セット目に擬似ボーナスを4回引けて、

ボーナス中にARTストックも獲得!!

image3 (1)

 

赤より青の方が高継続率らしいです。

 

ここから特に派手な展開は無いものの、

ボーナスとARTを連チャンしてくれます。

擬似ボーナスの確率は割と軽いので、ちょこちょこ引けますね。

 

ART継続時にエピソード?みたいなものが付いてくるときがありました。

4セット目と8セット目で出現したので、条件は4の倍数なのかも。

image1 (6)

 

 

10セット目で上乗せ期待度が上から2番目のファイデスが出現!

 

シャドウハーツⅡ ファイデス

 

+170G

image2 (3)

 

ソルム以上なら、3ケタ普通に乗る感じですかね。

 

ジャッジメントリングのレアパターン?

image4 (2)

有効範囲が広いほど乗せるゲーム数が多いのかも知れません。

image5 (1)

 

最後に中段チェリー

シャドウハーツⅡ 中段チェリー

 

FDのストックが出てきました。

ただ、中身は残念ながらビュエラでした^^;

中段チェリーは、ボーナスorFD確定するのかなーと思います。

image7

 

結局、10連してくれて3500枚まで伸びてくれました^^

シャドウハーツⅡ 獲得枚数

 

ART後は、即ヤメで良いと思いますね。

天国の概念は恐らくないと思いますし、高確も弱いと思うので即ヤメが安定だと思います。

 

感想・評価

良かった点
  • ジャッジメントリングのシステムが新鮮で良かった。
  • 弱小役でもそれなりに上乗せが来る。
  • 擬似ボーナスはそこそこ軽く感じた。
悪かった点
  • 純増1.5枚のARTなので、出玉スピードがかなり遅く感じた。
  • 上乗せ特化ゾーンがFDしかないので、FD以外にアツいポイントが見つからない。

 

ジャッジメントリングの上乗せシステムは確かに面白かったですけど、

他の部分は得に目新しさも無かったです。

普通のART機と殆ど変らないかなーと思いましたね。

通常をあまり回してないっていうのもあると思いますが。

 

導入から数日くらいしか経っていませんでしたが、

既に空き台が普通にありましたし、これは流行らないんじゃないかと思います^^;

FDでソルム以上を引けないと、初期ゲーム30G~50Gで駆け抜けることも多いと思います。

 

3500枚出しておいてなんですが、途中で普通に飽きましたね。

もう1回打てばまた評価は変わるのかもしれませんが、

今回はこの機種の面白さは感じられませんでした。

4 Responses to “シャドウハーツ2~運命の道標~ 初打ちの感想と評価”

  1. A-K より:

    こんにちは(^-^)

    技術介入があるとどうしてもじっちゃんばっちゃんが寄ってこないんですよね…。沖どきみたいなシンプル(中身は極悪ですが)な台が流行るの最近の傾向ですね。
    昔は出玉が凄かったから何でも流行りましけど

    • トキ より:

      >A-Kさん

      そうですねー。

      大した技術介入ではないんですけど、
      年配層には受けない気がしますね。

  2. マッスル より:

    なんで!?初打ちで!?

    どーなんてんだヽ(`Д´)ノ

    シャドーハーツちょっとダメくさいですね^^;

    • トキ より:

      >マッスルさん

      シャドウハーツは流行らないっすねー^^;

      てか、今年のスロットで流行った台って(震え声)

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ