トランスフォーマー スペック・ボーダー・止め打ち

CRトランスフォーマーのスペック・ボーダー・止め打ちについてです。

電チューが羽根タイプなので、技術介入性は抜群に高いです。

-----スポンサーリンク-----

 

スペック・筐体

 

image1

 

■大当たり確率

1/399.6 ⇒ 1/125.8

 

■賞球数

ヘソ・電チュー 3個

アタッカー 15個×10C

 

■確変突入率・継続率

・ST突入率

ヘソ 52%

電チュー 100%

・ST継続率

77.2%(185回転まで)

 

■大当たり振り分け

・通常時

8R確変: 52%【ST185回】

8R通常: 48%【時短100回】

・確変中

16R確変: 100%【ST185回】

 

■大当たり出玉

8R: 1120個

16R: 2240個

 

ボーダーライン

■4円交換ボーダーライン

約16.4回

 

セグランプ判別オススメサイト

パチマガ・スロマガ・スマホ版サイト

 

止め打ち・捻り打ちについて

 

image1 (5)

 

トランスフォーマーの電チュー開放パターンは3種類。

赤枠で囲まれたランプの点灯パターンによって開放パターンが変わります。

 

■開放パターン

左点灯:10回開放

中点灯:11回開放A

左右点灯:11回開放B

 

■止め打ちの手順

毎開放ごとに1個ずつ単発打ち

 

また、アタッカーへの捻り打ちオーバー入賞狙いも非常に有効です。

トランスフォーマーは賞球が15個と多いので、効果は高いです。

 

やりかたとしては、9Cまでアタッカーに入賞させた後、

弱め打ちで屋根に引っ掛けて減速させて、強めで2発打ちます。

 

トランスフォーマーと同じ京楽の仮面ライダーV3やウルトラマンゼロと同様に、アタッカー周りの釘構成が良いので

オーバー入賞は決めやすいです。

ほとんど無調整に近いと、1Rに2個オーバー入賞してくれることもあります。

 

備考

現役トップクラスの爆発力!

牙狼同様にV-STMAXタイプの台です。

右打ち中は15個賞球×10Cが約77%で連チャンするので、

現役のMAXタイプの台の中でも一撃の出玉感はかなりのモノです!!

安定感の無さもトップクラスですが(笑)

 

注目点は、右打ち中の技術介入性です。

元々が甘いボーダーなのに、

オーバー入賞を狙いやすいゲージ、電サポ中の止め打ちによってさらに甘くすることが出来ます。

 

しかし、人気が出そうな台には見えない…。

結局はそこって店の扱いによるんですよね^^;

 

甘い調整で扱ってくれる店を見つけたら、ちゃっちゃと打てるうちに打っちゃったほうが良いですね。

2 Responses to “トランスフォーマー スペック・ボーダー・止め打ち”

  1. A-K より:

    こんにちは^^

    既にこちらでは客が飛んでますwww

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ