エヴァンゲリオン8 止め打ち攻略

エヴァ リツコ

 

 

何気に止め打ち効果が高い!!

エヴァンゲリオン8の止め打ち攻略手順です。

 

-----スポンサーリンク-----

 

エヴァンゲリオン8 止め打ち

■開放パターン

  • セグ左
    ショート×3、インターバル、ショート
  • セグ中
    ショート×2、インターバル、ショート×2
  • セグ右
    ショート、インターバル、ショート×3

 

止め打ち

  • 全開放共通手順
    4回目の開放が開いたら2個
  • セグ左
    1回目の開放中間くらいで1個or2個
    3開放目が開いたら2個
    (2回目の開放は捨てる)
  • セグ中
    2開放目が開いたら1個or2個
    一瞬間を空けて、1個or2個
    (2回目の開放を捨てる)
  • セグ右
    1開放目が閉じる直前に1個or2個
    一瞬間を空けて、1個or2個
    一瞬間を空けて、1個or2個

 

 

 

別に旬の機種ではないですが、

実はけっこう甘い機種なので、止め打ち記事を書きました。

なにが甘いかって言うと、右ゲージはほとんどコボシがないんで

スルーさえ通れば止め打ちで増やすことが出来ます。

2個賞球ですが、電サポ率もそこそこ高く、慣れれば1回転あたり1個以上増えるので、

オススメの一台です。

 

1個or2個と表記したのは、ビスティのハンドルの癖で

2個飛ぶ時と飛ばない時があるからです。

スルーが通る台を見つけられれば、ローテーションで使えるかも知れませんね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ