P暴れん坊将軍 炎獄鬼神の怪 設定付|設定差・演出信頼度・保留・スペック・ボーダー

P暴れん坊将軍 炎獄鬼神の怪 設定付
©藤商事

P暴れん坊将軍 炎獄鬼神の怪 設定付の機種情報のまとめです。

  • スペック
  • ボーダー
  • 止め打ち
  • 演出信頼度

などについてお伝えします。

導入日・機種概要

導入日

導入日 2019年12月2日
メーカー 藤商事
ゲーム性 V-ST、設定付
導入予定台数

機種概要

P暴れん坊将軍 炎獄鬼神の怪 設定付 筐体

2019年2月に発売されたP暴れん坊将軍 炎獄鬼神の怪の設定付甘デジが登場。

親機と同じく2段階の設定で、右打ち中のST突入率は100%、継続率は約75%(設定6時)となっている。

また、右打ち中の大当りは、30%が10R・1000個の出玉で爆発力にも期待が持てるスペックとなっている。

スペック・大当たり振り分け

設定別大当り確率

設定 通常時 確変中
1 約1/99.9 約1/83.6
6 約1/88.1 約1/73.7

基本スペック

賞球数 ヘソ 4個
電チュー 1個
アタッカー 12個×9C
その他
大当り出玉
(払出し)
10R 1110個
4R 450個
2R 230個
ST突入率 ヘソ 40%
電チュー 100%
ST継続率 設定1 約70.0%
設定6 約74.5%
ST回数 100回
電サポ回数 30 or 100回

大当り振り分け

ヘソ入賞時
ラウンド 電サポ回数 割合
4R確変 100回 30%
2R確変 100回 10%
4R通常 30回 60%
電チュー入賞時
ラウンド 電サポ回数 割合
10R確変 100回 30%
4R確変 100回 70%

※電サポ中にヘソ保留で当選した場合は時短100回

ボーダー

ボーダーライン・表記出玉
設定 等価 3.57円 3.33円 3.03円 2.50円
1 22.2 22.8 23.3 23.8 25.0
6 16.4 16.9 17.2 17.6 18.5
ボーダーライン・出玉5%減
設定 等価 3.57円 3.33円 3.03円 2.50円
1 23.5 24.1 24.6 25.1 26.4
6 17.3 17.8 18.1 18.5 19.5
実践時間 6時間
大当り出玉 10R 990個
4R 390個
2R 190個
電サポ中の増減 1回転あたり-0.5個

ゲーム性解説

通常時の初当り

  • 暴れんボーナス…4R確変
  • 吉宗乱撃ゾーン…2R確変
  • 鬼哭ボーナス…4R通常
  • 初当りは4R or 2Rで、その内40%が確変大当りとなる。

    確変大当り時は、大当り消化後に殲鬼RUSHに突入。

    通常大当り時は探鬼モードへ突入する。

    電サポ「殲鬼RUSH」

    状態 確変
    大当り確率 設定1 約1/83.6
    設定6 約1/73.7
    ST回数 100回
    電サポ回数 100回
    引き戻し率 設定1 約70.0%
    設定6 約74.5%

    ST100回転の電サポモード。

    吉宗が登場すれば、10R大当りの期待大。

    電サポ「探鬼モード」

    状態 確変
    大当り確率 設定1 約1/99.9
    設定6 約1/88.1
    電サポ回数 30回
    引き戻し率 設定1 約26.1%
    設定6 約29.0%

    電サポ30回の時短モード。

    ST突入時に、ヘソ保留で当選した場合(通称:ヘソ落ち)時短100回となる。

    電サポ中の大当り

  • 極暴れんボーナス…10R確変
  • 暴れんボーナス…4R確変
  • 電サポ時の大当りは、全て確変大当り。

    消化後は殲鬼RUSHへ突入する。

    設定判別

    ノーマルリーチ時の六図柄ハズレ

    設定 出現率
    1 1/137
    6 1/98

    ノーマルリーチ時のハズレ図柄に注目。

    六図柄のみ設定差が設けられており、設定6の場合は出現率がUPする。

    他の図柄出現率は、設定を問わず均等。

    大当り終了時のインターバル画面

    パターン 示唆内容
    発生しない デフォルト
    超大吉 設定6濃厚

    大当り終了時の画面で、矢文が飛んでくると設定示唆演出が発生する。

    超大吉発生なら、設定6濃厚!

    予告演出

    演出情報はP暴れん坊将軍 炎獄鬼神の怪|演出信頼度・保留・ボーダー・スペックを参照してください。

    公式サイト

    P暴れん坊将軍 炎獄鬼神の怪 設定付_藤商事公式サイト
    ※リンクは親機の機種情報サイトとなります。

    管理人の評価

    甘デジverが登場しましたが、設定とか関係なしに年配層への人気が出そうです。

    前作のCR暴れん坊将軍 怪談 甘デジも、長期稼働となり根強いファンがいましたからね。

    前作は検定も切れているため、その代わりとして運用されていくと思います。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    ブログ内検索

    このページの先頭へ