CRバスタード|潜伏確変・止め打ち・スペック・ボーダー

バスタード パチンコ

CRバスタード-暗黒の破壊神-のスペック情報まとめです。

-----スポンサーリンク-----

目次(タップで移動します)

スペック

■大当たり確率
1/159.8 ⇒ 1/39.98

■賞球数
ヘソ:3個
電チュー:2個
アタッカー:13個

■大当たり出玉
【賞球13個×7カウント】
12R:約960個
9R:約720個
6R:約490個
3R:約240個

■確変突入率
100%

■確変転落率
1/394.8

■継続率
ラッシュ継続率約93.8%

■大当たり振り分け
※カッコ内は電サポ回数
【ヘソ・内部通常時】
12R確変(100回+転落まで):0.5%
9R確変(24回):3%
9R確変(20回):1%
9R確変(16回):1%
6R確変(24回):2%
6R確変(20回):2%
6R確変(16回):6%
3R確変(24回):8%
3R確変(20回):8%
3R確変(16回):29%
3R確変(なし):39.5%

【ヘソ・内部潜伏時】
12R確変(100回+転落まで):0.5%
9R確変(12回):3%
9R確変(10回):1%
9R確変(8回):1%
6R確変(12回):2%
6R確変(10回):2%
6R確変(8回):6%
3R確変(12回):8%
3R確変(10回):8%
3R確変(8回):10%
3R確変(なし):58.5%

【電チュー】
12R確変(100回+転落まで):0.5%
9R確変(100回+転落まで):5%
6R確変(100回+転落まで):10%
3R確変(100回+転落まで):84.5%

ボーダー

交換率表記出玉出玉5%減
4.0円19.220.2
3.6円19.820.6
3.3円20.121
3.0円20.621.5
2.5円21.722.6
ボーダー算出条件
  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉
  • 電サポ中の増減なし

潜伏確変・やめどきについて

本機は大当たり終了後に100%確変に突入しますが、1/394.8で確変転落する転落型のスペックです。

よって、通常時は潜伏状態に滞在している割合が多くなります。

大当たり確率は通常時が1/159.8で潜伏確変中は1/39.98と約4倍の差があります。

ただし、潜伏中の大当たりは電サポの回数が冷遇されます。

初当たり後の電サポ引き戻しでラッシュ突入を目指すゲーム性なので、電サポ回数は非常に重要。

それでも、潜伏中だけを狙うことが出来れば期待値はあると思いますが、いつ転落したかが分からないので効率は悪くなってしまいますね。

潜伏ループも多いので。

一応、下記のステージ中は潜伏示唆なので抜けるまで打っても良いと思います。

ハーレムステージ

バスタード ハーレムステージ

美形度示唆演出

バスタード 美形度示唆演出

やめどき

最適なやめどきはラッシュ終了後となります。

ラッシュ終了時は通常状態濃厚なので。

それ以外の場合はある程度回してやめる方が良いと思います。

100回転程度まで回せれば問題ないかと思います。

ゲーム性解説

初当たり

初当たりは基本的にはバトルボーナスの結果で電サポに突入するかどうかが決まります。

ラウンド中に画面が消灯すれば「スペシャルボーナス」となり、電サポ突入が確定します。

無双ボーナス当選なら、ラッシュ突入となります。

チャレンジタイム

8~24回の電サポ状態です。

ここで大当たりを引くことが出来れば電サポ100回+確変転落まで継続するラッシュに突入します。

ラッシュ

電サポ100回転+転落まで継続する電サポモードです。

連チャン率は約94%、平均約16連となっています。

転落しても100回転までは電サポが継続し、通常時の大当たり確率も1/159なので十分に引き戻すことが出来ますね。

D・S休憩モード

バスタード D・S休憩モード

ラッシュ終了後、もしくは電サポなし当たり後に突入するモード。

ラッシュ終了後であれば内部的に通常状態確定となるので、理想的なやめどきとなります。

止め打ち

電チュー開放パターン
  • 1セット4開放
  • ショート×4回
止め打ち手順

①1回目が開くと同時に1個
②2~4回目は閉じると同時に1個
③繰り返し

電チュー賞球は2個ですが開放パターンは簡単です。

同じニューギンの009と同じような感じです。

が、この台のスルーゲージは致命的に悪いので、無調整でも枯れてしまうと思います。

そのため、スルーが足りているときだけ単発打ち、それ以外は打ちっぱなしなどで工夫して打ちましょう。

そこまで玉を増やせる台ではありません(-。-)y-゜゜゜

演出

下記のページでまとめてあります。
バスタード 保留変化・予告演出・リーチ信頼度

評価

確変転落型の特殊スペックです。

最近このような台が増えてきたのは確変率の上限の規制のためですかね??

このようなスペックであれば規制に引っかからずに高継続率の台を作ることが出来るみたいです。

なんかこの台スルーもゲージ辛いし、潜伏中も狙いづらいしイヤらしい台ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ