CR悪魔城ドラキュラ|スペック・ボーダー・演出

悪魔城ドラキュラ

悪魔城ドラキュラのスペック・ボーダー・演出についてです。

目次

スペック

■大当たり確率
1/399.61⇒ 1/129.26

■賞球数
ヘソ:3個
電チュー:3個
アタッカー:15個

■大当たり出玉
16R:約2160個
8R:1080個

■確変突入率
ST突入率54%・190回転まで継続

■ST継続率
約77%

■大当たり振り分け
【ヘソ】
16R確変(ST190回): 25%
8R確変(ST190回): 29%
8R通常(時短100回): 46%

【電チュー】
16R確変(ST190回): 70%
8R確変(ST190回): 30%

ボーダー

1000円(250玉)あたりのボーダー
交換率表記出玉出玉5%減
4.0円18.219.1
3.6円2021
3.3円2021
3.0円2122
2.5円2325
算出条件
  • 上記スペック出玉
  • 6時間遊戯
  • 電サポ中の増減無し

ゲーム性解説

本機はオーソドックスなV-ST機のため、潜伏確変は搭載しておりません。

そのため、電サポ中以外ならいつやめてもOKです。

初当たり

悪魔城ドラキュラ 初当たり

初当たり時はST突入を賭けたバトルが発生。

相手を倒すことが出来れば、ST突入。

敵の種類は3人で、ダークナイト<ミノタウロス<スケルトンの順にチャンスとなります。

悪魔城ボーナス

悪魔城ボーナス

電チューでの大当たりは、悪魔城ボーナスとなります。

EXTRAなら、16Rとなります。

ラウンド中にEXTRAへ昇格することもアリ。

ST「悪魔城RUSH」1~90回転

悪魔城RUSH

1~90回転までは、ボタン連打や一撃演出での即当たりがメインとなります。

突発大当たりもあるので目が離せませんね。

ST「悪魔城RUSH」91回転~

悪魔城RUSH

ST91回転目以降は、バトル演出での大当たりがメインとなります。

ドラキュラに遭遇した場合は、その時点で大当たり確定となり、バトル勝利できれば16R獲得となります。

時短

悪魔城ドラキュラ 時短

初当たりでバトル敗北時は、100回転の時短へ突入する。

演出はST中の91回転~と同じ。

激アツ演出

リヒターカットイン

リヒターカットイン

画面割れの後にグランドクロスを放つリヒターのムービーが流れれば激アツとなります。

演出発生契機はリーチ後のボタン演出が出現する場所なので、
ボタンが出現しなければリヒターカットインのチャンスとなります。

悪魔城ゾーン

悪魔城ゾーン

先読みの背景予告です。

ドラキュラムービーからの演出成功が主な発生契機となっていて、その際にドラキュラが炎を纏っていれば突入のチャンスです。

肉球柄

悪魔城ドラキュラ 肉球柄

TAKASAGOの激アツ柄が肉球柄です。

様々な出現パターンがあり、発生時は効果音を伴うので分かりやすいと思います。

3人vsリーチ

3人vsリーチ

本機で最も高信頼度のリーチです。

リヒター、マリア、ヴィクトリアの3人が暗黒神官シャフトと戦う。

管理人の評価

うーん…、ちょっと打ちたいとは思わないですねー^^;

スペックも辛いし、突出した部分を感じないので他メーカーのV-STの劣化版にしか見えないです。

気になるとすれば、電チュー賞球が3個なので止め打ちで甘くなりそうなところくらいですかね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ