絶狼 時差ホールで初稼働 止め打ち・捻り打ちについて

激甘スペックと玉増えで有名な絶狼を今更ながら初打ちしてきました!!

玉増えとんでもない事になりますねwこれw

-----スポンサーリンク-----

 

書いてて思ったのが絶狼って漢字変換非常にめんどくさい(´Д` )

 

時差オープンだけあって、ヘソはかなり開けてましたね。

 

牙狼のヘソ

image1

 

絶狼のヘソは撮り忘れるっていう…(´Д` )

 

打ち始めて直ぐに初当たり引いたんですが、

最初の当たりはコレ。

シャンシャンレインボー

image2

 

これがST突入したんですが、画像見返すと

後ろに緑保留っていう爆弾ありますねw

何ともなかったですけれども。

 

電サポは、

うーんなるほど。

 

こりゃ甘いわw

 

羽根横がちょっと削られたくらいじゃ2個は余裕で増えますわw

 

◆23.59/15.82

収支:14,588円

仕事量:27,250円

持玉率:87.39%

回転:1,309/2,250回

電サポ:941/1,001回

増減:1,020/1,085玉

増減率:1.08玉

現金:7,000円

持込玉:0玉

持出玉:0玉

■当:9

0:0:0

1:1,650:6

2:2,200:3

━━━━━━━━━━

機種番号1166

(絶狼 XX-V

1:下6+上6R:1680玉

2:下8+上8R:2240玉)

(サポ抜100#195)

残玉5397

出玉置換2##2200

 

現金7000

301

#100##200

535#1

#100##150

510#1

#195##270

#63#2

#55#2

174#1

#100##100

129#1

#100##100

311#1

#195##200

#33#2

139#1

貸玉1000#250

店名ゴミハン(´Д` )

 

■期待値

持玉率:100%

1,600/33,308円

1,800/37,471円

2,000/41,635円

2,200/45,798円

2,400/49,962円

 

 

僕は初打ちの台はいかに早く止め打ちを完成させるかを意識して打っているんですが、

絶狼は初当たり3回でした。

不器用過ぎ(´Д` )

 

最後の方は2個くらい増えました。

それなりの削りがあった台です。

 

絶狼の止め打ちは、単発が良いとか、1.2.1.2で交互に捻った方が良いとか、

色々ネットに書かれているのを見てはいましたが、オール2個捻りが1番増えますねw

 

牙狼と違ってストップボタンを使うので忙しいですけれども、

効果は絶大!!

 

バネが悪い台だと左に流れたりして上手くまとまらないかも知れませんが、

バネも羽根横も調子良い台なら…、3個イク??(´Д` )

 

ちなみに、台枠が銀色の台と金色の台がありますが、

後者はポコチン(Final)の使い回しです。

 

そのため、バネの性能が劣化している可能性が非常に高い(´Д` )

正直、玉増え命の台なので、打つ前に右に流してチェックしてみても良いでしょう。

 

捻り打ち方法

4回目が開くちょい前からワンツー(開くタイミングでワンツーのツーを打つ感じ)

そのままリズムよくワンツーを3回

 

金色とは違い、ストップボタンを使うので忙しくなりますが、

タイミングが合ってくるとメチャ楽しいです。

 

2 Responses to “絶狼 時差ホールで初稼働 止め打ち・捻り打ちについて”

  1. A-K より:

    こんにちは^^

    そんな簡単にマスターしてしまうとは・・・。
    やはり今までの努力の結晶ですね♪

    自分は下手過ぎて練習しまくってますw

    • トキ より:

      >A-Kさん

      こんにちは。

      まあ、絶狼は簡単な方ですからw
      仮面ライダーとか結構苦手です^^;

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ