管理人プロフィール

 

はじめまして!トキといいます。

 

ブログをはじめた現在、19歳でパチプーをしています。

 

僕がパチンコで勝てるようになったきっかけを書いていきます。

 

初めてパチンコを打ったのは高校1年生の時。

友達に誘われてパチンコ屋デビューをしました。

当時はお金も無かったので1パチで遊んでいただけですけどねw

 

しばらくはたまーに1パチを遊びで打ちに行く程度で

そんなに勝っても負けてもいませんでした。

 

しかし、アルバイトを始めてお金に余裕が出来てきてだんだんと

4円パチンコを打つようになりました。

 

まあ、最初は当然のように負け組でした。

 

しかし、今の時代ネットがあるので情報が回るのは早いです。

ある日、ボーダー理論というものをインターネットで知り、

回る台は勝てる!ということがわかりました。

釘読み、止めうちといった技術を覚えていき、徐々に収支は+に変わっていきました。

 

そのころちょうど銭形平次が出始めました。

銭形平次のひねり打ちのやり方も

インターネットで覚えた僕は、アルバイトもやめてパチンコばかり打っていました。

就職は決まっていたので、高校の最後の方の自由登校の期間は、

パチンコ屋と教習所の往復でしたw

銭形と無印の必殺仕事人4をメインに、月30万円ほどの収入を得ていました。

 

そして、無事に高校を卒業し、社会人となりました。

 

全国的にどうなのかはわかりませんが、

僕の地域での高卒の手取り月収はだいたい15万円くらいです。

その中で僕は給料が多くもらえる仕事を選びました。

手取りで21万円ほどです。

 

正直、人生の勝ち組になった気でいました。

しかし、世の中そう甘くはないです。

手取り21万という金額には当然理由があり、

当直勤務(泊まりがけで仕事)を月8回やらなくてはいけませんでした。

当直分の時間を通常の勤務時間に加算すると、月に300時間も会社にいることになります。

 

時給に換算すると、700円程度です…。

当然、仮眠時間も設けられていますが、

それでもパチンコの勝ち方を知っていた僕にとっては効率が悪いとしか思えませんでした。

そしてわずか4ヶ月で退社し、パチプになり現在に至ります。

 

パチプロは、時間を自由に使えたり、遊んでるだけで稼げて良いと思いがちですが、

デメリットは大きいです。

どんなに周りより稼いでいても、所詮は無職なので…。

社会からは信用されず、ローンを組めない、将来結婚出来ない、

などデメリットはたくさんあります。

 

もちろん僕はそれを承知の上でやっているわけですが、

先の見えないこの業界に日々不安を抱えています。

そこで、新しい可能性を求めてブログをはじめました。

 

僕はこのブログ、インターネットを通じて

パチプロのその先、「ネオパチプロ」を目指していきたいと思っています。

誤字脱字が多いと思いますが、ご了承ください。

 

 

また、質問があればtokiryo.6@gmail.comにメールしてください。

くだらない質問でも、僕なりの視点から回答させていただきます。

 

よろしくお願いします。

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ