ギャンブル依存症対策のためパチンコでの客の儲けが5万円以下に。

警察庁から発表された内容

警察庁は、パチンコの標準的な遊技時間(4時間)に客が得られるもうけの上限について、現行の十数万円から5万円を下回るよう出玉規制を強化する方針を固めた。

スロットなどについても同水準に規制を強化する。もうけの上限を引き下げることで、負けた分を一度に取り戻そうとのめり込むリスクを減らすのが狙い。11日に風営法施行規則などの一部改正案を公表し、一般から意見を募る。

カジノ解禁を柱とする統合型リゾート(IR)推進法が昨年12月に成立したのを受け、政府のギャンブル依存症対策の一環として実施する。

警察庁によると、パチンコ依存問題の相談機関「リカバリーサポート・ネットワーク」に相談した人の約7割が、1カ月当たり5万円以上の損失を出していた。

改正案では、遊技時間4時間でパチンコ玉の獲得総数が発射総数の1.5倍に満たないものとする新基準を設けた。現行の3分の2程度に規制を強化し、大当たりの出玉の上限も現行の2400個(9600円相当)から1500個(6000円相当)に引き下げる。

パチンコ店の店長など管理者については、依存問題に関する従業員への指導・教育や客への情報提供などを、施行規則で定める業務に追加するなど規則の一部改正も行う。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170710-00000080-jij-soci

-----sponsored link-----

ツッコミどころ満載ですが

客の儲け?

あれれ~?警察はパチンコが換金出来るとなんで知っているんですかね…?

内容は4時間あたりに勝てる金額が5万円以下というものです。

等価ならパチンコだと12500発、スロットは2500枚が上限の差玉になりますね。

詳しい規制案は明日(11日)に発表される様です。

既に上のヤフーニュースにも反発のコメントが殺到しています。

まあ、そりゃあそうでしょう^^;

一応、一般から意見を募るらしいのでどこまでが採用されるのかはまだ未定です。

勝っても5万円(5万円以上負けないとは言ってない)

4 Responses to “ギャンブル依存症対策のためパチンコでの客の儲けが5万円以下に。”

  1. 名無し より:

    何故パチンコだけ、これほど目の敵にされるのか分かりません。 自分は競馬もしますが、競馬や競艇などの方が上限なく負けれます。勿論逆も然りですが。 そう考えれば、パチンコなんて1日に負けれる金額はせいぜい15万くらい。 競馬とかだと、一点に何十万もかけれる事考えると何かおかしいと感じます。

    • トキ より:

      本当にそうですよね^^;

      色々とツッコミどころ満載な規制内容です。

      • クロロ より:

        なぜパチンコだけなのかは、前回販売中止になったCRアナザーゴッドハーデスの影響が強いみたいです。

        パチンコにおいては規制をかいくぐって爆裂機を開発しようとする節が見えますよね。

        最近のガンツや仕事人の小当たりラッシュもそうです。

        今回の件はパチンコに対する警告であり、おそらくスロットにはそれほどの影響はないと関係者は話していました。

        • トキ より:

          >クロロさん

          そうでしたか!!

          貴重な情報をありがとうございます^^

          まあ、ギャンブル性の高い台を好む方が多いのも事実ですからね…。

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ