CR弱虫ペダル |保留・演出信頼度・スペック・ボーダー

CR弱虫ペダル

CR弱虫ペダルの機種情報のまとめです。

  • 導入日
  • スペック
  • ボーダー
  • 止め打ち手順
  • 保留変化
  • 演出信頼度
  • などについてお伝えします。

    -----sponsored link-----

    ▼目次(タッチで移動します)

    スペック・攻略情報
  • 導入日
  • スペック
  • ボーダー
  • 機種概要
  • ゲーム性解説
  • 止め打ち
  • 演出情報
  • 保留変化
  • 予告演出
  • 通常時のリーチ
  • 電サポ中のリーチ
  • PV・評価
  • PV
  • 管理人の評価
  • 導入日

    導入日 2017年2月6日
    メーカー 平和
    ゲーム性 ライトミドル、確変ループ

    スペック

    大当たり確率 1/221.4
    確変中 1/117.2
    賞球数 ヘソ:4個
    電チュー:1個
    アタッカー:15個
    大当たり出玉 【8カウント×賞球15個】
    15R:約1650個
    8R:約880個
    6R:約660個
    4R:約440個
    確変突入率 ヘソ入賞時:6%
    電チュー入賞時:65%
    電サポ回数 50or100or次回当選まで
    時短引き戻し率 時短100:36.4%
    時短50:20.3%
    大当たり振り分け
    ヘソ入賞時
    ラウンド 電サポ回数 割合
    6R確変 次回まで 1%
    4R確変 5%
    6R通常 100回 79%
    4R通常 50回 15%
    電チュー入賞時
    ラウンド 電サポ回数 割合
    15R確変 次回まで 41%
    8R確変 7%
    6R確変 8%
    4R確変 9%
    15R通常 100回 9%
    8R通常 5%
    6R通常 8%
    4R通常 13%

    ボーダー

    交換率 表記出玉 出玉5%減
    4.0円 19.3 20.3
    3.6円 21.0 22.0
    3.3円 22.0 23.0
    3.0円 23.0 24.0
    2.5円 25.0 27.0
    ボーダー算出条件
  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉
  • 電サポ中の増減なし
  • 機種概要

    自転車競技を題材にした人気漫画「弱虫ペダル」がパチンコ化!!

    確変ループ機ですが、初当たりは振り分けの殆どが時短。いわゆる時短突破型のスペックとなっています。

    電サポ中は50%で15Rと爆発力に期待が持てるスペックです。

    初当たりのメインとなる100回転の時短(チャレンジ・オブ・ロード)を突破出来るかどうかが肝です。

    ゲーム性解説

    初当たり

    弱虫ペダル 初当たり

    通常時の大当たりは図柄揃いの総北BONUSがメイン。

    ボーナス消化後に「チャレンジ・オブ・ロード」へ突入します。

    勝利の執念演出成功時は勝利の結晶BONUSに当選。

    こちらはボーナス消化後に「御堂筋チャンス」へ突入します。

    チャレンジ・オブ・ロード

    弱虫ペダル 時短

    初当たりのメインとなる100回転の時短モード。

    ここで引き戻せるかどうかが勝負のカギとなっている。

    なお、100回転以内に引き戻せる確率は約36.4%です。

    御堂筋チャンス

    弱虫ペダル 御堂筋チャンス

    勝利の結晶ボーナスから突入する電サポモード。

    内部的には確変or通常となっていて、通常だった場合は時短50回転で終了。

    確変の場合は50回転を過ぎても次回大当たりまで継続します。

    トップ・オブ・ロード

    弱虫ペダル 確変

    主にチャレンジ・オブ・ロードからの引き戻しで突入。

    確変か時短か区別が付かない電サポモード。

    100回転を超えると確変状態が確定。

    トップ・オブ・ロード・ハイパー

    弱虫ペダル トップオブロード ハイパー

    御堂筋チャンスは50回、トップ・オブ・ロードは100回の電サポ消化時に発生する継続ジャッジ演出に成功すると突入。

    内部確変が確定するので、次回大当たりまで電サポが継続します。

    電サポ中の大当たり

    弱虫ペダル 電サポ中の大当たり

    電サポ中に大当たりを引くと、ラッシュ演出が発生。

    ラッシュ演出の結果がマックスの1800個なら15RのHYPER CADENCE BONUS、それ以外の場合はHIGH CADENCE BONUSとなります。

    止め打ち

    電サポ中の止め打ち

    電チュー性能
  • 賞球数:1個
  • 開放パターン:1種類
  • 弱虫ペダル 電チュー&スルー

    開放パターン

    ミドル×3回開放

    止め打ち手順
  • 高速変動中
  • 電チューが閉じる直前に3個打ちを繰り返す

  • 高速変動中以外
  • 電チューが閉じると同時に2個打ちを繰り返す

    ※高速変動区間

  • 「TOP OF ROAD」の前半20回転
  • 「TOP OF ROAD HYPER」中
  • 解説

    最近の機種は1個賞球なのに開放が3パターンくらいあったりしますが、本機は1パターンしか無い上に非常に単純です。

    高速変動中は、2個打ちだと保留の消化に間に合わないことがあるので3個打ちがオススメとなっています。

    確変中の確率が1/117.2と重く、電サポ滞在が長い機種なので止め打ちの効果は高いです。

    1日単位で考えると結構な差が生まれてくるのでしっかり実践して出玉を節約したいところです。

    大当たり中のオーバー入賞狙い

    アタッカー性能
  • 賞球数:15個
  • カウント数:8カウント
  • 弱虫ペダル アタッカー

    手順

    アタッカーに7個入賞したら打ち出しを停止
    8個目を弱めに打ち出し、9個目を強く打ってオーバー入賞を狙う

    弱虫ペダル 捻り打ち

    解説

    アタッカーは道中にこぼしが無い優秀なゲージと言えます。

    おまけ入賞口も付いていて、入ればお得です。

    ここは高換金率のお店では潰されそうですけどね~^^;

    オーバー入賞を狙うことは可能ですが、天井に段差が付いていて弱め打ちが難しくなっています。

    難しいと感じたら、ラウンド間のみ止める簡易手順で問題無いです。

    保留変化

    弱虫ペダル 保留変化

    保留パターン 信頼度

    保留色の強さは従来の機種と同様。

    赤以上でチャンスとなり、期待が持てます。

    予告演出

    金系予告

    弱虫ペダル 金系予告

    様々な演出パターンで出現の可能性あり。

    金系が出現すればチャンスとなります。

    タイマー予告

    弱虫ペダル タイマー予告

    平和機種お馴染みの予告。

    タイマーの数と色で信頼度が変化します。

    ROAD RIDINGギミック

    弱虫ペダル 役モノ

    ペダルをモチーフとした役モノ演出。

    勝負どころや大当たり時などに可動します。

    通常時のリーチ

    ストーリーリーチ

    弱虫ペダル ストーリーリーチ

    信頼度
    75%

    「弱虫ペダル」の名場面を凝縮したストーリーリーチは発展で激アツです。

    本機最強リーチとなっています。

    タイムトライアルリーチ

    弱虫ペダル チームタイムトライアル

    パターン 信頼度
    スーパー発展演出経由 44%
    ホワイトアウト経由 59%

    タイムトライアルリーチは、経由した演出によって信頼度が変化します。

    ホワイトアウト経由の方が信頼度は高いです。

    SPリーチ

    弱虫ペダル SPリーチ

    パターン 信頼度
    前半 5%
    後半 29%
    CLIMAX 59%

    全3種類存在するSPリーチは、いずれも3段階に発展します。

    CLIMAX発展で激アツとなります。

    電サポ中のリーチ

    弱虫ペダル RUSH中のリーチ

    リーチパターン 内部通常時 内部確変時
    全員協力リーチ 当選濃厚
    加速リーチ 当選濃厚
    2人合流リーチ 60% 82%
    ダブルアタックリーチ 58% 76%
    フリーズリーチ 29% 60%
    ROAD RIDINGリーチ 24% 47%
    CADENCE UPリーチ 14% 31%
    シャッターリーチ 8% 10%

    電サポ中は多彩なリーチパターンが存在します。

    どれも内部状態が確変か通常かで信頼度が変化。

    PV

    管理人の評価

    弱虫ペダルは先にパチスロの方が出ていますね。

    スペックは単発こそ多いものの、連チャン力もあり悪くない印象です。

    本機は右打ち中に引き戻せば時短引き戻し込みで約77%ほどあります。

    確変継続率は65%までという規制がありますが、実質的に高継続率の台なら作ることが出来るんでしょうかね…?

    本当、この業界の規制って曖昧ですよねー。

    One Response to “CR弱虫ペダル |保留・演出信頼度・スペック・ボーダー”

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    ブログ内検索

    このページの先頭へ