CR銭形平次withでんぱ組inc. スペック・ボーダー

CR銭形平次withでんぱ組inc.

CR銭形平次withでんぱ組inc.機種情報についてです。

  • 導入日
  • スペック
  • ボーダー

などについてお伝えします。

-----sponsored link-----

導入日

導入日 2017年1月23日
メーカー 高尾
ゲーム性 ライトミドル、ST

スペック

大当たり確率 1/256.0
確変中 1/73.8
賞球数 ヘソ:4個
電チュー:1個
アタッカー:15個
大当たり出玉 【10カウント】
16R:約2330個
12R:約1770個
8R:約1180個
4R:約590個
確変突入率 ST突入率100%
電サポ回数 73回
ST回数 77回転まで
継続率 ST77:65%

大当たり振り分け

ヘソ入賞時
ラウンド 電サポ回数 振り分け
12R確変 73回 35%
4R確変 51%
RUB16R確変 0.5%
RUB12R確変 0.5%
RUB8R確変 1%
RUB4R確変 12%
電チュー入賞時
ラウンド 電サポ回数 振り分け
16R確変 73回 3%
12R確変 56%
4R確変 29%
RUB16R確変 0.5%
RUB12R確変 0.5%
RUB8R確変 1%
RUB4R確変 10%

ボーダー

交換率 表記出玉 出玉5%減
4.0円 18.7 19.6
3.6円 19.9 20.9
3.3円 20.6 21.7
3.0円 21.7 22.8
2.5円 24 25.3
ボーダー算出条件
  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉
  • 電サポ中の増減なし

ゲーム性解説

基本的には京楽の銭形のゲーム性に近い感じです。

大当たり終了後、必ず73回転の電サポ付きSTに突入します。

電サポは73回転で終了しますが、STは77回転(電サポ終了後4回分の保留を含む)まで継続します。

継続率は約65%となっております。

演出

止め打ち

管理人の評価

なぜ、京楽から出ていないのかと言いますと、高尾が銭形平次の版権を買い取ったからのようですね。

ちなみに、京楽の銭形平次は2011年4月に導入された機種なので、今から約6年弱前の機種です。

甘いスペック(等価ボーダー約16)、演出のデキの良さ、止め打ちの効果の高さなどから非常に人気の出た台でした。

マックスタイプ全盛期だった当時に、銭形平次という大当たり確率約1/200のライトミドルスペックが突然食い込みましたからね。

僕自身も結構打ち込んだ機種なのですが、あのスペックがパチンコの一つの完成系だと思うんですよね。

ライトミドルってコンテンツを作り上げた京楽ですが、銭形の版権を手放さなきゃいけないくらいにもうお金がないのでしょうか…。

高尾が特別嫌いなわけではないんですが、銭形の続編は京楽から出してほしかったですね。

スペックだけでなく、タイアップするアイドルのレベルも劣化…。

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ