北斗無双の赤保留が空気で当たらない理由を解説

北斗無双 赤保留 当たらない

今回はCR真・北斗無双赤保留が何故あんなにも当たらないのか、というテーマを考察してみたいと思います。

北斗無双を打った経験がある人なら必ず感じる赤保留の空気具合…。

本当に信頼度合ってんのか!?

目次(タッチで移動します)
-----スポンサーリンク-----

保留変化信頼度をおさらい

まずは保留変化のトータル信頼度をおさらいしてみましょう。

保留パターン 信頼度
青保留 約3%
緑保留 約12%
赤保留 約30%
金保留 約79%
神拳ゾーン保留 約7%

ほとんどの方が上記の信頼度で認識されているかと思います。

赤保留は約30%、金保留が約80%の信頼度。

赤保留の信頼度は30%。

つまり、約3回に1回は大当たりに結びつくはず。

しかしながら、打ち込んでいる方ならお分かりだと思いますが、体感では3回に1回も当たりませんw

私も北斗無双は結構打ち込んでいますが、赤保留の信頼度は体感だと20%程度です。

個人差あると思いますが、3回に1回は当たっているという方は殆どいないんじゃないかと思います。

赤保留が当たらない理由

それでは、何故こんなにも赤保留が当たらないのかについて考察してみます。

北斗無双は保留変化演出の発生率が非常に高く、初当たりの半分以上が保留変化を伴います。

それだけ保留変化が重要な台となっています。

保留変化の法則として、決戦系リーチ(強SPリーチ)発展時に青or緑保留だった場合は赤保留以上への変化が濃厚となります。

(変化しなかった場合は確定!?)

最初に赤保留の信頼度は約30%とご紹介いたしましたが、実は赤保留に変化するタイミングで大きく信頼度が変化します。

変動中に赤保留に変化時
変化タイミング 変動開始時通常保留 変動開始時青保留
擬似連なし 53% 49%
擬似2 52% 47%
擬似3 50% 41%
弱リーチ発展時 52% 46%
強リーチ発展時 31% 25%
先読みでの赤保留変化時
変化タイミング 信頼度
保留1で変化 30%
保留2で変化 48%
保留3で変化 57%
保留4で変化 67%

擬似連なしというのは、SPリーチ発展前に赤保留に変化し、擬似連を伴わなかった場合です。

例えば、保留始動時に通常保留、擬似連なしでSP発展前に赤保留に変化した場合の信頼度が53%ということになります。

なお、緑保留スタート時の信頼度が無いのは、青保留でSPリーチに発展した場合は緑保留以上への変化が濃厚となるためです。

(ややこしくてすみません。)

これを見てもらえれば分かる通り、強SP発展時の赤保留変化がかなりサムいのです。

青保留スタートの場合、強SP発展時以外での変化はどれも40%を超えるのに、強SP発展時の変化は25%ほどしかありません。

強SPリーチ発展時が保留変化の最終タイミングとなるため、金保留への変化が期待できないっていうのも理由の一つですね。

青or緑保留スタートから決戦系リーチに発展したタイミングで赤保留へ変化。

このパターンがかなりサムい!!

サムい上に、発生頻度が多すぎる!!

っていうのがこの台の演出がつまらない原因でもあります。

上記パターン(青or緑保留スタート)の場合は激アツ系演出が最低でも1つは絡まないと全く期待が出来ません。

赤保留+激アツ系無しの場合は10%以下と思ったほうが良いです。

赤保留で期待しても良いパターン

赤保留変化で期待できるパターンは以下の通りです。

  • 保留2個目以上で赤保留に変化
  • 強リーチ発展時以外で赤保留に変化
  • ▼激アツ系演出との複合

北斗無双 激アツ系演出

赤保留への変化は早ければ早い方がアツくなります。

これは、金保留へ変化する可能性も含まれているからですね。

特に、保留4個目が入った瞬間に赤保留に変化すれば信頼度約67%と、3回に2回は大当たりに結びつきます。

決戦系リーチへ発展時に赤保留に変化するパターンでも、激アツ系演出と複合すれば期待は出来ます。

激アツ系一つじゃ心もとないので、出来れば二つは欲しいところですね。

とにかく、激アツ系無し+決戦系リーチ発展時に赤保留に変化する激サムパターン以外であれば、期待は出来るということです。

まとめ

  • 決戦系リーチ発展時の赤保留変化がデフォルトとなっているため、赤保留の信頼度が低くなっている。
  • 保留2個目以上での赤保留変化や激アツ系演出との複合なら期待してもOK!!(ただし、過度の期待は禁物)
  • この保留変化のバランスさえ良ければ…。

    スペックが良いだけに、残念な演出です^^;

    ▼CR真・北斗無双に関する他の情報は以下の記事にまとめています。

    10 Responses to “北斗無双の赤保留が空気で当たらない理由を解説”

    1. 北斗無双好きやねん より:

      北斗無双は何気に神拳ZONEがチャンスアップの役割を果たしていないのが凄い。

      大当たりに殆ど絡まないから寧ろチャンスダウンに近い。

      • トキ より:

        >北斗無双好きやねんさん

        コメントありがとうございます!!

        そうですね…。激アツ演出の中ではかなり弱いですよね^^;

        北斗無双2では演出バランスが改善されていると良いのですが…。

    2. 匿名 より:

      所詮演出はその通りなんで、台の仕様として当たり時の演出になんで赤保留を選択しにくくしてるの?って書き方の方が合ってるのかもな

    3. 雑魚ケンシロウ より:

      トータル30万回以上回していますが、赤保留の信頼度は12.5%ぐらいですね。赤保留に至るタイミングやルートで信頼度は当然違いますが、当然ながら当たりに結びつく赤保留は出にくく、フェイクの赤保留は出やすい訳ですから、やはり合算で見ればそんなものです。
      金保留も、合算すれば50%ぐらいですね。

      • トキ より:

        >雑魚ケンシロウさん

        無双プロキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

        SP発展時の赤変化は特に寒いですよね^^;

    4. うしお より:

      どうゆー計算したら30%が3回に1回は当たるってゆー確率になるんですかね?ww

      • トキ より:

        >うしおさん

        そんなツッコミをいただいたのは初めてです。

        30%とするなら3.33回に1回当る計算ですが、小数点以下切り捨てで約3回に1回と記載しています。

        「約」と付けてありますし、ニュアンスで分かると思うのですが…。

      • 匿名 より:

        うしおさんガイジですか?

    5. アカギ より:

      当たるときは当たる。
      ノーマルリーチでも当たる
      そんなもんよ

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    ブログ内検索

    このページの先頭へ