義風堂々~兼次と慶次~ システム・スペック・ボーダー・演出

義風堂々 筐体

義風堂々~兼次と慶次~のシステム・スペック・ボーダー・演出についてです。

本機は花の慶次のスピンオフ作品で、新システム「戦ランクアップシステム」を搭載しております。

新システムといっても、そこまで難しいものではないので、この記事で詳しく解説致します^^

-----スポンサーリンク-----

 

スペック

◆大当たり確率

1/399.6 ⇒1/60.3

◆賞球数

ヘソ・電チュー 3個

アタッカー 15個

◆大当たり出玉

15R: 1850個

4R: 490個

◆確変突入率・継続率

82%

◆大当たり振り分け

▼ヘソ・「極戦への道モード」中

4R確変(極戦モード突入・電サポ次回まで): 33%

4R確変(極戦への道モード突入・電サポ次回まで): 49%

4R通常(時短7回): 18%

▼「極戦モード中」

15R確変(電サポ次回まで): 77.5%

突然確変(電サポ次回まで): 4.5%

突然時短(時短7回): 18%

 

システムや仕組みについて解説

本気には、「戦ランクアップシステム」と何だかややこしそうなシステムがありますが、意外と単純です。

 

まずは、ヘソからの初当たりを目指します。

ヘソからの大当たりの33%は、プレミアム確変やスーパー確変状態と呼ばれる極戦モードへ突入します。

残りの確変比率の49%は、ヘソからの振り分けと同じのまま確変状態へ移行します。

 

なぜ、こういったシステムになっているかというと本機には、電チューが2つあるんですよね。

1つ目は、ヘソからの振り分けと同じノーマル確変の電チュー。

2つ目は、極戦モード(プレミアム確変)時の専用電チューです。

 

そのため、確変へ突入しても、33%の極戦モードの振り分けを引かなければ、

4R確変がループすることになります。

 

けっこう簡単じゃないですか?^^

潜伏確変は搭載していないので、右打ち時以外はいつやめてもOK。

 

単純ですが、1/3の振り分けを引かなければまとまった出玉を得られないので、

かなり荒れそうなスペックです(笑)

その分、極戦モードへ入ってしまえば、8割弱で約1800玉が得られる振り分けとなっているので、

一撃の出玉はかなり強いです!!

 

ボーダー

◆交換率別ボーダー
  • 4円: 16.9
  • 3.5円: 18
  • 3.3円: 19
  • 3円: 20
  • 2.5円: 22
  • ◆ボーダー算出条件

    出玉5%減、6時間遊戯

     

    止め打ち

    本機の電チューは少し特殊で以下の通りです。

    ①スルー通過でベロ開放

    ②チューリップ(電チュー)開放

    AKBと同じ感じですね。

    まだ打ってなくて、後ろで見ていただけなんですが^^;

     

    止め打ち手順

    ①ベロに玉が拾われる直前に打ち出し停止

    ②電チューが閉じたら打ち出し再開

     

    簡易手順なので、そこまで効果が高いわけではなさそうですが、

    止め打ちしないで打ちっぱなしにしていると、必ず玉が減るので行いましょう。

     

    激アツ演出

    義風堂々演出

    義風堂々 演出

    信頼度:62%

    原作のタイトルロゴが出現する激アツ演出。

     

    軍神謙信ゾーン

    軍神謙信ゾーン

    信頼度:63%

    期待度60%オーバーとかなり高い先読み演出。

    他の激アツ演出との複合でさらに期待が持てます。

     

    修羅演出

    修羅演出

    信頼度:73%

    リーチ発展時に発生することがある。

    兼次発展演出⇒義とは演出⇒修羅演出とランクアップして出現する。

     

    堂森回想チャンス

    堂森回想チャンス

    信頼度:82%

    信頼度82%と激アツ系演出の中でもかなりの高期待度を誇る。

    演出発生時は、最終ボタンが必ず天運ボタンに変化します。

     

    最終決戦リーチ

    最終決戦リーチ

    信頼度:85%

    本機最強リーチ。

    マックスタイプで、出玉の期待感が高いので、

    外したら泣いて良いレベル…!!( ゚Д゚)

     

    感想

    ボーダーが激甘な上に技術介入性も高いので、

    それなりに期待してる台ですね。

    ゲーム性は以外と単純ですが、メチャクチャ荒い台なので怖いです(笑)

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    ブログ内検索

    このページの先頭へ