CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃|演出信頼度・保留・スペック・ボーダー

CR真・花の慶次 漆黒の衝撃 

CR真・花の慶次2 漆黒の衝撃の機種情報のまとめです。

  • スペック
  • ボーダー
  • 止め打ち
  • 激アツ演出

などについてお伝えします。

導入日・機種概要

CR真・花の慶次 漆黒の衝撃 筐体

導入日

導入日 2018年8月7日
メーカー ニューギン
ゲーム性 確変転落方式
導入予定台数 約15,000台

機種概要

新たに漆黒の筐体を纏った真・花の慶次2がここに見参。

出玉数の増加に伴い連チャン時の破壊力はかつてない領域へ…

この夏は「漆黒の衝撃」をホールで体感するがいい!

スペック

スペック

大当り確率 1/319.7
確変中 1/145.3
転落確率 1/270.8
賞球数 ヘソ…4個
電チュー…1個
アタッカー…15個
大当り出玉 【賞球15個×10C】
16R…約2400個
6R…約900個
確変突入率 55%
確変継続率 約65%
電サポ回数 100回 or 100回+転落まで
時短引き戻し率 約26.9%
備考 V-確変
確変転落
保8優先

大当り振り分け

ヘソ入賞時
ラウンド 電サポ 割合
6R確変 100+α 55%
6R通常 100回 45%
電チュー入賞時
ラウンド 電サポ 割合
16R確変 100+α 100%

ボーダー

交換率 表記出玉 出玉5%減
2.5円 22.3 24.1
3.0円 20.5 22.1
3.3円 19.7 20.8
3.57円 19.2 20.7
等価 18.3 19.9
▼ボーダー算出条件
  • 1000円(250玉)あたりのボーダーライン
  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉
  • 電サポ中の増減-0.5個

ゲーム性解説

通常時の初当り

  • 前田慶次郎利益BONUS…6R確変大当たり
  • 悪魔の馬BONUS…6R確変or通常大当たり
  • 一夢庵BONUS…6R確変or通常大当たり

前田慶次郎利益BONUS当選時は大当たり消化後に確変「真・RUSH」突入。

悪魔の馬BONUSは慶次が松風を乗りこなせば大当たり消化後に確変「真・RUSH」突入、失敗の場合は時短「傾奇RUSH」へ突入。

一夢庵BONUSは名言を4つ集めることができれば大当たり消化後に確変「真・RUSH」突入、失敗の場合は時短「傾奇RUSH」へ突入。

確変「真・RUSH」

状態 確変 or 通常
大当たり確率 確変…1/145.3
通常…1/319.7
転落確率 1/270.8
電サポ 100回 or 100回+転落まで
確変継続率 約65%

大当たり当選or転落当選まで継続する右打ち電サポモード。

突入時は必ず確変から開始され、電サポ100回転までに転落当選した場合でも電サポ100回までは保証されます。

100回転以降も確変から転落していなかった場合は「決着ゾーン」へ移行します。

電サポ中は3種類の演出タイプから選択でき

  • 真傾奇RUSH…ストーリータイプで、憤激の秀吉演出がメイン
  • 一騎駆RUSH…城門突破タイプで、蒼軍VS紅軍の演出がメイン
  • 西班牙RUSH……バトルタイプで、図柄テンパイからのバトル演出がメイン

になります。

決着ゾーン

状態 確変
大当たり確率 1/145.3
転落確率 1/270.8
電サポ 大当たりor転落まで

確変が101回点以上継続した場合に突入する右打ち電サポモード。

大当たりするか転落するまで継続します。

図柄がテンパイした時点で大当たりor転落が決まっており、転落の場合は即通常時に戻ります。

傾奇RUSH

状態 通常
大当たり確率 1/319.7
電サポ 100回
引き戻し率 約26.9%

初当たりが6R通常の場合だった突入する右打ち電サポモード。

突入時点で内部確変の可能性はなく、時短状態が確定です。

電サポ中に引き戻せれば16R確変になるので、頑張りどころですね。

止め打ち

※以下に掲載してある画像は前作のもの

電サポ中の止め打ち

▼電チュー性能
  • 賞球数:1個
  • 開放パターン:3種類
  • おまけ入賞口賞球数:3個
  • ▼電チュー開放パターン

    CR真・花の慶次2 止め打ち

  • 左点灯……ロング開放×1回
  • 右点灯……ミドル → ショート
  • 左右点灯……ショート → ミドル
  • 消灯……ハズレ
  • ※ロングは7個、ミドルは4個、ショートは2個入賞するくらいの開放時間です。

    ▼止め打ち手順

    手順①…最後の開放が閉じる直前に打ち出し開始

    手順②…2個打ち出したら打ち出し停止し、ランプをチェック

    手順③…左点灯時……3個打ち出し
         右点灯時……2個打ち出し
         左右点灯……4個打ち出し

    手順④…手順①に戻る

    ▼解説

    電チューはヘソの真下にあります。

    電チュー自体の拾いがあまり良くない上に、直前にコボシがあって削られているとかなりの頻度でこぼれます。

    CR真・花の慶次2 電チュー

    おまけ入賞口はスルーとアタッカーの間にあります。

    おまけ入賞口は3個賞球で、これにより出玉減少を抑えてくれる役割があります。

    CR真・花の慶次2 おまけ入賞口

    打ちっ放しにすると確実に減ってしまいますが、止め打ちを実践すれば-0.15個~現状維持位には出来ます。

    もちろんオマケ入賞口への入賞次第になりますが…

    なお、101回転以降のテンパイ後は電サポの作動が止まりますので、打ち出しを停止して当たることを祈りましょう。

    大当り中のオーバー入賞狙い

    ▼オーバー入賞狙いの手順
  • アタッカーに8個入賞させる
  • 9個目を弱め、10個目を強めに打ち出してオーバー入賞を狙う
  • ▼解説

    アタッカーはコボシが無い優秀なゲージ構成になっており、天井の部分も短いですがワンツーが決めやすくなっています。

    さらにセンサー感知も早くは無いのでオーバー入賞狙いは有効です。

    ただ、アタッカーの上にあるおまけ入賞口の存在がやっかいです。

    打ちっぱなしで捻ると高確率でアタッカー入賞数が足りなくなるので、アタッカーに8個入賞したことを確認してから入賞させたほうが確実です。

    このオマケ入賞口がアタッカーの下にあればもう少しオーバー入賞率を上げられるのに…と思ってしまいます。

    保留・予告・リーチ信頼度について

    本機の演出信頼度については「真・花の慶次2」と同様の数値になっているため、こちら(真・花の慶次2のページに移動します)を参照してください。

    管理人の評価

    漆黒の筐体がかっこいい!!

    赤も良かったですが黒だと引き締まって見えて良いですね。

    照明暗めで黒いカーペットで黒い筐体を集めた島(大海BLACKなど)を作ったりしたら異様な雰囲気で楽しめそうです。

    スペック面では通常時初当たりの16Rが廃止になり確変突入率が55%にダウン。

    その反面、出玉が6Rで756玉から900玉、16Rが2016玉から2400玉に大幅アップ。

    連チャン時の破壊力は凄まじくなっていますね。

    右打ち時に通常当選がないのもあり転落確率は高めですが、一撃必殺の慶次らしさは存分に発揮されています。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    ブログ内検索

    このページの先頭へ