CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~ 甘デジ|スペック・ボーダー・激アツ演出

CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~ 甘デジ

CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~ 甘デジ(99ver)の機種情報のまとめです。

  • スペック
  • ボーダー
  • 止め打ち
  • 激アツ演出

などについてお伝えします。

-----スポンサーリンク-----

▼目次(タッチで移動します)

スペック・攻略情報
演出信頼度情報
その他

導入日・機種概要

CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~ 甘デジ 筐体

導入日 2018年1月22日
メーカー サンスリー
ゲーム性 確変ループ

スペック

大当り確率 1/99.9
確変中 1/34.9
賞球数 ヘソ…4個
電チュー…1個
アタッカー…10個
大当り出玉 【賞球10個×7C】
16R…約920個
6R…約370個
3R…約190個
2R(ショート開放)…約50個
確変突入率 60%
電サポ回数 0or15回or
次回当選まで
初回確変突入時
平均連チャン数
3.91連チャン
平均約1833個
時短引き戻し率 時短15…14%
備考 潜伏確変あり
▼大当り振り分け
ヘソ入賞時
ラウンド 電サポ 割合
15R確変 次回まで 1%
6R確変 次回まで 2%
6R確変 初回のみ
潜伏確変
1%
6R確変 0回 9%
3R確変 次回まで 32%
2R確変 次回まで 15%
6R通常 0回 40%
電チュー入賞時
ラウンド 電サポ 割合
15R確変 次回まで 40%
6R確変 10%
3R確変 10%
6R通常 15回 40%

ボーダー

交換率 表記出玉 出玉5%減
2.5円 23.8 25.0
3.0円 22.6 23.8
3.3円 22.2 23.3
3.6円 21.8 22.9
等価 21.2 22.3
▼ボーダー算出条件
  • 1000円(250玉)あたりのボーダーライン
  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉
  • 電サポ中の増減なし

ゲーム性解説

通常時の大当たり

  • 超ドロンボーナス…15R or 3R確変
  • ドロンボーナス…6R確変 or 通常
  • 突爆チャレンジ…2R確変(小当たり)

図柄揃い後にメガパトゲートに玉を通し、光れば超ドロンボーナス、失敗ならドロンボーナスとなる。

超ドロンボーナス時にギミック完成で超ドロンボーナスBIG(15R確変)濃厚。

SUPERおしおきモード

状態 確変
大当たり確率 1/34.9
電サポ 次回大当たりまで
確変継続率 60%

ドクロべーのおしおきから逃げる電サポ確変モード。

奇数図柄テンパイ時は通常大当たりの可能性が無く、15R確変の可能性も高いのでチャンス‼

偶数図柄テンパイ時は、ヤッターマンが登場で奇数図柄にチェンジ。テンパイしてしまったら外れることを祈りましょう。

インチキ商売チャレンジ

状態 時短
大当たり確率 1/99.9
電サポ 15回
引き戻し率 14%

SUPERおしおきモードでドロンボーナス(6R)後に突入する時短モード。

移行した時点で内部確変の可能性はありません。

引き戻し確率14%と当たればラッキー程度の時短ですね。

電サポ中の大当たり

リーチ種類 メガパトゲート 大当たり種類
奇数図柄揃い 成功 超ドロンボーナスBIG…15R確変
失敗 超ドロンボーナス…5R確変
偶数図柄揃い 成功 ヤッタ―ラッシュボーナス
3R or 6R or 15R確変
失敗 ドロンボーナス…6R通常
(内部確変時の可能性もあり)

電サポ中の大当たりは4種類。

メガパトゲートが光るか光らないかで大当たりが種類が変わります。

通常大当たりの可能性があるのはドロンボーナス時のみ。

しかし内部確変の可能性があり、その場合はラウンド終了時に復活演出が発生。発生しなければ時短へと移行になります。

潜伏確変について

初当たり時に6Rを引いた場合、10%の割合で潜伏確変に突入します

▼潜伏示唆ステージ

【ドクロベエ指令ゾーン】
CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~ 潜伏確変

滞在回転数が長ければ潜伏確変の期待度が高まります。

止め打ち

大当たり中のオーバー入賞狙い

▼アタッカー性能

賞球数:10個
カウント数:7カウント

▼手順

6カウント目までアタッカーに入賞させて、7個目を弱め、8個目を強く打ってオーバー入賞を狙う。

▼解説

コボシがなく優秀なアタッカーです。

オーバー入賞は屋根で少し減速させるだけでOKだと思います。

確変中の15R比率が40%と高く、回数を重ねられるので効果が高いです。

また、ハンドルに右打ちボタンがついていて、弱め打ちに固定→強く打つときは右打ちボタンを押せば捻る必要も無くなります。

電サポ中の止め打ち

▼電チュー性能
  • 賞球数:1個
  • 開放パターン:2パターン

CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~ 電チュー

▼開放パターン

CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~ 止め打ち

  • 上段左が点灯……ミドル(1回開放)
  • 上段右が点灯……ミドル(1回開放)
  • 下段左が点灯……ショート→ロング(2回開放)
  • 上段右が点灯……ハズレ
▼止め打ち手順

①両パターン共通で最後の開放が閉じる少し前から打ち出し開始
②ランプを確認
③1回開放なら4個、2回開放なら7個打って打ち出し停止
④繰り返し

▼解説

開放パターンは2種類ありますが、実践は簡単です。

ゲージもコボシがありますが、オマケ入賞口に直結なので玉減りに結びつかず優秀です。

しっかり止め打ちをやれば、玉減りが防げる(増える可能性も高い)ので要実践。

保留変化

保留パターン 信頼度
ファイヤー柄

保留変化は赤・ファイヤー柄出現で期待。

激アツ柄のファイヤー柄は要注目!

激アツ演出

CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~ 説明しよう予告

  • 次回予告
  • ビッグドロンボーギミック
  • 説明しよう予告

上記3演出にタイムボカンオールスターズ集結リーチを加えた4演出がが4大ハイライト演出。

説明しよう予告は特に注目の演出で、SPリーチ中や連続予告中など様々な場面で発生する可能性があります。

リーチ

タイムボカンオールスターズ集結リーチ

CRヤッターマン~われら天才ドロンボー~ リーチ

4大ハイライト演出に数えられる本機最強リーチ。

歴代タイムボカンシリーズの主人公達が集結し、落下する隕石から地球を救うことが出来れば大当り。

VS系リーチ

リーチ 信頼度
ヤッターキング
旧メカ系
新メカ系

ヤッターキングに発展すればアツい!

ドロンボーチャンス

パターン 信頼度
3ライン
2ライン
1ライン

ライン数に応じて期待度が変化するリーチ。

1・2ラインは期待薄ですが、3ラインなら激アツです。

管理人の評価

ミドルスペックの時もそうでしたが、潜伏もあり通常時は辛めのスペック。

しかし右打ち確変に突入してしまえば15Rの比率が高く、甘デジとは言え爆発力があります。

右のゲージ構成も打てばどんどん球が減っていく機種が多い中、かなり良心的な作りになっています。

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ