CRA花の慶次X~雲のかなたに~ 甘デジ|スペック・ボーダー・激アツ演出・止め打ち

CR花の慶次X 甘デジ

CRA花の慶次X~雲のかなたに~ 99ver(甘デジ)の機種情報まとめです。

  • スペック
  • ボーダー
  • 止め打ち
  • 激アツ演出

などについてお伝えします。

-----スポンサーリンク-----

▼目次(タッチで移動します)

スペック・攻略情報
演出信頼度情報
その他

導入日・機種概要

CR花の慶次X 甘デジ 筐体

導入日 2018年1月15日
メーカー ニューギン
タイプ 甘デジ
V-ST
導入台数 約15,000台

初代慶次の後継機「CR花の慶次X」の甘デジverが登場。

ミドル機は確変ループ機でしたが、甘デジはST+時短で連チャンを狙うゲーム性に変更。

スペック

大当り確率 1/99.9
確変中 1/72.65
賞球数 ヘソ…4個
電チュー…1個
アタッカー…8個
大当たり出玉 【賞球8個×9C】
16R…約1000個
7R…約440個
5R…約320個
実質4R…約270個
もののふRUB…約260~920個
ST突入率 ヘソ入賞時…50%
電チュー入賞時…100%
ST回数 75回
電サポ回数 40 or 100
連チャン期待度 ST75+時短25…72.5%
時短40…33.13%
確変突入時の平均連チャン数 3.64連チャン
平均約1811個
備考 保8優先
▼大当たり振り分け
ヘソ入賞時
ラウンド 電サポ 割合
5R確変 100回 50%
実質4R通常 40回 50%
電チュー入賞時
ラウンド 電サポ 割合
16R確変 100回 25%
7R確変 100回 50%
RUB16R確変 100回 1%
RUB11R確変 100回 2%
RUB9R確変 100回 2%
RUB7R確変 100回 10%
RUB5R確変 100回 10%

ボーダー

交換率 表記出玉 出玉5%減
2.5円 20.4 21.5
3.0円 19.4 20.4
3.3円 19.0 20.0
3.6円 18.6 19.6
等価 18.1 19.1
▼ボーダー算出条件
  • 1000円(250玉)あたりのボーダーライン
  • 6時間遊戯
  • 上記スペック表出玉
  • 電サポ中の増減なし

ゲーム性解説

通常時の大当り

【武功ボーナス】
通常時の大当りのメインは武功ボーナス。

ラウンド中の演出成功で5R確変となり、戦モード突入。

失敗時は4R通常となり、殿モードに突入。

【戦ボーナス】
先読み演出・戦刻中の大当りは戦ボーナス。

5R確変濃厚となります。

戦モード

状態 ST+時短
大当り確率 ST…1/72.6
時短…1/99.9
電サポ ST75+時短25
連チャン率 ST75…64.6%
時短25…22.2%
ST75+時短25…72.5%

戦モードはST75回+時短25回を合わせた、計100回の電サポモード。

合算した継続率は約73%と甘デジの中では高継続率です。

演出は2つのモードにそれぞれ一発告知モードを合わせた計4つの中から選択することが可能です。

【戦ラッシュ】
城門到達で大当りのチャンス!

【猛ラッシュ】
SPリーチ発展でチャンス!

殿モード

状態 時短
大当り確率 1/99.9
電サポ 40回
時短引き戻し率 33.1%

殿モードは初当りで通常大当りを引くと突入する40回転の時短モード。

引き戻し期待度は約33%と、3回に1回ほど引き戻せます。

電サポ中の大当り

  • 天下無双ボーナス…16R確変
  • 無双ボーナス…7R確変
  • もののふRUBボーナス…5R~16Rのランクアップボーナス

電サポ中の大当りは3種類。

もののふRUBのみメインアタッカーではなく、右上の専用アタッカーが開放します。

もののふRUBは通常の大当りと異なり、アタッカーが開閉を繰り返すので打ち出さないと出玉を獲得できません。注意しましょう。

止め打ち

大当たり中の止め打ち(RUB以外)

▼アタッカー性能
  • 賞球数…8個
  • カウント数…9C
▼手順
  • 上アタッカー消化時……9個打ち出して停止
  • 下(V)アタッカー消化時……6個入賞を目安に打ち出し停止
▼解説

上アタッカーはセンサー感知が早く、狙ってもオーバー入賞させることが難しいです。

賞球15個のミドルですら「やらなくていい」と言われていたので賞球8個の甘デジではやる価値すらありません。

ラウンド間のみ確実に止められればOKです。

電サポ中の止め打ち

▼電チュー性能
  • 賞球数…1個
  • 開放パターン…ロング開放×3回(1種類)
▼止め打ち手順

電チューが開くと同時に2個打ち出しを繰り返す

▼解説

止め打ちは簡単なので実践しましょう。

止め打ちを行わないとほぼ確実に玉が減ってしまいます。

保留変化

花の慶次X 保留変化

保留変化パターン 信頼度
66%
9%
1%

赤保留に変化すれば激アツ!

予告演出

キセル演出

花の慶次X キセル

信頼度
95%

お馴染みのキセル演出が発生すれば激アツ!

もののふXゾーン

花の慶次X もののふゾーン

信頼度
65%

慶次Xから新搭載された先読みゾーン。

当然ミドルよりも信頼度アップ!

傾奇ゾーン

花の慶次X 傾奇ゾーン

襖演出から発生。

傾奇<極傾奇<超傾奇(当選濃厚)の順に信頼度が高くなります。

戦刻(せんこく)

花の慶次X 雲のかなたに RTC

パターン 信頼度
カットイン 57%
当選濃厚
ボタン演出 通常ルート 4%
リンケージ
ルート
当選濃厚
城門ゲージ 中速 3%
高速 17%
低速 18%
外れ後
ボタン
青ボタン 4%
赤ボタン 激アツ
本陣急襲ルート 当選濃厚

ミドルではRTC(リアルタイムクロック)演出として搭載されていた戦刻は先読みゾーン演出に変化。

城門突破に成功すれば戦モード突入確定の5R確変大当りとなります。

襖の色

花の慶次X 家紋襖

金襖や画像の家紋あり+赤発生で激アツです。

役モノ演出

花の慶次X レルフラッシュ

筐体上部に付いている「レルフラッシュ」の発光やボタンバイブが発生すれば激アツです。

金系演出

信頼度
79%

ミドルだと単独発生ではあまり期待できなかった金系演出ですが、甘デジになって信頼度がかなり上がりました。

今作ではキセルの次に出てほしい演出です。

リーチ

前田慶次リーチ

花の慶次X 前田慶次リーチ

信頼度
91%

本機最強リーチ。

赤テロップ発生時は更にチャンス。

初陣の餞(はなむけ)リーチ

花の慶次X 初陣の餞

傾奇ゾーン中の風流リンケージ演出から発展。

前田慶次リーチに並ぶ高信頼度リーチです。

風流リンケージ演出中にボタン連打でロゴが赤くなれば発展濃厚となります。

ストーリーリーチ

花の慶次X 雲のかなたに ストーリーリーチ

パターン 信頼度
幼き後姿 59%
戦国の女 59%
紫の瞳の涙 59%
百万石の酒 当選濃厚

ストーリーリーチは全4種類。

「百万石の酒」のみ当選濃厚となります。

リーチ冒頭で七図柄に変化すれば信頼度は大幅アップ。

四武将リーチ

花の慶次X 直江兼続リーチ

タイトル・セリフ・カットインが赤だとチャンスアップで、3つ複合時は当選濃厚となる法則が存在。

基本的な信頼度は、伊達≦真田<奥村<直江といった感じです。

ただし、伊達リーチはボタン出現で一気に激アツとなるので覚えておきましょう。

もののふSPリーチ

花の慶次X もののふSP 後藤又兵衛

パターン 信頼度
もののふチャンス
成功
30%
伊達政宗 14%
真田幸村 18%
後藤又兵衛 24%
奥村助右衛門 39%
直江兼続 54%

慶次一閃演出や新もののふチャンスから発展するSPリーチ。

伊達<真田<後藤<奥村<直江の順にアツくなります。

チャンスアップは四武将リーチ同様の赤系3つに加え、終盤のリンケージ発生があります。

特にリンケージ発生は注目で信頼度が一気に上昇します。

慶次一閃演出

花の慶次X 雲のかなたに 慶次一閃

ボタン連打でパネルを破壊し、上位のリーチ発展を目指す演出。

リーチの種類に加えてパネルの色も重要となり、金ならチャンスです。

なお、パネルが一枚も割れなかった場合は当選濃厚という法則があります。

傾奇チャレンジ

花の慶次X 雲のかなたに 傾奇チャレンジ

弱リーチ後に発展するリーチ。

赤図柄で発展すればチャンスアップ。

管理人の評価

個人的に注目の台です。

スペックがそこそこ甘めとなっており、人気がある慶次シリーズですからね。

甘デジながら導入台数も多めです。

甘デジは釘を動かす店と全く動かさない店で両極端なんですよね。

甘デジの客付きが良く、扱いが甘い店ならチャンスはあるかも…!

ミドルは何回か打ちましたが、演出のデキも悪く無いと思いました。

ライトユーザーにもオススメです。

3 Responses to “CRA花の慶次X~雲のかなたに~ 甘デジ|スペック・ボーダー・激アツ演出・止め打ち”

  1. 匿名 より:

    当たる時は金が絡むが80%は流石にない
    50%ないぐらいだと思うんだがなあ

  2. 匿名 より:

    金系予告の信頼度は30パーくらいじゃないですか?
    ミドルと変わらないと思います

    • トキ より:

      >匿名さん

      情報ありがとうございます。

      大抵の甘デジの金予告は信頼度高めですが、慶次Xはそこまでアツくも無いんですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

ブログ内検索

このページの先頭へ